IWCシャフハウゼン

メインコンテンツに移動する
地域: jp JP
  • メニュー
header.menu.profile.text

お問い合わせ

  • お問い合わせ
    月曜日~金曜日:午前11時~午後7時
    0120-05-1868
  • メールでのお問い合わせ
    1営業日以内にご返信いたします。
    メールを送信する
  • ご来店

    最寄りのIWCブティック、またはIWCのサービスセンターにお越しいただければ、スタッフがご対応させていただきます。

    ブティック検索
  • ご来店予約

    最寄りのブティックへのご来店を予約する

    ご来店予約
  • フィードバック

    貴重なご意見をお聞かせください こちらからご送付いただけます。

地域を変更する

閉じる
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
iwc-ppc-language-

ショッピングバッグ

閉じる

IWC に登録

閉じる

IWCシャフハウゼン

Lewis Hamilton wearing the IWC PORTUGIESER CHRONOGRAPH ref IW37160

IWCクロノグラフ:業界の基準

IWCクロノグラフ:業界の基準

クロノグラフはスタイリッシュかつスポーティな複雑機構であり、日々の生活の中でさまざまな用途に役立ちます。IWCは伝統的に、堅牢性と精度の点で傑出した、計器の役割を果たすタイムピースを製造してきました。クロノグラフに関しIWCが有する包括的な専門性は、その遺産に深く根差しています。IWCは、性能、機能性、品質に対する妥協のないアプローチで、クロノグラフウォッチの基準を打ち立ててきました。

すべてのコレクションを代表するIWCクロノグラフ

すべてのコレクションを代表するIWCクロノグラフ

IWCシャフハウゼンが初めての自社製クロノグラフを製造したのは、40年以上前の事。現在、機械式ストップウォッチは主なコレクションを支える柱のひとつとなり、様々なケースサイズや文字盤のカラーが揃っています。また、ストラップやブレスレットのチョイスも豊富で、汎用性をさらに広げています。自分自身を表現しライフスタイルを反映する、ひとりひとりに最適なIWCクロノグラフを、こうした幅広い種類の中から見つけていただけます。IWCのクロノグラフのセレクションのすべてがもつ重要なポイント。それは、シャフハウゼンにあるIWCのマヌファクトゥールツェントルムで注ぎ込まれた素晴らしいテクノロジーです。すべてのモデルはIWC自社製キャリバー69000シリーズを搭載し、究極の性能、精度、持続性を備えます。

タイムレスでシーンを問わないウォッチ

タイムレスでシーンを問わないウォッチ


エレガンスとスポーティが融合した「ポルトギーゼ・クロノグラフ」は、IWC「ポルトギーゼ」ファミリーの中でも最も人気の高いモデルのひとつです。18Kレッドゴールド製クロノグラフに、ブラックのラバー・ストラップの組み合わせが驚くほどに新鮮なスタイルを生み出しています。柔軟性と耐久性をもったラバー・ストラップは、1年を通して快適な着け心地を実現。アイコニックなタイムピースの控えめなデザインにアクセントを添えるストラップです。お買い求めいただけるストラップやブレスレットのオプションにつきましては、お近くのIWCブティックにお問い合わせください。

PORTUGIESER CHRONOGRAPH ref IW371610 with Black rubber strap

 

 

 

 

The Portugieser Chronograph in 18-carat 5N gold ref. IW371611 with Green rubber strap
The Portugieser Chronograph in steel ref. IW371611 with Green rubber strap
鋼鉄

機能性と信頼性

機能性と信頼性

「ポルトギーゼ・クロノグラフ」を駆動するのは、IWC自社製キャリバー63955。最長30分までの時間を計測することが可能な、IWC特有の縦型配置の文字盤デザインを備えたムーブメントです。12時位置に計測された分が表示され、読み取りやすいデザインになっています。18Kレッドゴールド製、またはステンレススティール製の「ポルトギーゼ・クロノグラフ」には、オリーブグリーンのラバー・ストラップのオプションもございます。お買い求めいただけるストラップやブレスレットのオプションにつきましては、お近くのIWCブティックにお問い合わせください。

 

 

機能性と信頼性

機能性と信頼性

「ポルトギーゼ・クロノグラフ」を駆動するのは、IWC自社製キャリバー63955。最長30分までの時間を計測することが可能な、IWC特有の縦型配置の文字盤デザインを備えたムーブメントです。12時位置に計測された分が表示され、読み取りやすいデザインになっています。18Kレッドゴールド製、またはステンレススティール製の「ポルトギーゼ・クロノグラフ」には、オリーブグリーンのラバー・ストラップのオプションもございます。お買い求めいただけるストラップやブレスレットのオプションにつきましては、お近くのIWCブティックにお問い合わせください。

 

 

 

 

 

クロノグラフウォッチの基準を確立したIWC

クロノグラフウォッチの基準を確立したIWC

IWCの伝統は、堅牢で優れた精度を持つプロ仕様のタイムピースに深く根差しています。40年以上におよぶこうした伝統に支えられ、IWCは業界最高水準のクロノグラフを開発してきました。性能、機能性、品質に対する妥協のないアプローチが、IWCを他とは一線を画する存在にしているのです。

 

妥協のない性能:IWC自社製ムーブメントには、機械式ストップウォッチの開発におけるIWCの専門性の高さを示す3つの独自のキャリバーがあります。中でも最も新しいものが、IWC自社製キャリバー69000。堅牢性、信頼性、耐久性に焦点を絞って開発されたシリーズです。

