header.skiplinktext header.skiplinkmenu

IWCシャフハウゼン

メインコンテンツに移動する
地域: jp JP
  • メニュー
header.menu.profile.text

お問い合わせ

  • お問い合わせ
    月曜日~金曜日:午前11時~午後7時
    0120-05-1868
  • メールでのお問い合わせ
    1営業日以内にご返信いたします。
    メールを送信する
  • ご来店

    最寄りのIWCブティック、またはIWCのサービスセンターにお越しいただければ、スタッフがご対応させていただきます。

    ブティック検索
  • ご来店予約

    最寄りのブティックへのご来店を予約する

    ご来店予約
  • フィードバック

    貴重なご意見をお聞かせください こちらからご送付いただけます。

地域を変更する

閉じる
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
iwc-ppc-language-

ショッピングバッグ

閉じる

IWC に登録

閉じる

IWCシャフハウゼン

コレクション

アクアタイマー

IWCシャフハウゼンはプロフェッショナル向けのダイバーズ・ウォッチの開発および製造における50年間の経験を、海の深みを探求するというチャレンジを愛する人々のために役立てます。

Video thumbnail featuring front shot of IW379503 AQUATIMER CHRONOGRAPH EDITION “EXPEDITION CHARLES DARWIN” with bronze case, black dial with luminescence and black rubber strap
Video thumbnail featuring front shot of IW379503 AQUATIMER CHRONOGRAPH EDITION “EXPEDITION CHARLES DARWIN” with bronze case, black dial with luminescence and black rubber strap
「アクアタイマー」コレクションについて

アクアタイマー(Ref. 812)

1960年代のダイビング人気の高まりを受け、IWCは初のダイバーズ・ウォッチ「アクアタイマー」を発表しました。このモデルは水深200メートルまでの防水性を備えており、潜水時間を設定する回転式べゼルは潜水中の誤作動を防ぐ為にガラスの内側に配されていました。

アクアタイマー(Ref. 816AD/1816)

1968年3月、その後継モデルである「Reference 816AD/1816」が市場に登場します。伝統のブラックに加えて、レッドまたはブルーの影が施された色鮮やかな文字盤がとても特徴的でした。また、このモデルは30気圧防水でした。

ポルシェ・デザイン・オーシャン 2000 ダイバーズ・ウォッチ

1978年から1998年にかけてのIWCとポルシェ社との協力関係から、革新的な時計素材が生まれました。それは、チタンです。1982年には画期的なデザインの「ポルシェ・デザイン・オーシャン 2000」が発表されました。このダイバーズ・ウォッチはその構造とチタニウム合金の採用によって、2000メートルという記録的な水深まで高圧に耐えることができました。

ドイツ連邦軍 - 機雷除去用ダイバーズ・ウォッチ

機雷除去ダイバーのために特別開発されたこのモデル(Ref. 3519)は非帯磁性の時計でした。この時計では、敏感な機雷を誘爆させないよう、磁場を最低限に抑えなくてはいけません。そのため機雷除去用ダイバーズ・ウォッチは、非帯磁素材を採用した特別なムーブメント_IWC自社製キャリバー3755AMを搭載しています。このキャリバーはキャリバー3755 Amagとも呼ばれています。

GST アクアタイマー

「GST アクアタイマー(Ref. 3536)」はクラシカルなダイバーズ・ウォッチです。42ミリという堂々としたケース径のこのタイムピースには、ステンレススティール製またはチタン製の仕様があり、ブレスレットまたはマジックテープ式のストラップが備えられていました。 このモデルも水深2000メートルまでの防水性を備えていました。また、特にべゼルに見受けられる明瞭かつすっきりしたデザインが印象的でした。

GST ディープ・ワン

極めて特別なダイバーズ・ウォッチが1999年、市場に現われました。「GST ディープ・ワン(Ref. 3527)」は至高の時計製造技術とエンジニアリング・デザインが融合した時計でした。IWC自社製キャリバー8914で駆動するこの時計は類稀な複雑機構を搭載。「GST ディープ・ワン」の機械式水深計では到達した水深が表示されました。

