header.skiplinktext header.skiplinkmenu

IWCシャフハウゼン

メインコンテンツに移動する
地域: jp JP
  • メニュー
header.menu.profile.text

お問い合わせ

  • お問い合わせ
    月曜日~金曜日:午前11時~午後7時
    0120-05-1868
  • メールでのお問い合わせ
    1営業日以内にご返信いたします。
    メールを送信する
  • ご来店

    最寄りのIWCブティック、またはIWCのサービスセンターにお越しいただければ、スタッフがご対応させていただきます。

    ブティック検索
  • ご来店予約

    最寄りのブティックへのご来店を予約する

    ご来店予約
  • フィードバック

    貴重なご意見をお聞かせください こちらからご送付いただけます。

地域を変更する

閉じる
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
iwc-ppc-language-

ショッピングバッグ

閉じる

IWC に登録

閉じる

IWCシャフハウゼン

フライング・トゥールビヨンの魔法

時計はもはや、単にトゥールビヨンを搭載しているだけでは驚きに値しません。多くのブランドから、複雑なモデルが数多く発売されています。1つのタイムピースに1つ、2つ、あるいは4つのトゥールビヨンを搭載しているモデルもあります。ソーラーシステムや、あるいはスポーツカーのエンジンを模したものまで存在します。これらは非常に興味深い選択肢です。しかし忘れてはならないのは、本当に大切なのは何をするかではなく、どのようにするかということです。

— 自己紹介をしましょう。私の名前は、18K Armor Gold®製「ポルトギーゼ・ハンドワインド・トゥールビヨン」です
新しい自社製ムーブメント - この時計のためだけに

時計である私が最も光栄に感じていることの一つは、IWCの研究開発チームが私のためだけに、新しい自社製ムーブメントを開発してくれたことです。それが、IWC自社製手巻きキャリバー81905です。159個の部品で構成されたこのキャリバーは、連続して84時間、時を刻み続けることを可能にします。私を裏返してみてください。サファイアガラス製のケースバックから、美しいムーブメントをご覧いただけます。このケースバックには両面反射防止加工が施されており、まさにクリスタルのようにクリアな視界を実現しています。  

 

IWCの革新的なダイヤモンドシェル®技術によって、アンクルレバーとガンギ車がコーティングされていることも、エネルギーの流れを改善します。なぜそうするのか、理由を知りたいですか?それは、コーティングと微細に調整されたジオメトリによって、これらの部品の間で生じる摩擦を軽減するためです。それにより、時計の心臓と脳の役割を果たす部分に、常に十分なエネルギーが供給されるのです。

 

時計である私の中で最も興味深い部品は、やはり完全停止機能を備えたフライング・ミニッツ・トゥールビヨンでしょう。この機能のおかげで非常に正確な時刻合わせが可能です。トゥールビヨンを搭載する他の多くの時計は嫉妬するでしょう。洗練されたシンプルなシルバーメッキの文字盤の、6時位置に配置されたトゥールビヨンは、見る人を魅了します。

18 CT ARMOR GOLD®による保護

ところで、トゥールビヨンとフライング・トゥールビヨンの違いは一体何か、ご存じですか?通常のトゥールビヨンのケージは上部のブリッジによって固定されているため、視界の一部を遮ることがあります。それを気にされる方もいらっしゃるでしょう。しかし、フライング・トゥールビヨンは違います!ケージを片側のみから支えるため、トゥールビヨンがムーブメントの中で浮かんでいるように見えます。これによりトゥールビヨンの動きがよく見えます。また、56個の部品で構成されるわずか0.6g強の小さな機構を、より深く知っていただくことができます。

 

繊細な内部機構は周囲がしっかりと保護されていなければ、頼りにはなりません。私に使用されているケースは、従来のレッドゴールドの新しいバリエーションである18K Armor Gold®製です。非常に高度な工程によって合金の微細構造を変化させることで、従来のレッドゴールドに比べて硬度と耐摩耗性を大幅に高めています。

 

無駄を削ぎ落としたデザインゆえに、控えめな印象を与えるかもしれません。けれど私の小さなフライング・“ワールウィンド(旋風)”とも言うべきフライング・トゥールビヨンを保護するために、一歩進んだ工夫が施されているのです。

— 私のサファイアガラス製ケースバックはシースルーで、両面反射防止加工が施されています

私について詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。 


IWCのタイムピースを見る

その他の記事

IWCシャフハウゼン