ダ・ヴィンチコレクション

50年に渡るコレクションの歴史を通して、「ダ・ヴィンチ」は常に時代とともに歩んできました。そのエレガントなフォルムと高度なコンプリケーションで高い評価を受けてきました。

「ダ・ヴィンチ」コレクションの丸いフォルム

デザインハイライト

「ダ・ヴィンチ」コレクションの丸いフォルム

「ダ・ヴィンチ」コレクションは丸型ケースに回帰しました。これは、1985年の「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー」で採用され、ご好評をいただいたデザインです。文字盤の中央に設けられたわずかなくぼみ、特徴的な半球形のリューズ、「6時」位置に設けられた丸い日付窓などが、3針デザインのこの時計に女性らしさをプラスしています。

正真正銘、ダ・ヴィンチの偉業を受け継ぐモデル

デザインハイライト

正真正銘、ダ・ヴィンチの偉業を受け継ぐモデル

大きなアラビア数字、スリムなランセット型の針、二段式フレームのベゼルといった特徴を備える「ダ・ヴィンチ」のシンプルなデザインは、1985年当時のデザインコードを取り入れたものです。その年に発表された「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー」には、正真正銘、レオナルド・ダ・ヴィンチの偉業に由来するエレメントが採用されていました。

特徴的なラグは「ダ・ヴィンチ」の遺伝子

デザインハイライト

特徴的なラグは「ダ・ヴィンチ」の遺伝子

手首に沿って動く特徴的なラグは、「ダ・ヴィンチ」の遺伝子を踏襲するものです。ラグに取り付けられたストラップやブレスレットが細い手首にもぴったりとフィットするので、女性にとっても魅力的なモデルです。3枚のプレートからなるバタフライ・フォールディング・クラスプは、より安全な時計の着脱を実現します。

履歴

ダ・ヴィンチ・クォーツ・エレクトロニック

ダ・ヴィンチ・クォーツ・エレクトロニック

IWCの「ダ・ヴィンチ」の初代モデルはムーブメント技術において画期的なマスターピースでした。スイスの名だたる時計製造メーカーが一丸となって開発した初のスイス製クォーツ・ムーブメントを搭載し、その時間計測は検査済みのクロノメーター・ムーブメントと比べて10倍も正確でした。

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明家精神にインスパイアされたIWCは、1985年このシリーズから自律式の永久カレンダー機構を備えたタイムピースを発表し、それにより大成功を収めました。

ダ・ヴィンチ・セラミック・パーペチュアル

ダ・ヴィンチ・セラミック・パーペチュアル

IWCの発明家精神はムーブメントに限ったことではありません。IWCは1986年、初のハイテクセラミック(酸化ジルコニウム)製ケースを開発しました。

ダ・ヴィンチ・レディー・クロノグラフ

ダ・ヴィンチ・レディー・クロノグラフ

「ダ・ヴィンチ・レディー」は女性の腕に洗練されたテクノロジーをもたらしました。セミメカニカル・クォーツのクロノグラフ・ムーブメントであるキャリバー630を搭載し、日付表示とムーンフェイズ表示を備えた「ダ・ヴィンチ・レディー・クロノグラフ」は20年以上にわたって「ダ・ヴィンチ」コレクションの発展に影響を与えてきました。

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・ トゥールビヨン・フォーシーズンズ

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・ トゥールビヨン・フォーシーズンズ

このダ・ヴィンチ・トゥールビヨンの特別モデルは新しいミレニアムを記念して発売されました。「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン・フォーシーズンズ」は、20本限定でのご提供でした。

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー(Ref. 3750)発売から約20年経ち、IWCはこのタイムピースに手を加えます。ケース径は41.5mmに拡大され、文字盤はアラビア数字のインデックスになりより個性的な印象になりました。それに加え、この新しいバージョンには反射防止加工を施したサファイアガラスが装備されています。

ダ・ヴィンチ・クロノグラフ

ダ・ヴィンチ・クロノグラフ

「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ」には、IWC初の自社製クロノグラフ・ムーブメント、キャリバー89360が搭載されました。IWCはこの時計のために、1969年製モデルですでに使用されていたトノー型のケースを再び採用しました。このケースは技術的に非常に複雑で、IWCが製作したものの中でも最も先進的なケースデザインでした。

ダ・ヴィンチ・オートマティック・ムーンフェイズ 36

ダ・ヴィンチ・オートマティック・ムーンフェイズ 36

2017年、リニューアルされた「ダ・ヴィンチ」コレクションが発表されました。1980年代を象徴する丸型ケースが特徴です。ラインナップの中にいくつか女性向けモデルを設定するというコレクションの伝統が復活し、生まれたのが「ダ・ヴィンチ・オートマティック・ムーンフェイズ 36」です。

ダ・ヴィンチ・​トゥールビヨン・​レトログラード・​クロノグラフ

ダ・ヴィンチ・​トゥールビヨン・​レトログラード・​クロノグラフ

IWC が誇るオート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)の傑作、それが「ダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ」です。IWC自社製ムーブメント、キャリバー 89900 により、クロノグラフ、トゥールビヨン、レトログラード式日付表示が初めて 1つの文字盤上に統合されました。

ダ・ヴィンチ・オートマティック “150 イヤーズ”

ダ・ヴィンチ・オートマティック “150 イヤーズ”

創立150周年を記念するジュビリーコレクションのために、IWCシャフハウゼンは6時位置にスモールセコンドを備える「ダ・ヴィンチ・オートマティック “150 イヤーズ”」を発表。このタイムピースと共に、60時間のパワーリザーブを発揮する自社製キャリバー82200がデビューしました。250本限定生産の美しいレッドゴールド製タイムピースです。

IWCシャフハウゼンの世界から