アクアタイマー・スプリット・ミニッツ・クロノグラフ

2004年、IWCはかつてない機構「アクアタイマー・ミニッツ・メモリー」をもつ時計(Ref. 3723)を発表しました。スプリット分針を備えるこのモデルは、インナーベゼル、クロノグラフ、特許取得済みのフライバックのスプリット分針という3通りの方法で、経過時間を表示することができました。これはすでに経過した潜水時間を中間測定するのにとても役立ちます。

アクアタイマー・クロノグラフ

46ミリという大型のケース径で、回転ベゼルを外側に配置した新「アクアタイマー」シリーズが登場したのは、2009年のことです。幅4ミリのサファイアガラス製のリングは、夜光塗料(スーパールミノヴァ®*)を6層に塗布した上から設置されているので、どのような条件下でも最高の発光性と視認性が保証されます。 * IWCシャフハウゼンは商標「スーパールミノヴァ®」の所有者ではありません。

アクアタイマー・​クロノグラフ “エクスペディション・​チャールズ・​ダーウィン”

2014年、「アクアタイマー」コレクションがリニューアルされた際に新コレクションのトップを飾ったのが「アクアタイマー・クロノグラフ“エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”」でした。IWC史上初のブロンズ製ケースが採用されたこのモデルには、ダイビング時間が誤って変更されることを防ぐ、新開発のセーフダイブ・システムも搭載されています。

アクアタイマー・​ディープ・スリー

水深計機構を備える「アクアタイマー・ディープ・スリー」は、現在の水深に加え、ダイビング中に到達した最大水深も表示します。水深計機構を搭載した IWC 初のモデル「GST ディープ・ワン」の伝統を引き継ぐモデルです。

アクアタイマー・​パーペチュアル・​カレンダー・​デジタル・​デイト/マンス “50 イヤーズ・​アクアタイマー”

2017年、「アクアタイマー」コレクションの誕生 50周年を記念し、「アクアタイマー・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス “50イヤーズ・アクアタイマー”」が発表されました。ケースに初めて採用された新開発のセラタニウム® は、軽量なチタニウムと耐傷性に優れたセラミックの長所を併せ持つ素材です。

1967
1968
1982
1988
1998
1999
2004
2009
2014
2014
2017
アクアタイマー(Ref. 812)
アクアタイマー(Ref. 816AD/1816)
ポルシェ・デザイン・オーシャン 2000 ダイバーズ・ウォッチ
ドイツ連邦軍 - 機雷除去用ダイバーズ・ウォッチ
GST アクアタイマー
GST ディープ・ワン
アクアタイマー・スプリット・ミニッツ・クロノグラフ
アクアタイマー・クロノグラフ
アクアタイマー・​クロノグラフ “エクスペディション・​チャールズ・​ダーウィン”
アクアタイマー・​ディープ・スリー
アクアタイマー・​パーペチュアル・​カレンダー・​デジタル・​デイト/マンス “50 イヤーズ・​アクアタイマー”
「アクアタイマー」コレクションについて

アクアタイマー(Ref. 812)

1960年代のダイビング人気の高まりを受け、IWCは初のダイバーズ・ウォッチ「アクアタイマー」を発表しました。このモデルは水深200メートルまでの防水性を備えており、潜水時間を設定する回転式べゼルは潜水中の誤作動を防ぐ為にガラスの内側に配されていました。

アクアタイマー(Ref. 816AD/1816)

1968年3月、その後継モデルである「Reference 816AD/1816」が市場に登場します。伝統のブラックに加えて、レッドまたはブルーの影が施された色鮮やかな文字盤がとても特徴的でした。また、このモデルは30気圧防水でした。

ポルシェ・デザイン・オーシャン 2000 ダイバーズ・ウォッチ

1978年から1998年にかけてのIWCとポルシェ社との協力関係から、革新的な時計素材が生まれました。それは、チタンです。1982年には画期的なデザインの「ポルシェ・デザイン・オーシャン 2000」が発表されました。このダイバーズ・ウォッチはその構造とチタニウム合金の採用によって、2000メートルという記録的な水深まで高圧に耐えることができました。

