その他の記事
IWC Da Vinci Perpetual Calendar Sketch
永遠を手首の上に

クルト・クラウスは、IWCで時計技師のリーダーを務めていた頃、様々な変則性を含むグレゴリオ暦を解釈し、外部からの修正をほとんど必要とせずに2499年まで完璧に作動する、機械的なプログラムを開発しました。

Ingenieur Constant-Force Tourbillon
不変は力

IWCのコンスタントフォース機構により脱進機が一定の力を供給し、最高の精度が保障されます。

breguet_spring
巻き上げひげによる精度の向上

IWCのキャリバーの中には、テン輪の縁がブレゲひげゼンマイ上で往復運動をするものがあります。手作業で丁寧に成形されたターミナルコイルは、テンプが完璧に規則正しく振動する上で重要な役割を担っています。これにより、時計の精度が向上するのです。

IWC Portugieser Annual Calendar
IWCのアニュアルカレンダー
新しく誕生した小さな永遠

自社製キャリバー52850の新しいIWCのアニュアル・カレンダーは、永久カレンダー付きの「ポルトギーゼ」と日付表示付きの「ポルトギーゼ」のギャップを埋めるだけではありません。カレンダーの調整が簡単になり、2月の最終日に手動で調整するだけです。

IWC Portugieser Tourbillon Mystère Rétrograde
浮遊するように時を刻む機構

多くの時計職人が、彼らの最も好きな複雑機構はトゥールビヨンであると言うでしょう。

精度の調整

IWCの腕時計を正確に作動させるには、テンプの振動を入念に調整しなければなりません。

IWC Oils
規則正しく時を刻むために

どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。

研究所でのテスト

IWCシャフハウゼンでは、タイムピースの新モデルに厳しいテストを課しています。この一連のテストは、温かい塩水槽に長期間浸したり、過酷な環境を再現した試験室に隔離したりと、最大で50段階もの独立したステップで構成されています。こうしたすべての工程を経てこそ、時計が最終的にお客様のお手元に届いた後、日常生活やさらに厳しい条件下での使用に適した機能が確保されるのです。

エクスペリエンス

IWC新自社製
キャリバー52000シリーズ

日付2014-11-19T05:30:00

共有:
IWC 75 Years Portugieser

2015年、IWCシャフハウゼンは、さらなる独自のムーブメント開発に乗り出します。今後数年間に渡り、シャフハウゼンで製造された3つの新たなキャリバーシリーズが誕生します。自社で開発・製造される新たなムーブメントは、多くの技術的な改善を特色としています。それだけでなく、IWCのキャリバーは、審美的な魅力を高めるためにデザインを一新します。最初に登場するのは、新しい「ポルトギーゼ」コレクションの4つのモデルに使用されるキャリバー52000シリーズです。

