「ジュビリー」コレクション

歴史的なアイコンを新作として復刻したIWCの「ジュビリー」コレクションは、時代を超越したデザインコードに基づき生まれた、比類なきタイムピースの唯一無二のコレクションです。

時・分のデジタル表示

デザインハイライト

時・分のデジタル表示

1884年、IWCは時・分のデジタル表示という革命的な形式を初めてポケットウォッチに採用しました。この斬新な時刻表示が、IWCの創立150周年を記念し、「IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”」と共に復活。オリジナルのパルウェーバー式ポケットウォッチ時計のデザインを踏襲し、 IWCの創立者である米国人F. A. ジョーンズに捧げるオマージュとして、デジタル表示の窓には英語で“HOURS”および“MINUTES”と記されています。

ブルーとホワイトのラッカー仕上げの文字盤

デザインハイライト

ブルーとホワイトのラッカー仕上げの文字盤

IWCシャフハウゼンの創立150周年を記念するこのコレクションでは、ラッカー仕上げの文字盤が共通の特徴となっています。高品質のラッカーを10層以上も重ね塗りしたこの文字盤は、平面ポリッシュ仕上げとサテン仕上げに続き、数回にわたってプリント加工を施すことで完成します。そのデザインは、歴史的なパルウェーバー式時計のエナメル製の文字盤からインスピレーションを得たものです。

レッドゴールドを組み合わせたブルーの文字盤

デザインハイライト

レッドゴールドを組み合わせたブルーの文字盤

「ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ “150 イヤーズ”」は、ブルーの色彩にレッドゴールドが映える美しい文字盤を備えています。このタイムピースは、クラシカルな「ポートフィノ・ハンドワインド」のムーブメントにムーンフェイズ表示を組み合わせたもので、ジュビリーコレクションの中で唯一、ブルーの文字盤にレッドゴールドをあしらったモデルです。針、ムーンフェイズ、星にはゴールドメッキが施されています。

「ジュビリー」コレクション コレクション

履歴

パルウェーバー・システムのポケットウォッチ

パルウェーバー・システムのポケットウォッチ

1884年の夏、時・分のデジタル表示とパルウェーバー・システムを搭載した最初の腕時計が、シャフハウゼンの工房から出荷されました。革新的かつ高度な時計製造技術により開発された製品です。これらのタイムピースは、ザルツブルクの時計職人、ジョセフ・パルウェーバーが発明したパルウェーバー・システムを土台とし、回転ディスク上の大型の数字で時と分を表示するものでした。

パルウェーバー・システム

パルウェーバー・システム

「パルウェーバー II」は、革新的なパルウェーバー・システムの一例です。このムーブメントの画像を見ると、文字盤の下に搭載されたメカニズムの様子がわかります。ここでは、デジタル表示の数字を動かすために、刻み目を付けた歯車が使用されています。

パルウェーバー・システムのポケットウォッチ

パルウェーバー・システムのポケットウォッチ

パルウェーバー・システムのポケットウォッチが生産されていたのは、ごく短い期間でした。これらの製品は1890年頃に生産中止となりましたが、それからおよそ100年後、デジタル表示はクォーツ制御の腕時計として復活しました。生産中止となる前に、これらの極めて革新的な時計は約20,000個販売されました。パルウェーバー・システムのポケットウォッチは、エナメル製またはペイントを施した文字盤の上に様々なデザインと言語があしらわれていたことでも有名です。

「パイロット・ウォッチ」特別モデル

「パイロット・ウォッチ」特別モデル

IWCの初代「パイロット・ウォッチ」は、1930年代中頃に、民間航空のために制作されました。このモデルは-40℃から+40℃までという幅広い温度変化に対応し、耐磁性をも備えた非常に堅牢な時計でした。

ポルトギーゼ(Ref. 325)

ポルトギーゼ(Ref. 325)

1930年代終盤、IWCは2人のポルトガル人時計商の要望を受け、ポケットウォッチ並みの精度を持つ大型の腕時計を開発。この時計には、キャリバー74および98ポケットウォッチ・ムーブメントが使用されました。見るからに大型で印象的なこの腕時計は、1939年に初めて発売されました。

ダ・ヴィンチ・クォーツ・エレクトロニック

ダ・ヴィンチ・クォーツ・エレクトロニック

IWCの初代「ダ・ヴィンチ」ウォッチは、ムーブメント技術という点で特筆すべきタイムピースです。このモデルは、スイスの有名時計メーカー数社が共同開発した世界初のスイス製クォーツムーブメントを搭載し、検査済みのクロノメーター・ムーブメントに比べ、10倍も優れた精度を有していました。

ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ

ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ

IWCは、「ポートフィノ」コレクションのタイムピースで、クラシカルで機能的なラウンド型のゴールド製ケースという伝統に立ち返りました。その先陣を切ったのが、高級時計ならではの驚くべき機能を搭載したRef. 5251です。1984年、このタイムピースは「ポートフィノ」コレクションの人気モデルとなりました。

IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”

IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”

1884年、IWCは時・分のデジタル表示という革命的な形式を初めてポケットウォッチに採用しました。この斬新な時刻表示が、IWCの創立150周年を記念し、「IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”」と共に復活。歴史的なパルウェーバー式時計のデザインを踏襲し、 IWCの創立者である米国人F. A. ジョーンズに捧げるオマージュとして、デジタル表示の窓には英語で“HOURS”および“MINUTES”と記されています。

ポルトギーゼ・コンスタントフォース・トゥールビヨン “150 イヤーズ”

ポルトギーゼ・コンスタントフォース・トゥールビヨン “150 イヤーズ”

IWCシャフハウゼンが、創立150周年を記念して発表した「ポルトギーゼ・コンスタントフォース・トゥールビヨン “150 イヤーズ”」。わずか15本限定生産のこの美しいプラチナ製タイムピースは、ラッカー仕上げを施し、ブルースティール製の針を取り付けたホワイトの文字盤を備えています。自社製キャリバー94805には、史上初めて、シングルムーンフェイズ表示を持つコンスタントフォース・トゥールビヨンが組み込まれました。このムーンフェイズ表示の調整が必要となるのは、577.5年ごとにわずか1日です。

ポートフィノ・オートマティック “150 イヤーズ”

ポートフィノ・オートマティック “150 イヤーズ”

2,000本限定生産のこのタイムピースは、IWCシャフハウゼンの創立150周年を記念するジュビリーコレクションの一品です。直径40mmというサイズは女性にも男性にもふさわしく、ステンレススティール製ケースに組み合わされたラッカー仕上げを施したブルーの文字盤、そしてロジウムメッキの針が深い印象を与えます。

ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト “150 イヤーズ”

ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト “150 イヤーズ”

「ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト “150 イヤーズ”」は、12時位置のトライアングル・インデックスの下に大型の日付表示を配置した初のビッグ・パイロット・ウォッチです。IWCシャフハウゼンの創立150周年を記念して制作されたこのモデルは、わずか100本の限定生産です。

ダ・ヴィンチ・オートマティック “150 イヤーズ”

ダ・ヴィンチ・オートマティック “150 イヤーズ”

創立150周年を記念するジュビリーコレクションのために、IWCシャフハウゼンは6時位置にスモールセコンドを備える「ダ・ヴィンチ・オートマティック “150 イヤーズ”」を発表。このタイムピースと共に、60時間のパワーリザーブを発揮する自社製キャリバー82200がデビューしました。250本限定生産の美しいレッドゴールド製タイムピースです。

IWCシャフハウゼンの世界から