ドイツ連邦軍 - 機雷除去用ダイバーズ・ウォッチ

機雷除去ダイバーのために特別開発されたこのモデル(Ref. 3519)は非帯磁性の時計でした。この時計では、敏感な機雷を誘爆させないよう、磁場を最低限に抑えなくてはいけません。そのため機雷除去用ダイバーズ・ウォッチは、非帯磁素材を採用した特別なムーブメント_IWC自社製キャリバー3755AMを搭載しています。このキャリバーはキャリバー3755 Amagとも呼ばれています。

GST アクアタイマー

「GST アクアタイマー(Ref. 3536)」はクラシカルなダイバーズ・ウォッチです。42ミリという堂々としたケース径のこのタイムピースには、ステンレススティール製またはチタン製の仕様があり、ブレスレットまたはマジックテープ式のストラップが備えられていました。 このモデルも水深2000メートルまでの防水性を備えていました。また、特にべゼルに見受けられる明瞭かつすっきりしたデザインが印象的でした。

GST ディープ・ワン

極めて特別なダイバーズ・ウォッチが1999年、市場に現われました。「GST ディープ・ワン(Ref. 3527)」は至高の時計製造技術とエンジニアリング・デザインが融合した時計でした。IWC自社製キャリバー8914で駆動するこの時計は類稀な複雑機構を搭載。「GST ディープ・ワン」の機械式水深計では到達した水深が表示されました。

アクアタイマー・スプリット・ミニッツ・クロノグラフ

2004年、IWCはかつてない機構「アクアタイマー・ミニッツ・メモリー」をもつ時計(Ref. 3723)を発表しました。スプリット分針を備えるこのモデルは、インナーベゼル、クロノグラフ、特許取得済みのフライバックのスプリット分針という3通りの方法で、経過時間を表示することができました。これはすでに経過した潜水時間を中間測定するのにとても役立ちます。

アクアタイマー・クロノグラフ

46ミリという大型のケース径で、回転ベゼルを外側に配置した新「アクアタイマー」シリーズが登場したのは、2009年のことです。幅4ミリのサファイアガラス製のリングは、夜光塗料(スーパールミノヴァ®*)を6層に塗布した上から設置されているので、どのような条件下でも最高の発光性と視認性が保証されます。 * IWCシャフハウゼンは商標「スーパールミノヴァ®」の所有者ではありません。

アクアタイマー・​クロノグラフ “エクスペディション・​チャールズ・​ダーウィン”

2014年、「アクアタイマー」コレクションがリニューアルされた際に新コレクションのトップを飾ったのが「アクアタイマー・クロノグラフ“エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”」でした。IWC史上初のブロンズ製ケースが採用されたこのモデルには、ダイビング時間が誤って変更されることを防ぐ、新開発のセーフダイブ・システムも搭載されています。

アクアタイマー・​ディープ・スリー

水深計機構を備える「アクアタイマー・ディープ・スリー」は、現在の水深に加え、ダイビング中に到達した最大水深も表示します。水深計機構を搭載した IWC 初のモデル「GST ディープ・ワン」の伝統を引き継ぐモデルです。

アクアタイマー・​パーペチュアル・​カレンダー・​デジタル・​デイト/マンス “50 イヤーズ・​アクアタイマー”

2017年、「アクアタイマー」コレクションの誕生 50周年を記念し、「アクアタイマー・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス “50イヤーズ・アクアタイマー”」が発表されました。ケースに初めて採用された新開発のセラタニウム® は、軽量なチタニウムと耐傷性に優れたセラミックの長所を併せ持つ素材です。

デザインハイライト

IWCセーフダイブ・システム

セーフダイブ・システムは潜水計画の簡単かつ安全な作成を可能にし、従来のダイビングコンピューターをサポートする信頼性の高いバックアップシステムとしてご活用いただけます。内部機構を海水や埃などから保護するといった回転式インナーベゼルの利点と、1分単位で正確な設定を可能にする回転式アウターベゼルの利便性を兼ね備えたシステムです。

IW379502 AQUATIMER CHRONOGRAPH EDITION «GALAPAGOS ISLANDS» with stainless steel case, black dial with luminescence and black rubber strap
IW376805 AQUATIMER CHRONOGRAPH EDITION “EXPEDITION JACQUES-YVES COUSTEAU” with blue dial, stainless steel case and black rubber strap

全ての「アクアタイマー」ウォッチを見る

IWCシャフハウゼン