01. 最高の精度

毎時28,800振動を生む、ブレゲひげゼンマイを備えた近代的なテンプ

02. 7日間パワーリザーブ

7日間のパワーリザーブを可能にする2つの香箱

03. 高効率のペラトン自動巻き機構

高効率の両方向巻上げ機構

摩耗と破損を最小にするセラミック製自動ホイールと爪

04. 耐摩耗セラミック

ローター軸受は、非常に硬質の白い耐摩耗セラミック製

05. 審美性

18Kレッドゴールド製メダルを配したローター

永久カレンダー搭載モデルには、美しいブルースティール製のビスとレッドゴールド製のローターを採用

06. デザインの改善

新しいキャリバーシリーズでは、デザインと仕上げがさらに向上

ローターのプロポーションがよりスリムになり、新しいムーブメントがより良く見える構造に

新しいIWC自社製キャリバー
美しく、大きく、そして精確

この動画は、新しいキャリバーの技術革新の詳細と、
魅力的なムーブメントのデザインを紹介するものです。

Loading. Please wait...
「エクスペリエンス」までスクロールダウンしてください。

01

最高の精度

毎時28,800振動を生む、
ブレゲひげゼンマイを備えた
近代的なテンプ

02

7日間
パワーリザーブ

7日間のパワーリザーブを可能にする2つの香箱

03

高効率のペラトン
自動巻き機構

高効率の、双方向巻き上げ機構

摩耗と破損を最小にするセラミック製
自動ホイールと爪

04

耐摩耗セラミック

ローター軸受は、非常に硬質の白い耐摩耗セラミック製

05

審美性

18Kレッドゴールド製メダルを配したローター

絶妙なブルースティール製のビスと、
レッドゴールド製ローターを備えた、
パーペチュアル・カレンダー モデル

06

デザインの改善

新しいキャリバーシリーズではデザインと仕上げがさらに改善

スリムなプロポーションのローターで、
新しいムーブメントがより良く見える構造

最高の精度をめざした技術改善

新しいキャリバー52000シリーズのIWC自社製ムーブメントは、技術的に多くの点でアップグレードがなされていると言えるでしょう。緩急針なしのテンプは、4ヘルツ(毎時28,800振動)に強化されます。従来の方法で曲げられたブレゲひげゼンマイを搭載することで、最高の精度が保証されています。新しいムーブメントのモデルには、双方向ペラトン巻き上げ機構と2つの香箱が搭載されます。後者は7日間のパワーリザーブを可能にし、新たに開発されたアニュアル・カレンダー及び永久カレンダーなど、多くのエネルギーを消費する複雑機構を駆動させます。

IWC 52850 calibre
—2つの香箱を搭載する、IWC自社製キャリバー52850は、「ポルトギーゼ・アニュアル・カレンダー」(Ref. 5035)に必要なエネルギーを供給しつつ、
さらに7日間のパワーリザーブを確保する。

このムーブメントのもう1つの技術的革新は、素材です。巻き上げの爪と自動ホイールはブラックセラミック、そしてローター軸受はホワイトセラミック製です。より正確に言えば、酸化ジルコニウムです。これらの極端に硬質のハイテク素材により、実質的に損耗や破損がほぼない自動巻き機構が誕生します。しかしながら、セラミックは製造・加工が非常に困難で、時計産業において部品製造に使用されることはありませんでした。これを可能にしたことで、IWCは素材改良のパイオニアであることを改めて証明します。

ムーブメントデザインの向上

キャリバー52000シリーズはまた、新たな美観的基準をも生み出します。新しいキャリバーを使ったムーブメントのデザインと仕上げでも、大きな改善がなされました。ローターと組み込まれたゴールドの“プローブス・スカフージア”メダルの割合は、大幅に小さくなっています。これにより、裏蓋のサファイアガラスを通して、時計の内部の仕組みがより良く眺められるようになりました。黒と白のセラミックからなる実質的にほぼ摩耗フリーの部品を使った、改良型ペラトン巻き上げ機構をはっきり見ることができます。

キャリバー52000シリーズの中でも永久カレンダー付きの「ポルトギーゼ」モデルに搭載されているものは、18Kレッドゴールド製でエングレーヴィングが施されたローターを備えています。これらのモデルにはまた、ブルースティール製のビスが使用されています。多くの時計愛好家にとって、これは精妙な自社製ムーブメントにおいて欠かすことのできない要素です。同時に、装飾的な円形装飾とコート・ド・ジュネーブ装飾、そして赤いルビー、ブルースティール製のビスそしてブラックセラミックのコントラストが美しく、それに加えてローターのレッドゴールドが、ムーブメントの高い品質を象徴するように自社製ムーブメント上で輝きます。

IWC 52815 calibre
—ブルースティール製のビスと様々な装飾的な仕上げを備えた、新しいIWC自社製キャリバー52610および52615(写真)は、
それぞれ「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー」のシングルムーン(Ref.5033)とダブルムーン(Ref.5034)の原動力になっている。
エングレーヴィングが施されたローターは18Kレッドゴールド製。

長い伝統をもつキャリバーの製造

ムーブメント製造を自社で行うことへのこだわり、独自の時計製造に関する誇りは、IWCシャフハウゼンにとって何ら新しいものではありません。1895年に出版されたIWCのカタログには、次のような記載があります。「オリジナルの時計ムーブメントの生産は、時計製造のルールや数学の法則に従っており、それらは例外なく優秀な時計技師によって手がけられます。ダイヤル、針そしてゼンマイを除いて、部品の大部分は自社工場で製造されています。」

