革新を育むコレクション

の50年間、高級時計製造の世界において、「ダ・ヴィンチ」コレクションは革新の代名詞であり続けています。これほどまでに、IWCのエンジニアたちの発明の才と創造性を体現しているコレクションは他にありません。
スイス製クォーツ・ムーブメント、クルト・クラウスが設計した伝説の永久カレンダー、ブラックセラミック製ケースという記念すべき発明を世界で初めて搭載した腕時計であり、IWC初の自社製ムーブメントが搭載されたのも「ダ・ヴィンチ」でした。

 

IWCで語り継がれる多くの逸話と同様に、「ダ・ヴィンチ」の歴史も前例のない快挙で彩られています。シャフハウゼンを拠点とする時計メーカーIWCは、スイス製クォーツ・ムーブメント「ベータ21」の開発に大きく貢献し、1969年にこのムーブメントを搭載した初のタイムピース(Ref.3501)を発表しました。印象的な六角形のゴールド製ケースを備える、人目を引く新モデルが誕生したのです。この件について、IWCミュージアムのキュレーターを務めるデイヴィッド・サイファーは「IWCのエンジニアたちが持つ高い能力と発明の才に、高度に発達した比類のない美的センスが加わり、このような先駆的な達成を記念する時計コレクションが生まれました」と語ります。

 

 

クルト・クラウスが開発した永久カレンダーは、シンプルな構造と効率性という点で新たな基準を築いただけでなく、 IWCが高級時計製造の頂点に到達したことを示す証となりました。
—クルト・クラウスが開発した永久カレンダーは、IWCシャフハウゼンを高級時計製造の頂点へと導いた

この新しい時計コレクションの名称は、他ならぬレオナルド・ダ・ヴィンチにちなんでいます。画家、彫刻家、建築家、エンジニアとして史上最高の才能を発揮したこのルネッサンス期の偉人ほど、美とテクノロジーの共存を完璧に象徴する人物はいないでしょう。

 

 

永遠を手首の上に

「ダ・ヴィンチ」の歴史には、発明と創意工夫を追求する姿勢が糸のように織り込まれています。中でも最も重要な出来事が、1985年の「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー」(Ref.3750)の発表です。「IWCで時計技師のリーダーを務めていたクルト・クラウスは、クォーツ・ムーブメントの最盛期に、機械式の永久カレンダーの開発という大胆なアイデアを思い付きました」と、サイファーは説明します。クラウスは愛犬を連れて長い散歩に出かけ、わずか81個の部品で構成され、自動的に機能し、2499年まで実質的に調整する必要のない新種のカレンダーモジュールの構造を思い描いたのです。

 

その設計は、使いやすさという点でも新たな基準を打ち立てました。日付、曜日、月、ムーンフェイズ、年の各表示がお互いに完璧に同期するため、時計をしばらく着用せずにいて作動が停止した場合でも、リューズを使ってすべての表示を同時に先送りすることができます。4桁の西暦表示とムーンフェイズ表示は、調整が必要となるのは122年でわずか1日という前代未聞の精度を誇ります。しかし、1985年のバーゼル時計見本市でこの永久カレンダーが披露された時は、すべてが順調に進んだわけではありませんでした。クルト・クラウスが実際に機能する試作品を完成させたのは文字通り最後の瞬間で、間一髪でバーゼルでのプレゼンテーションに間に合ったのです。

 

軽量で傷のつきにくいセラミック製ケース

そのわずか1年後、IWCはブラックの酸化ジルコニウム製ケースを世界で初めて搭載した腕時計、「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー」(Ref.3755)を発表しました。優れた耐傷性と耐摩耗性を備え、宇宙航空の世界でも使用されているこのハイテクセラミックを用いたウォッチケースの製造は、IWCの高度な技術とエンジニアリングを強く印象付けることとなりました。数々の課題の一例として、サイファーは「セラミックは焼結プロセスで3分の1程度縮みます。ムーブメントをケースに正確にフィットさせ、0.001mm単位での精度を維持するために、こうした体積の減少をあらかじめデザイン段階で考慮する必要があります」と解説します。

 

—ブラックセラミックを素材とする初のウォッチケースも、「ダ・ヴィンチ」コレクションの一部として発表された
—初の自社製クロノグラフ・ムーブメント、キャリバー89630は、計測時間と分を通常のアナログ時計のように表示する

IWC初の自社製クロノグラフは「ダ・ヴィンチ」コレクションに初搭載された

2007年、IWCは「ダ・ヴィンチ」コレクションを完全にリニューアルしました。例えば、「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ」(Ref.3764)には、IWCが初めて自社で一貫製造したクロノグラフ・ムーブメントが搭載されました。サイファーは当時を振り返り「キャリバー89630は、時と分の計測時間を、一つのサブダイヤルの上で時刻表示のように読み取ることを可能にした初めてのムーブメントです」と言います。この画期的なムーブメントは、トノー型ケースに収納されました。万人受けするデザインではありませんが、優れた製造技術を示すのにはうってつけの構造でした。約50個の部品で構成されるこのケースは、現在でも、シャフハウゼンで製造された中で最も複雑なケースであり続けています。Ref.376601の素材には、セラミックとチタニウムという、特に高度な技術を必要とする組み合わせが採用されました。

 

 

2009年、コレクションの新たなスターとなる「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト」(Ref.3761)がデビューしました。日付と月を大型の数字でデジタル時計のように表示するディスプレイは、モダンな印象を与えるだけでなく、IWCが高級時計製造の伝統に回帰したことの象徴でもありました。サイファーは「IWCシャフハウゼンは、早くも1884年から、パルウェーバー・システムによる時・分のデジタル表示を備えたポケットウォッチを製造していました」と説明します。

 

 

—このバージョンの永久カレンダーは、日付と月を大型のアラビア数字で示すデジタル表示を搭載していた
「ダ・ヴィンチ」では、他のどの時計コレクションとも異なり、IWCのエンジニアが持つ高い能力および発明の才と、 高度に発達した比類のない美的センスが融合しています。

IWCは、過去の栄光に甘んじることは決してありません。2017年にも、先駆的な新製品を続々と発表する予定です。確かに言えるのは、レオナルド・ダ・ヴィンチが偉大な遺産を築き上げたように、卓越した技術力を誇るIWCもまた、「ダ・ヴィンチ」コレクションの改革をここで終えるつもりはないということです。これからも、シャフハウゼンで生まれたこの秀逸な時計コレクションはますます進化していくでしょう。

 

その他の記事