 

妥協のない機能性:IWCでは、常に機能性が最優先されます。この妥協のない機能性重視のデザインアプローチから、垂直にサブカウンターを配した特徴的な文字盤レイアウトが生まれました。このレイアウトは視認性を大幅に向上させるとともに、IWCのクロノグラフを際立たせるデザイン要素となっています。

 

妥協のない品質:可能な限り高い品質と技術水準を持つクロノグラフを製造するために、IWCは常に新しい素材や、業界をリードする製造プロセス、テスト基準、品質管理を追求しています。

Portofino Chronograph (Ref: IW371611) Olive Strap

複雑なメカニズムを持つクロノグラフ

複雑なメカニズムを持つクロノグラフ


機械式クロノグラフは、多数のゼンマイ、ホイール、レバーで構成される複雑なメカニズムを持っています。その設計と製造は、専門的な技巧を極めたごく限られた時計技師だけが成し得る、技術的な偉業です。クロノグラフのオーナーの中には、ストップウォッチ機能をたまにしか使わない方もいれば、1日に何十回もの時間計測を行う方もいます。クロノグラフという複雑機構は基本ムーブメントのエネルギーを比較的多く消費し、使用中には部品に大きな負荷がかかります。さまざまなユーザーの要求に対応し、長年にわたって正確に作動するメカニズムの設計は、重要な課題となっています。

 

 

 

 

最高の性能を目指して

最高の性能を目指して


シャフハウゼンの最新技術によって開発されたIWC自社製キャリバー69000は、堅牢性、信頼性、耐久性に焦点を当てて設計されたムーブメントです。コラムホイール式のクロノグラフには、表示切り替えの各工程が確実に行われるよう制御する仕組みが採用されており、ボタンを押すとしっかりとした手ごたえが感じられます。基本ムーブメントをシームレスに統合し、すべてのコンポーネントを綿密に調整したことにより、クロノグラフが連続で使用された場合でも、正確な歩度の維持が可能になっています。

The IWC-manufactured 69000 calibre

 

 

 

 

The IWC Portugieser Chronograph (Ref. IW371620) on a blue rubber strap

機能的な縦型配置の文字盤デザイン

機能的な縦型配置の文字盤デザイン


IWCでは、常に機能性が最優先されます。この妥協のない機能性重視のデザインアプローチから、垂直にサブカウンターを配した特徴的な文字盤レイアウトが生まれました。このレイアウトは視認性を大幅に向上させるとともに、IWCのクロノグラフを際立たせるデザイン要素となっています。

 

 

 

 

組み立てラインと品質管理

組み立てラインと品質管理


シャフハウゼンにあるIWCの製造センターでは、自社製クロノグラフ・ムーブメントの品質と精度をできるだけ高く保つため、最先端のプロセスが採用されています。例えば、IWC自社製キャリバー69000の組み立てには専用のラインで編成され、いくつかの小さな工程に分けられています。こうしたアプローチにより、工程のあらゆる段階で、最高の品質を実現することが出来るのです。この組み立てプロセスには、品質管理のためのコンセプトも組み込まれています。各工程の最後に行われる品質管理に加え、IWCが開発したFIM(Final Inspection Movement / ムーブメントの最終点検)セルで、関連するすべてのムーブメント機能が12日間にわたって自動的にテストされます。

The IWC Manufakturzentrum in Schaffhausen

 

 

 

 

1980年から続くストップウォッチの開発

IWCは40年以上にわたり、機械式クロノグラフの開発に関して幅広い専門性を培ってきました。

3つのユニークなIWC製クロノグラフ・ムーブメント

3つのユニークなIWC製クロノグラフ・ムーブメント

IWCの3つの自社製クロノグラフ・ムーブメントは、機械式ストップウォッチの開発に関するIWCの包括的な専門技術を明確に示すものです。

 

IWC自社製キャリバー89000:このキャリバーシリーズのムーブメントは、12時位置で同軸上に組み合わされたアワー・カウンターとミニッツ・カウンターで計測時間を表示します。これによって計測時間が非常に読み取りやすくなるうえ、文字盤上に別の表示を配置するスペースが確保されます。その為、このキャリバーシリーズのムーブメントは、クロノグラフ機能と永久カレンダーのような他の複雑機構を組み合わせるのに理想的です。

 

IWC自社製キャリバー59360:従来のクロノグラフでは、2時位置と4時位置の2つのプッシュボタンでストップウォッチ機能を制御していました。これに対して、IWCの手巻き式の自社製キャリバー59360では、リューズに組み込まれた1つのプッシュボタンでクロノグラフのスタート、ストップ、リセットを行います。「モノプッシャー」クロノグラフとして知られるこの構造には極めて高度な技術が使用されており、より控えめで、落ち着いた印象のクロノグラフのデザインを可能にします。

 

IWC自社製キャリバー69000:IWCは、堅牢性、信頼性、耐久性に焦点を絞り、妥協を許さずにこのキャリバーを開発しました。コラムホイールが表示切り替えの各工程が確実に行われるよう制御する仕組みが採用されています。基本ムーブメントをシームレスに統合し、すべてのコンポーネントを綿密に調整したことにより、クロノグラフが連続的に使用された場合でも、正確な歩度の維持が可能になっています。

IWCシャフハウゼン