IWCシャフハウゼン

メインコンテンツに移動する
地域: jp JP
  • メニュー
header.menu.profile.text

お問い合わせ

  • お問い合わせ
    月曜日~金曜日:午前11時~午後7時
    0120-05-1868
  • メールでのお問い合わせ
    1営業日以内にご返信いたします。
    メールを送信する
  • ご来店

    最寄りのIWCブティック、またはIWCのサービスセンターにお越しいただければ、スタッフがご対応させていただきます。

    ブティック検索
  • ご来店予約

    最寄りのブティックへのご来店を予約する

    ご来店予約
  • フィードバック

    貴重なご意見をお聞かせください こちらからご送付いただけます。

地域を変更する

閉じる
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
iwc-ppc-language-

ショッピングバッグ

閉じる

IWC に登録

閉じる

IWCシャフハウゼン

ポートフィノ・コンプリート・カレンダー&ポートフィノ・オートマティック・ポインター・デイト

ポートフィノ・コンプリート・カレンダー&ポートフィノ・オートマティック・ポインター・デイト

Image of IWC Portofino Complete Calendar IW359002 with white dial, gold case and taupe calfskin strap placed on a white surface.

 

 

 

 

「ポートフィノ・コンプリート・カレンダー 41」が登場

「ポートフィノ・コンプリート・カレンダー 41」が登場

 

IWCのカレンダー機構搭載モデルに新しい仲間が加わります。  「ポートフィノ・コンプリート・カレンダー 41」(Ref. 3590)は、新開発のコンプリート・カレンダーモジュールを採用した初のIWCウォッチです。カレンダー機構に関して独自のノウハウを持つIWCが、18Kレッドゴールド製とステンレススティール製の2種類の新作モデルを発表。これにより、IWCを象徴する永久カレンダーやアニュアル・カレンダーを搭載した精巧なタイムピースのコレクションに、コンプリート・カレンダーが加わることになります。

「ポートフィノ・コンプリート・カレンダー 41」は、すばやく簡単に時刻を読み取れる文字盤デザインが特長です。12時位置のサブダイヤルに曜日とムーンフェイズが表示され、6時位置のサブダイヤルでは日付と月を一目で確認することができます。それぞれの表示が異なる輪列によって駆動されるため、ほかの表示に影響を与えることなく、個別に調整することが可能です。このカレンダーモジュールは69個の部品からなり、IWC自社製キャリバー32150に組み込まれています。  

お問い合わせ

Image of IWC Portofino Complete Calendar IW359002 with white dial, gold case and taupe calfskin strap.

現代的なデザイン

現代的なデザイン

純粋でミニマルなデザインで知られる「ポートフィノ」コレクション。カジュアルでありながらエレガントな「コンプリート・カレンダー」モデルは、クラシックなカレンダー機構の魅力と、現代的な美的要素を結びつける存在です。ケース直径41mm、厚さ11.75mmというサイズで、人間工学に基づいたフィットと完璧な着用感を実現。文字盤のレイアウトに、ケースのサイズと厚さが美しく調和しています。サファイアガラスのシースルー裏蓋から、ブルースティール製のビスとゴールドメッキのローターを備え、丁寧な仕上げが施されたIWC自社製キャリバー32150を鑑賞できます。

IWCのデザインチームは、文字盤の上に2つのカウンターを配置したバランスの良いレイアウトを採用しながら、「ポートフィノ」コレクションならではのクラシックな美しさも継承しています。12時位置と6時位置の2つのサブダイヤルには、日付、月、曜日、ムーンフェイズが表示されます。このカレンダーは、日数が31日未満の月にのみ調整が必要となります。その場合は、該当する月の最終日にリューズを回して日付表示を31まで進めると、すべてのカレンダー表示が夜の間に同時に先に進みます。18Kレッドゴールド製モデル(Ref. IW359002)には、シルバーメッキの文字盤、ゴールドメッキの針、ソリッドゴールドのアップライト・インデックスを採用。ステンレススティール製モデル(Ref. IW359001)には、シルバーメッキの文字盤に、ゴールドメッキの針とアップライト・インデックスが組み合わされています。どちらのタイムピースも追跡可能なスイス産カーフレザー製のストラップを備え、カラーは一方がトープ、もう一方はブルーです。 

Image of IWC Portofino Complete Calendar IW359001 with white dial, silver case and blue calfskin strap placed on white surface in white background.

カレンダー機構の卓越の技術  

カレンダー機構の卓越の技術  

 

IWCシャフハウゼンは、カレンダー機構に関する独自の専門性で知られています。1980年代、当時IWCの時計技師であったクルト・クラウスが伝説的な永久カレンダーを開発し、「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ」に初めて搭載しました。各月の日数を自動的に認識し、2100年まで手作業による調整なしに作動し続けるカレンダーです。この機構は、これまでで最も有名な永久カレンダーの一つとなりました。

その後、さらに多くのカレンダーと日付表示の複雑機構が生み出されてきました。月と日付をデジタル式で表示する永久カレンダー、シングルまたはダブルのムーンフェイズを備えるカレンダー、そしてアニュアル・カレンダーなど、IWCのタイムピースコレクション全体に数々の斬新な複雑機構が組み込まれています。IWCは現在もなお、魅力的な機械式機構の開発と革新を続け、人々に感銘と驚きを与えています。 

お問い合わせ

 

 

 

 

ポートフィノ・オートマティック 39・ポインター・デイト

ポートフィノ・オートマティック 39・ポインター・デイト

 

さりげない洗練を湛える「ポートフィノ・オートマティック 39・ポインター・デイト」(Ref. IW359201)ほど、「ポートフィノ」コレクションならではの気品を明確に反映したモデルはほかにないかもしれません。ポインター日付表示は、6時位置のサブダイヤルの上でアナログ式で日付を示します。毎日、午前0時にポインターがジャンプして新しい日付を示す様子には、思わず目を奪われることでしょう。直径39mmのステンレススティール製ケースにシルバーメッキの文字盤を組み合わせ、ゴールドメッキの針とアップライト・インデックスを配置。スイス産レザーを使ったブラウンのカーフスキン・ストラップは、クイック交換システムにより簡単に交換することができます。  

「「ポートフィノ・コンプリート・カレンダー」と「ポートフィノ・オートマティック・ポインター・デイト」は、2023年4月より、IWCブティック、正規販売代理店、またはIWC.comのオンラインショップでお求めいただけます。

お問い合わせ

Image of IWC Portofino Automatic Pointer Date IW359201 with white dial, silver case and brown calfskin strap placed on white surface in white background.

 

 

 

 

IWCシャフハウゼン