IWCのCSR活動に対する評価

共有:
—IWCシャフハウゼンは2013年からこの「バタフライ・マーク」を掲げ。

IWCは、持続可能性(サステイナビリティ)を促進する取り組みにより、「ウォルポール・アワード」、「バタフライ・マーク」(ポジティブ・ラグジュアリー社)、「ベストCSRスイス・アワード」を受賞しています。

2012年、IWCは、環境および社会的な責任を果たすための取り組みを評価され、栄誉ある「ウォルポール・アワード・フォー・エクセレンス」を受賞しました。ウォルポールはイギリス国内の高級品企業が参加する非営利団体であり、アイデア、経験、リソースの交換を促進する活動に取り組んでいます。この権威ある賞は、イギリスおよび国際的なステージにおいて、持続可能性(サステイナビリティ)を高める模範的な活動をした企業および個人を評価し、毎年授与されています。

2014年、業界誌『キャピタル・ファイナンス・インターナショナル (CFI)』は、IWC に「ベストCSRスイス・アワード」を授与しました。この賞は、社員、社会環境、自然環境に好ましい影響を与えた企業に授与されるものです。

IWCは、優れたクラフツマンシップ、サービス、デザインを提供しながら、地球の資源を守るために傑出した活動を実施した点が評価され、ポジティブ・ラグジュアリー社による「バタフライ・マーク」を受賞しています。IWCシャフハウゼンは2013年からこの「バタフライ・マーク」を掲げ、持続可能性を追求する取り組みを年々進化させ、継続的な改善を実現しています。