エレガンスとスポーツウォッチの融合

ケースのエレガントなバランスと、ステンレススティール製ブレスレットや布製インレイ付きラバー・ストラップを備えた「ポルトギーゼ・ヨットクラブ」は様々なシーンで活躍します

2010年の登場以来「ポルトギーゼ・ヨットクラブ」は、マリンスポーツのエレガンス、時代に左右されない洗練されたデザイン、強靭さと高い防水性を一つの時計で実現しています。直径44mmの新モデルは繊細なベゼルとフラットなケースリングを備え、全体のバランスがさらに優雅になりました。時計内部ではフライバック機能を搭載したIWC自社製ムーブメント、キャリバー89361が、「12時」位置のサブダイヤルに統合されたアワー・カウンターとミニッツ・カウンターで計測タイムを表示します。タイルを変えれば、船上やビーチ以外のシーンでも大活躍するスポーティーでエレガントなクロノグラフです。表面にポリッシュ仕上げとサテン仕上げを施した高級ステンレススティール製ブレスレットが快適な装着感を提供します。ステンレススティールと18Kレッドゴールドを組み合わせたバイカラーのブレスレットが初めて登場するのに加え、布製インレイ付きラバー・ストラップもご用意しています。

技術面でハイライトを飾るのは「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・ムーン&タイド」です。このモデルで初のお目見えとなる新開発の潮汐表示では、「6時」位置のサブダイヤルに潮の干満時刻が示されます。IWCが誇る特別機構、「12時」位置のダブルムーンフェイズ表示では大潮と小潮を示すように機能が拡張され、潮汐の強弱が確認できるようになりました。


ポルトギーゼ・ヨットクラブ・