header.skiplinktext header.skiplinkmenu

IWCシャフハウゼン

  • 地域: jp JP
  • Menu
地域を変更する
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
  • ANDORRA / €
  • AUSTRALIA / AUD
  • AUSTRIA / €
  • BELGIUM / €
  • BRAZIL / R$
  • CANADA / CAD
  • CHINA / CN¥
  • CROATIA / €
  • CYPRUS  / €
  • CZECH REPUBLIC / €
  • DENMARK / kr
  • ESTONIA / €
  • FINLAND / €
  • FRANCE / €
  • GERMANY / €
  • GREECE / €
  • HONG KONG SAR, CHINA / hk$
  • HUNGARY / €
  • ICELAND / KR
  • IRELAND / €
  • ITALY / €
  • JAPAN / ¥
  • KOREA / KRW
  • LATVIA / €
  • LITHUANIA / €
  • LUXEMBURG / €
  • MACAU SAR, CHINA / MOP
  • MALAYSIA / MYR
  • MEXICO / Mex$
  • NETHERLANDS / €
  • NORWAY / NOK
  • POLAND / €
  • PORTUGAL / €
  • REST OF THE WORLD
  • ROMANIA / €
  • RUSSIA  / ₽
  • SINGAPORE / SGD
  • SLOVAKIA / €
  • SLOVENIA / €
  • SPAIN / €
  • SWEDEN / SEK
  • SWITZERLAND / CHF
  • TAIWAN, CHINA / NT$
  • THAILAND / THB
  • TURKEY / TRY
  • UAE / AED
  • UNITED KINGDOM / £
  • UKRAINE  / UAH
  • USA / $
iwc-ppc-language-
ショッピングバッグ
IWC に登録

IWCシャフハウゼン

2016年12月16日

ケイト・ブランシェット

人生は贈り物

ケイト・ブランシェット

人生は贈り物

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、オスカー女優、ケイト・ブランシェットへのインタビューをお届けします。


バイオグラフィー

ケイト・ブランシェットはオーストラリア国立演劇学院を卒業後、1992年にシドニー・シアター・カンパニーによるデヴィッド・マメットの戯曲『オレアナ』で初舞台を踏みました。2008年から5年間、彼女は同カンパニーの共同アーティスティック・ディレクターを務め、その後、ヨーロッパやオーストラリア、アメリカにおいて、『プレンティ』や『ヘッダ・ガブラー』、『欲望という名の電車』、『Gross  und  klein  大と小』、『ワーニャ伯父さん』、『女中たち』といった錚々たる名作を演じ、『リチャード2世』では男性主人公役で話題を集めました。その受賞歴も実に華々しく、イプセン・センテニアル・コメモレイション・アワード(現国際イプセン賞)をはじめ、ヘルプマン・アワード  最優秀女優賞を4度(受賞作品:『女中たち』、『Gross  und  klein大と小』、『ワーニャ伯父さん』、『ヘッダ・ガーブレル』)、シドニー・シアター・アワード  最優秀主演女優賞を2度(受賞作品:『Gross  und  klein  大と小』、『欲望という名の電車』)、ヘレン・ヘイズ・アワード  DC外劇団部門  主演女優賞(受賞作品:『ワーニャ伯父さん』、『欲望という名の電車』)を2度も受賞しています。さらに、映画では『キャロル』や『ニュースの真相』、『シンデレラ』、『ブルージャスミン』、『ベンジャミン・バトン  数奇な人生』、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』、『アイム・ノット・ゼア』、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』、『さらば、ベルリン』、『あるスキャンダルの覚え書き』、『バベル』、『バンディッツ』、『ライフ・アクアティック』、『アビエイター』、『コーヒー&シガレッツ』、『ヴェロニカ・ゲリン』に出演。アカデミー賞には6度ノミネートされ、2度の受賞を果たしています。また、英国アカデミー賞(BAFTA)やアメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)、映画俳優組合(SAG)、ハリウッド外国人映画記者協会からも最優秀女優賞に選出され、ヴェネチア国際映画祭の「ヴォルピ杯」も受賞しました。さらに、ケイトはUNHCRグッドウィル・アンバサダーをはじめ、オーストラリア映画協会やオーストラリア自然保護基金のアンバサダー、シドニー映画祭とサンダンス映画祭の後援者にも名を連ねています。このほか、フランス政府から芸術文化勲章を、オーストラリア政府からは演技を通じてオーストラリア社会に貢献したとしてセンテナリー・メダルを授与されました。さらに、ニューサウスウェールズ大学とシドニー大学、マッコーリー大学からは名誉博士号が与えられています。