永遠を誓う高精度エンジニアリング

高性能IWC自社製ムーブメント、キャリバー82000シリーズに初めて永久カレンダーが搭載されました

 

1980年代にクルト・クラウスが開発した永久カレンダーほど、IWCのエンジニアリング精神を明確に表す複雑機構は他にないでしょう。機械的なプログラムが各月の日数の違いを自動的に把握し、4年1度、2月の終わりに閏日を追加することも忘れません。各表示機能が完璧に同期しているので、リューズを使って簡単に調整ができるのも大きな特徴です。

「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー 42」でIWCは、マニュファクチールを代表するこの複雑機構を初めてキャリバー82000シリーズの自社製ムーブメントに統合しました。IWC自社製キャリバー82650はペラトン自動巻き機構にセラミック製パーツを使用し、60時間のパワーリザーブを蓄えます。日・月・曜日・ムーンフェイズと閏年の表示は、「3時」、「6時」、「9時」の各位置にあるサブダイヤルに分散されています。直径42mmのケースには、ステンレススティール製と18Kレッドゴールド製の2種類をご用意しました。

キャリバー82000シリーズ


ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー 42