IWCシャフハウゼン

メインコンテンツに移動する
地域: jp JP
  • メニュー

お問い合わせ

  • お問い合わせ
    月曜日~金曜日:午前11時~午後7時
    0120-05-1868
  • メールでのお問い合わせ
    1営業日以内にご返信いたします。
    メールを送信する
  • ご来店

    最寄りのIWCブティック、またはIWCのサービスセンターにお越しいただければ、スタッフがご対応させていただきます。

    ブティック検索
  • ご来店予約

    最寄りのブティックへのご来店を予約する

    ご来店予約
  • フィードバック

    貴重なご意見をお聞かせください こちらからご送付いただけます。

地域を変更する

閉じる
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
iwc-ppc-language-

ショッピングバッグ

閉じる

IWC に登録

閉じる

IWCシャフハウゼン

メルセデス-AMG

配送について

価格は税込の希望小売価格です。 価格は税込の希望小売価格です。 価格は税込の希望小売価格です。 価格は税別の希望小売価格です。 希望小売価格 オンラインでご購入いただけます お支払いには Mastercard、Visa、American Express, UnionPay、JCB、Diners をご利用いただけます
Image showing the Mercedes AMG team car during a race
© Gruppe C GmbH

IWCとメルセデスAMGは2004年以来、パートナーシップを提携しています。このパートナーシップは、時計業界と自動車業界を代表する2つのブランドの間で結ばれた最も長いコラボレーションの一つです。両社は、パフォーマンス、デザイン、細部に至るにまで妥協しない卓越した製造技術に対する強い情熱を共有しています。 

 

      

AMGは1967年、ドイツのグロース・アスパッハにて、最新のレーシングテクノロジーを市販車にも導入したいという斬新なコンセプトを掲げたハンス・ヴェルナー・アウフレヒトとエアハルト・メルヒャーによって創設されました。今日AMGは、優れたパフォーマンスを発揮するコンパクトカーから AMG-GTのような真のスポーツカーまで幅広いモデルを展開し、メルセデス・ベンツのスポーツカーシリーズを率います。そのエンジンは、“一つのエンジンに一人の人間”の原理に基づき、ドイツのアッファルターバッハにて一人の機械工により組み立てられています。現在メルセデスAMGは企業の変革に取り組んでおり、未来のドライビングパフォーマンスを電動によるパワートレインで再定義しています。

 

IWCとAMGはそのパートナーシップを通じて、モータースポーツの数々のエキサイティングな瞬間を共有し、双方の顧客に忘れられない思い出をもたらしてきました。IWCはパフォーマンス・エンジニアリングに着想を得て、セラミック、グレード5のチタン、カーボンファイバーなどの自動車製造に使用されている素材を採用した特別モデルをいくつも発表しています。 

 

2021年、IWCが史上初のチタン製「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」を発表したことで、メルセデスAMGは、IWCのパイロット・ウォッチ コレクションにおいて不変の位置を占める存在となりました。このタイムピースは、カーボンファイバー製文字盤を備え、IWC自社製キャリバー69385のムーブメントを搭載しています。このクロノグラフは、IWCのCEOであるクリストフ・グランジェ・ヘアと、メルセデスAMGのCEOであるフィリップ・シーマー氏とのウェブ配信による対談で発表されました。

 

IWCとメルセデスAMGは共に、マロ・エンゲルとデビッド・クルサードをブランドアンバサダーとしています。

Image of IWC Mercedes AMG special edition watch with titanium case and grey dial

    

Close up image of IWC Mercedes AMG special edition watch with titanium case and grey dial

     

マロ・エンゲル

     

1985年8月27日、ミュンヘン生まれのマロ・エンゲルは、ドイツのフォーミュラBMVにて16歳でプロデビューを果たし、その後ドイツ、イギリスのフォーミュラ3に数々参戦しました。彼は、5年間メルセデスAMGチームに属してドイツツーリングカー選手権を戦い、FIA フォーミュラE世界選手権では2年間ヴェンチュリーチームでドライバーを務め、2012年からGT3にて成功を収めました。彼の輝かしい戦歴には、2016年のニュルブルクリンク24時間レースでの勝利、マカオグランプリTM/FIA GT選手権(2014年と2015年)での2勝が含まれます。またマロ・エンゲルは2020年には、ニュルブルクリンクの北コースにて、メルセデスAMG GTブラックシリーズで量産市販車の最速記録を打ち立てました。彼は今も変わらずメルセデスAMG モータースポーツチームの主要メンバーとして、メルセデスAMG GT3のハンドルを握ります。最近では2021年に、フロリダで行われたデイトナ24時間でチームメイトと勝利を収めました。彼は2017年より、IWCのブランドアンバサダーを務めています。

 

An image of Maro Engel

© Gruppe C GmbH

    

An image of David Coulthard next to a racing car

デビッド・クルサード

    

スコットランド、トウィンホルム出身、1971年3月27日生まれのデビッド・クルサードは、30年以上にわたり、モータースポーツの世界のリーダーであり続けています。1989年にフォーミュラ・フォード、1991年にはイギリスのフォーミュラ3に参戦して目覚ましい結果を残した後は、クルサードの未来にはフォーミュラ1での成功が約束されていました。1993年にはウィリアムズのテストドライバーとなり、次のシーズンにはレースドライバーの地位を獲得しています。1994年から2008年の間、クルサードはウィリアムズ、マクラーレン、そして最後にはレッドブルのチームで246のグランプリTMに参戦し、その中で13の優勝を達成しています。2001年のシーズンには、ミハイル・シューマッハに続いて、ドライバーズランキング2位に輝きます。2008年にフォーミュラ1から引退を表明し、2010年から2012年はドイツツーリングカー選手権(DMT)に参戦。メルセデスのドライバーとして、クルサードはマロ・エンゲルのチームメートでした。彼の最初のメルセデスDTMモデル、メルセデスAMG C-クーペでは、ニュルンベルクのノリスリンクで5位という成績を収めています。ビジネスでも成功を収めているクルサードは現在、フォーミュラ1TMのジャーナリストおよび解説者であり、同時にブリティッシュレーシングドライバーズクラブ の会長も務めています。

  

    

 

IWCシャフハウゼン