ワーク/ライフバランスの
実現と均等な機会の促進

共有:

今も昔も、社員はIWCの成功の鍵を握る存在です。私たちは経験上、社員が快適に勤務できる環境が整っていれば、生産性をさらに高めながら、充実した私生活を送る時間とエネルギーを持てることを知っています。だからこそ、IWCは社員に様々な手当や機会を提供し、健康や安全にまつわる問題の解決に懸命に取り組んでいるのです。

私たちは、社内におけるキャリアの向上を助成し、次のことを重視しています:

多様性と平等

IWCシャフハウゼンは、全社員が各自の能力を十分に活かすことのできる職場環境を重視しています。採用、トレーニング、昇進など、社員に関連する決定が行われる場合、IWCでは個人の能力と事業の成功への貢献度のみに基づいて判断するという社風が育まれています。

私たちはこの重要な信条を守るために、次のような対策を取っています:

  • 多様性の監視: 世界各国の支社において、国籍、年齢、性別、勤続年数の適切なバランスを保つために監視および分析を行なっているほか、採用者の男女比が均等になるよう努めています。IWCは世界各地で50か国以上から社員を採用しており、シャフハウゼンだけでも33もの異なる国籍を持つ人々が働いています。
  • フレックスタイム制の導入: IWCでは、社員自らが仕事とプライベートのニーズのバランスを調整することが重要であると考えています。現在、多くの社員がフレックスタイム制を利用できる環境にあります。さらに、子育てをしながら充実したキャリアを築けるよう、小さな子供を持つ親たちに支援を提供しています。
  • 告発制度: 社員が敵意を感じたり、不快に思ったり、恐れを抱くような環境の原因となる嫌がらせやその他の行為は、厳しく処罰されます。この規則に違反する行為は調査対象となり、適切と判断される場合には違反の当事者を解雇します。

健康と安全

IWCシャフハウゼンは社員の健康と幸福を積極的に促進するために、総合的な安全ガイドラインおよび製品・サービス基準を設定し、社員とお客様の安全保証を最優先事項に掲げています。

IWCシャフハウゼンの全社員が、次の福利厚生を利用しています:

  • 健康な生活: 自社のスポーツクラブを利用したスポーツ活動の奨励や、スポーツジムの会費の支援を行なっています。 
  • 安全: 安全に関するデータを綿密に監視し、改善が必要な時には対策を講じています。また、自社製造工場とサービスセンターを対象とする定期的な監査を実施し、その結果に基づいて、各施設における継続的な改善計画を実行しています。
  • 諸手当: すべての社員に、公共交通機関やフィットネスセンターの利用、昼食、保険に対する援助などの諸手当を支給しています。

新しい才能

責任あるアプローチで事業に取り組むIWCには、傑出した才能を持つ人々が集まります。IWCと同じ価値観を持ち、さらに優れた成果を生み出すために努力を惜しまない人々です。適切なスタートを切ることで、豊かなキャリアの土台が築かれます。そのため、IWCシャフハウゼンでは、以下のような体系的な新入社員研修プログラムを実施しています:

  • 経験者向けの直接応募: IWCは、時計製造、販売、管理などの分野で専門的な経歴を持つ人々が、新しい職に直接応募できる様々な機会を提供しています。こうして採用された社員には、体系的な導入研修と、管理職との定期的な評価会議を通したキャリア開発が適用されます。
  • 新卒採用者を対象とする企業研修プログラム: 経済学で修士号を取得した新卒者に適したプログラムです。18ヶ月の研修と3ヶ月の国外勤務を体験できるこのプログラムは、IWCでの輝かしいキャリアに向けたすばらしい第一歩となるでしょう。研修生は直接職場に配置され、経験のある社員のもとで、毎日の業務に関する基礎的な知識を身に付けていきます。このプログラムには、職務ローテーションと呼ばれる重要な制度が組み込まれており、各研修生が様々な部門における知識を学びながら、企業全体に対する理解を深めることができます。研修期間中には、定期的なフィードバックの提供やコーチング指導、CEOおよび管理職チームとの会議も実施されます。
  • 大学生を対象とするインターンシップ: 6~9ヶ月という限られた期間でIWCの各部門とプロセスに関する知識を会得し、初めての就労体験をしたいと望む大学生および新卒者に適したプログラムです。大学生向けには、インターンシップと論文研究を組み合わせたオプションもあります。実習生には、興味深いプロジェクトに参加し、企業の一員としてビジネスに取り組むチャンスが与えられます。
  • 時計職人研修制度: IWCの時計職人研修制度では、3~4年の期間で時計製造に関する幅広い知識を身に付けることができます。この制度では、あらゆる専門分野における実務的な知識を提供し、研修生の自信、学習に対する姿勢、柔軟性および創造性を高めるための7種類のコースが用意されています。研修の80%は工房で、残りの20%は店頭での実習に費やされます。この制度に参加した研修生には、修了を記念する特製腕時計が贈られます。

社員の能力開発

トレーニングは、IWCシャフハウゼンの成功の鍵となる要素です。すなわち、IWCの時計に素晴らしいクオリティをもたらすのは高い技能を持つ時計職人であり、お客様にご満足いただけるかどうかはスタッフの熱意にかかっているのです。IWCの親会社であるリシュモンは、国際的な舞台で活躍するチャンスを提供しています。同グループの協力を得て、IWCは社員の才能を体系的に見極め、それを促進すべく尽力しています。同時に、様々な職種や海外支社を通して社員のキャリア開発を奨励しています。

社員の能力開発を促進するプロジェクトおよび取り組み:

  • 専門技能の把握: IWCは社員の勤務経験と研修状況を把握し、彼らの将来的なニーズの理解に役立てています。また、定年間近の経験豊富な社員が、その貴重な知識を確実に引き継ぐことができるように配慮しています。
  • トレーニング方法: マネージャーやチームの専門家による現場でのサポート、チームプロジェクトへの参加、IWCオンラインアカデミーが提供するクラス、関連分野の専門家による社内外研修などの様々なトレーニング方法を実践し、社員の能力開発を促進しています。
  • 個々に合わせたトレーニングプログラム: あらゆる部署およびレベルの社員を対象とし、相互学習を推奨するプログラムや活動を提供しています。代表的なプログラムには、IWCの歴史とクラフツマンシップ、または仕事や生活に関連する全般的な課題を主題とするものがあります。