IWCポルトギーゼ

1930年代末、ポケットウォッチサイズの航海計器からインスピレーションを得て類まれな腕時計が誕生します。ハンターポケットウォッチのムーブメントをベースに開発された「Reference 325」は、シンプルな分目盛り、アラビア数字、スリムなリーフ針を特徴としていました。後に「ポルトギーゼ」と名付けられたこの時計の文字盤は、この当時からほぼ変わっていません。その機能的ですっきりとしたデザインは、登場から80年を経た今もなお古さを感じさせず、現代的な印象を与えます。いつの時代もモダンであり続ける「ポルトギーゼ」は、まさにIWCブランドの真髄を体現するコレクションです。

 

最新コレクションでは、初めて全モデルに高い性能を誇る自社製キャリバーを採用しています。人気の高い「ポルトギーゼ・クロノグラフ」には、標準モデルにもIWC自社製キャリバー69355が搭載され、サファイアガラス製シースルー裏蓋が採用されました。

最新コレクションのハイライト


IWC「ポルトギーゼ」ブティック限定モデル

 

全世界のIWCブティックに加え、オンラインでもお買い求めいただける「ブティック限定」シリーズでは、航海をイメージさせるゴールドとブルーの配色が共通のデザインコードとなっている様々なモデルを取り揃えました。全モデルでケース素材に18Kレッドゴールド、またはレッドゴールドの一種で硬度を特に高めた18K Armor Gold®のいずれかを採用し、ブルーの文字盤とブルーのストラップがカラーアクセントをなします。さらにこの新コレクションから、オート・オルロジェリーにおけるIWCの卓越した技術力を物語る2つのモデルも登場します。

ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー 42 "ブティック限定"

ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー 42 "ブティック限定モデル" Ref. 3442:夕暮れの太陽が水面に反射し、水平線で海と空が一つに溶け合う光景を想像してみてください。ブルーとゴールドの特別なデザインを採用した「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー 42  "ブティック限定モデル"」は、海上で過ごす完璧な一日の喜びを、ご自分の腕で感じていただけるタイムピースです。IWCブティックとオンライン限定販売となるこの特別モデルは、ダークブルーの文字盤、サントーニ社によるブルーのアリゲーター・ストラップ、そしてレッドゴールド製ケースを備えています。ペラトン自動巻き機構を搭載したIWC自社製キャリバー82650がその内部で時を刻み、60時間のパワーリザーブを蓄えます。船長の操舵席を超えて活躍し、いつまでも感銘を残すタイムピースとなるでしょう。 

 

 

タイムレスで現代的な「ポルトギーゼ」

ポルトギーゼ・​オートマティック 40Ref. 3583:優れた伝統を受け継ぐものに、大きく裏切られることはありません。この「ポルトギーゼ・​オートマティック 40」は、1930年代に登場した伝説の「Reference 325」の遺伝子を継ぐモデルです。初代「ポルトギーゼ」ウォッチは、特徴的な分目盛りを施し、「6時」位置にスモールセコンドを配しただけのすっきりとした文字盤でした。今日のデザイン様式の基盤となったそのスタイルは、今も変わらず新鮮でモダンです。そして今、このクラシカルな文字盤デザインが、IWC自社製キャリバー82200を搭載した、40mmというコンパクトなケース径の新しいオートマティックモデルとして復活を遂げました。初めてこの世に生み出された瞬間から、アイコンとなったモデルとも言えるでしょう。

 

 

モダンな表情と新技術を備えたクラシックモデル

ポルトギーゼ・クロノグラフRef. 3716:「ポルトギーゼ」の機能的なデザインは、かつて航海に役立つ道具として船上で使われていた観測用デッキウォッチからインスピレーションを得て生まれたものです。すっきりと明確で機能的なデザインの文字盤を備える「ポルトギーゼ・クロノグラフ」は、まさしくこの誕生の歴史を想起させます。また、段差をつけた2つのサブダイヤルと、1/4秒単位の目盛りをプリントしたインナーリングが、時代に左右されないこの優雅なタイムピースに独特のスポーティーな雰囲気を与えます。クラシックなデザインを持つこのモデルにはIWC自社製キャリバー69355が搭載され、サファイアガラスのシースルー裏蓋からその姿をご覧いただけます。このような精密計器を身に着ければ、さりげなくスタイリッシュに、人生の舵を取ることができるでしょう。

 

 

オート・オルロジュリーの傑作

ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー 42 Ref(3442):「ポルトギーゼ・​パーペチュアル・​カレンダー 42」で、IWCはマニュファクチュールを代表する複雑機構を初めてキャリバー82000シリーズの自社製ムーブメントに統合しました。 IWC自社製キャリバー82650はペラトン自動巻き機構にセラミック製のパーツを使用し、2つの香箱に60時間のパワーリザーブを蓄えます。「3時」「6時」「9時」の各位置にある3つのサブダイヤルで、日付、月、曜日、ムーンフェイズ、閏年を表示します。ケース直径42mmのこのモデルには、ステンレススティール製と18Kレッドゴールド製をご用意しています。

 

 

エレガンスとスポーツウォッチの融合

ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフRef. 3907:スポーティーでエレガントなデザイン、強靭な構造、優れた防水性、そしてフライバック機能付きのIWC自社製キャリバー89361を備える新しい「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ」は、様々なシーンで大活躍する逸品です。「12時」位置のサブダイヤルに統合されたアワー・カウンターとミニッツ・カウンターで表示される計測タイムは、荒い波しぶきの中でも容易に読み取りが可能です。繊細なベゼルとスリムなケースリングを備える直径44mmのステンレススティール製ケースは独特の優雅な魅力を湛え、新開発のステンレススティール製ブレスレットが快適な装着感を提供します。船上でもその他の場でも、航海をイメージさせるこのスポーツウォッチは妥協無くその性能を発揮します。

 

 


過去の「ポルトギーゼ」コレクションについて知る

 

IWCの最新コレクションから、「ポルトギーゼ」のタイムピースが辿った10年間の軌跡をご覧ください。