header.skiplinktext header.skiplinkmenu

IWCシャフハウゼン

  • 地域: jp JP
  • Menu
地域を変更する
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
  • ANDORRA / €
  • AUSTRALIA / AUD
  • AUSTRIA / €
  • BELGIUM / €
  • BRAZIL / R$
  • CANADA / CAD
  • CHINA / CN¥
  • CROATIA / €
  • CYPRUS  / €
  • CZECH REPUBLIC / €
  • DENMARK / kr
  • ESTONIA / €
  • FINLAND / €
  • FRANCE / €
  • GERMANY / €
  • GREECE / €
  • HONG KONG SAR, CHINA / hk$
  • HUNGARY / €
  • ICELAND / KR
  • IRELAND / €
  • ITALY / €
  • JAPAN / ¥
  • KOREA / KRW
  • LATVIA / €
  • LITHUANIA / €
  • LUXEMBURG / €
  • MACAU SAR, CHINA / MOP
  • MALAYSIA / MYR
  • MEXICO / Mex$
  • NETHERLANDS / €
  • NORWAY / NOK
  • POLAND / €
  • PORTUGAL / €
  • REST OF THE WORLD
  • ROMANIA / €
  • RUSSIA  / ₽
  • SINGAPORE / SGD
  • SLOVAKIA / €
  • SLOVENIA / €
  • SPAIN / €
  • SWEDEN / SEK
  • SWITZERLAND / CHF
  • TAIWAN, CHINA / NT$
  • THAILAND / THB
  • TURKEY / TRY
  • UAE / AED
  • UNITED KINGDOM / £
  • UKRAINE  / UAH
  • USA / $
iwc-ppc-language-
ショッピングバッグ
IWC に登録

IWCシャフハウゼン

パイロット・ウォッチの85年にわたるレガシー

「スペシャル・パイロット・ウォッチ」、軍用観測時計およびナビゲーション・ウォッチの先進的な機能性から最先端の パイロット・ウォッチまで、IWCは、コックピット用の精密かつ堅牢な計測機器としての製造に関する幅広く高度な専門 性を持っています。

 

 

飛行前にまるでジェット燃料を感じた時のように冒険を 予感させるIWCのパイロット・ウォッチは、着用するすべて の人に格別エレガントな形で空を飛ぶことの高揚感を高 めます。パイロット・ウォッチは元々、コックピット用の信 頼性の高い高精度の計測機器として設計されたものです が、どんなシーンでもその人に最適なパートナーとして寄 り添うスポーツウォッチとして愛用されています。

 

IWCのパイロット・ウォッチの歴史は航空の黎明期まで遡 ります。当時、正確な腕時計はコックピットに欠かせない 計測機器であり、ときにパイロットの命にも関わる非常 に重要なものでした。主に飛行時間やエンジンの駆動時 間の計測に使用されていましたが、有視界飛行時のナビ ゲーションにも役立てられていました。六分儀と高精度の 腕時計を組み合わせれば、天文航法を利用して現在位置 を特定することができます。 

IWCは、飛行士の要件に合わせて設計した計測機器製造 の草分け的存在です。IWCは、飛行士の要件に合わせて設計した計測機器製造。の草分け的存在です1936年、シャフハウゼンで「スペシャ ル・パイロット・ウォッチ」(Ref.  IW436)の開発が行わ れました。このプロジェクトは、当時のIWCの社長であっ たエルンスト・ヤコブ・ホムバーガーの息子たちの発案に よるものでした。2人とも自身が情熱的なパイロットでパイ ロット・ウォッチはどうあるべきかを良く知っており、この 新しい設計には、耐磁性を備えたムーブメントおよび飛散 防止ガラスを用いた風防などの技術的な特徴がありまし た。さらに、-40 °Cから+40 °Cまでの温度範囲で何の問題 もなく動作するという、暖房機能が備わっていなかった当 時のコックピットでは非常に重要な利点もありました。

「スペシャ ル・パイロット・ウォッチ」
— 「スペシャ ル・パイロット・ウォッチ」
ビッグ・パイロット・ウォッチ・キャリバー5 2  T.S.C.
— ビッグ・パイロット・ウォッチ・キャリバー5 2  T.S.C.

ビッグ・パイロット・ウォッチ・キャリバー5 2  T.S.C. (Ref.IW431)は、1940年に軍用観測時計に求められる厳 格な要件に合わせて開発され、後のビッグ・パイロット・ ウォッチのデザインのインスピレーションの源となりまし た。ケース径55 mm、厚さ16.5 mm、重さ183 gと、IWCが 今日までに手掛けた中で最も大型の腕時計です。ミニマリ スト・デザインの文字盤がコックピット内の視認性に優れ た計器類を思わせるデザインで、特徴的な円錐型リューズ は、パイロットがフライトグローブを着用した状態でも操 作しやすい形状になっており、今日の最新のビッグ・パイ ロット・ウォッチのデザインにも引き継がれています。