F.A. ジョーンズによるIWC創立の当初から現在に至るまで、IWCシャフハウゼンは、小さな歯車などの部品を一つ一つ製造することよりも、ムーブメントと複雑機構の自社製造に特に焦点をあててきました。長年にわたり、高級時計マニュファクチュールの最も顕著な成果、つまり永久カレンダー、トゥールビヨン、ミニッツ・リピーター、ムーンフェイズ表示などは、自社の工房で生産されています。

時計のムーブメントの装飾に関しても、シャフハウゼンには長い歴史があります。初期のF.A. ジョーンズ・キャリバーもすでにエングレーヴィングと装飾要素を特徴としていました。当時アメリカの時計メーカーは、ケースに入っていないムーブメントをウィンドウディスプレイに飾るのが一般的でした。時計を購入する人々が完成品に組み込まれたムーブメントを実際に見る機会はなくても、このおかげで時計の複雑な内部機構を垣間見ることができ、より親しんでもらうことができたのです。

IWC Jones Calibre
—1875年頃。IWCの創立者の名前にちなんで、F.A. ジョーンズと呼ばれたこのキャリバーは、複雑なエングレーヴィングと装飾的な仕上げを施されていた。

手の込んだ装飾的要素にもかかわらず、新しいキャリバー52000シリーズのムーブメントは、伝統的な技術的特徴を持ち合わせています。IWCシャフハウゼンは、創立者F.A. ジョーンズが当時最先端の生産方法をもって礎石を築いたエンジニアリングの精神に今もなお忠実なのです。

IWC 52010 calibre
—「ポルトギーゼ・オートマティック」 (Ref.5007) も、今年からIWC自社製52000シリーズのムーブメントを搭載。
ペラトン巻き上げ機構の部品には、新たに耐摩耗セラミックを採用
また、今まで1つだった香箱が2つになり、7日間のパワーリザーブを可能にしている。

新しい2015年「ポルトギーゼ」コレクションを詳しく見る

promo_portuguieser_collection_w_arrow_279x150
「ポルトギーゼ」コレクション
promo_portugieser_history_w_arrow_279x150
IWCはアイコンウォッチの75周年を祝します
その他の記事
IWC Da Vinci Perpetual Calendar Sketch
永遠を手首の上に

クルト・クラウスは、IWCで時計技師のリーダーを務めていた頃、様々な変則性を含むグレゴリオ暦を解釈し、外部からの修正をほとんど必要とせずに2499年まで完璧に作動する、機械的なプログラムを開発しました。

Ingenieur Constant-Force Tourbillon
不変は力

IWCのコンスタントフォース機構により脱進機が一定の力を供給し、最高の精度が保障されます。

breguet_spring
巻き上げひげによる精度の向上

IWCのキャリバーの中には、テン輪の縁がブレゲひげゼンマイ上で往復運動をするものがあります。手作業で丁寧に成形されたターミナルコイルは、テンプが完璧に規則正しく振動する上で重要な役割を担っています。これにより、時計の精度が向上するのです。

IWC Portugieser Annual Calendar
IWCのアニュアルカレンダー
新しく誕生した小さな永遠

自社製キャリバー52850の新しいIWCのアニュアル・カレンダーは、永久カレンダー付きの「ポルトギーゼ」と日付表示付きの「ポルトギーゼ」のギャップを埋めるだけではありません。カレンダーの調整が簡単になり、2月の最終日に手動で調整するだけです。

IWC Portugieser Tourbillon Mystère Rétrograde
浮遊するように時を刻む機構

多くの時計職人が、彼らの最も好きな複雑機構はトゥールビヨンであると言うでしょう。

精度の調整

IWCの腕時計を正確に作動させるには、テンプの振動を入念に調整しなければなりません。

IWC Oils
規則正しく時を刻むために

どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。

研究所でのテスト

IWCシャフハウゼンでは、タイムピースの新モデルに厳しいテストを課しています。この一連のテストは、温かい塩水槽に長期間浸したり、過酷な環境を再現した試験室に隔離したりと、最大で50段階もの独立したステップで構成されています。こうしたすべての工程を経てこそ、時計が最終的にお客様のお手元に届いた後、日常生活やさらに厳しい条件下での使用に適した機能が確保されるのです。