シャフハウゼンで製造された最も有名なパイロット・ ウォッチは1948年に誕生しています。IWCは、英国空軍 (RAF)の依頼を受け、キャリバー89をベースにしてこの 航法士用の腕時計マーク11を開発しました。このときの 重要な要件のひとつがムーブメントを磁場から保護するこ とでした。当時使用されていたレーダー装置は、時計の歩 度に支障を与えるほど強力な電磁場を発生させるもので した。この問題に対するIWCの対策は、軟鉄製のインナー ケースを開発し、ケース上部を耐磁性の文字盤で覆うこと でした。これにより、ファラデーケージのようにムーブメン トの周囲に放射される磁気を低減します。もうひとつの独 自の機能が非常にしっかりと固定された風防で、コック ピット内で急激な気圧の低下が起こったとしてもまったく 緩むことはありません。視認性の高く、シンプルにそぎ落 とした文字盤は、表示部分に夜光塗料が施され、視界状 況にかかわらず、パイロットが常に容易に時刻を読み取れ るようになっています。

航法士用の腕時計マーク11
— 航法士用の腕時計マーク11
パイロット・ウォッチ・ ダブルクロノグラフ
— パイロット・ウォッチ・ ダブルクロノグラフ

現代的なパイロット・ウォッチの時代は1992年シャフハウ ゼンで始まりました。IWCのエンジニア陣は、わずか数週 間という記録的な短期間で、バルジュー社のキャリバー 7750をベースにしたダブルクロノグラフの開発をやって のけ、同時に2つの短い経過時間を測定することを可能 にしました。同時に、IWCは、このパイロット・ウォッチ・ ダブルクロノグラフ(Ref. IW3711)の開発によって、耐久 性に優れた高精度クロノグラフの専門としての地位を確立 しました。そしてその評価は今日までまったく変わりませ ん。IWCは、パイロット・ウォッチにいち早く革新的な新 しいケース素材を導入したブランドでもあります。1994年 に製造された、ブラックの酸化ジルコニア・セラミック製 ケースのパイロット・ウォッチ・クロノグラフ・セラミック (Ref. IW3705)は、この頑丈で耐擦過性に優れた素材を 初めて採用したパイロット・ウォッチです。999個限定生 産のため、現在このクロノグラフはコレクターの間で非常 に人気の高いモデルとなっています。

IWCは、2002年にビッグ・パイロット・ウォッチ(Ref. IW5002)の発売でひとつの大きな節目を迎えました。 機能的な軍用観測時計からインスピレーションを得た、 コックピット用計測機器に特有の視認性の高いデザイン のクロノグラフの文字盤と46.2  mmの大型ケースは、 以来、極めて象徴的な要素となっています。多数の、そし て時に大胆な特別限定モデルが登場し、今やビッグ・パイ ロット・ウォッチは世界で最も有名なウォッチ・デザイン のひとつに数えられるまでになりました。

 Big Pilot’s Watch Calibre 52 T.S.C
— ビッグ・パイロット・ウォッチ
パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ・ トップガン
—パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ・ トップガン

2007年、IWCはダブルクロノグラフとブラックの酸化ジル コニア・セラミック製ケースを組み合わせたモデルを発売 しました。パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ・ トップガン(Ref. IW379901)の名前は、米海軍伝説の戦 闘機兵器学校(トップガン)に因んでいます。そこは米海 軍のパイロットたちが飛行技術や戦術を磨く場所であり、 彼らは修了後、「海軍戦闘機戦術教育インストラクター」 という名誉ある立場で部隊に戻ります。トップガン・モデ ルには、海軍航空でかかる極限の負荷に耐えられるよう、 チタニウムやセラミックなどの特に耐久性、耐腐食性に 優れた素材が使用されています。ブラックのセラミックは 光の反射を完全に防止するため、太陽光の反射によって コックピットのパイロットの視認性を妨げることがありま せん。また傷がつきにくい高い素材でもあるため、狭い コックピット内での日常的な使用に特に適しています。

2019年、IWCは、セラタニウム® 製のケースを採用した初の パイロット・ウォッチ、パイロット・ウォッチ・ダブルクロ ノグラフ・トップガン・セラタニウムを発売しました。この IWCが開発した画期的な素材は、チタニウムと同等の軽 さと堅牢性にセラミックと同等の硬度を併せ持ち、傷がつ きにくいという特性を備えています。さらに肌への刺激が 少なく、マットブラックの色合いが目を引きます。

パイロット・ウォッチ・ダブルクロ ノグラフ・トップガン・セラタニウム
—パイロット・ウォッチ・ダブルクロ ノグラフ・トップガン・セラタニウム

IWCは、米海軍のトップパイロット向けにパイロット・ ウォッチの開発ライセンスを供与されているスイスで唯一 の時計メーカーです。これまでに、米海軍第102戦闘攻撃 飛行隊「ダイヤモンドバックス」および第211戦闘攻撃飛 行隊「フライングチェックメイト」のための時計を設計し ました。

 

現在も、1936年とまったく同じように、トップクラ スのパイロットの緊密な協力を得てパイロット・ウォッチ を開発中です。日常の任務におけるパイロット・ウォッチ の使い方に関するパイロットからの意見は、85年を経た 今もなお、時計の設計を改善し、完成度を高めるうえで IWCのエンジニア陣にとって大いに参考になっています。

 

パイロット・ウォッチとその情熱的なコレクターコミュニティの85年にわたるレガシーに敬意を表して、IWCシャフハウゼンは、Watchfinder & Co. Limitedとのコラボレーションの継続を決定しました。このプラットフォームによって、過去のIWCシャフハウゼンのパイロット・ウォッチ コレクションを個人間で販売・購入することが可能になります。Watchfinder & Co. Limited で、オーナーから購入することのできるIWCウォッチのセレクションをご覧ください。


ハイライト

その他の記事