header.skiplinktext header.skiplinkmenu

IWCシャフハウゼン

国や地域を選択して、お住まいの場所でご利用いただけるコンテンツやオンラインショップをご覧ください。

場所を選択
    地域を変更する 閉じる
    地域を検索
    選択された国
    結果
    すべてのロケーション
    すべてのロケーション
    • ANDORRA / €
    • AUSTRALIA / AUD
    • AUSTRIA / €
    • BELGIUM / €
    • BRAZIL / R$
    • CANADA / CAD
    • CHINA / CN¥
    • CROATIA / €
    • CYPRUS  / €
    • CZECH REPUBLIC / €
    • DENMARK / kr
    • ESTONIA / €
    • FINLAND / €
    • FRANCE / €
    • GERMANY / €
    • GREECE / €
    • HONG KONG SAR, CHINA / hk$
    • HUNGARY / €
    • ICELAND / €
    • IRELAND / €
    • ITALY / €
    • JAPAN / ¥
    • KOREA / KRW
    • LATVIA / €
    • LITHUANIA / €
    • LUXEMBOURG / €
    • MACAU SAR, CHINA / MOP
    • MALAYSIA / MYR
    • MEXICO / Mex$
    • NETHERLANDS / €
    • NORWAY / NOK
    • POLAND / €
    • PORTUGAL / €
    • REST OF THE WORLD
    • ROMANIA / €
    • RUSSIA  / ₽
    • SINGAPORE / SGD
    • SLOVAKIA / €
    • SLOVENIA / €
    • SPAIN / €
    • SWEDEN / kr
    • SWITZERLAND / CHF
    • TAIWAN, CHINA / NT$
    • THAILAND / THB
    • TURKEY / TRY
    • UAE / AED
    • UNITED KINGDOM / £
    • UKRAINE  / UAH
    • USA / $
    • INDONESIA / Rp
    • PHILIPPINES / ₱
    • INDIA / ₹
    • SOUTH AFRICA / R
    • New Zealand / $
    • CAMBODIA / ៛
    iwc-ppc-language-
    ショッピングバッグ 閉じる
    IWC に登録 閉じる

    IWCシャフハウゼン

    2016年12月16日

    ケイト・ブランシェット

    人生は贈り物

    ケイト・ブランシェット

    人生は贈り物

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、オスカー女優、ケイト・ブランシェットへのインタビューをお届けします。


    バイオグラフィー

    ケイト・ブランシェットはオーストラリア国立演劇学院を卒業後、1992年にシドニー・シアター・カンパニーによるデヴィッド・マメットの戯曲『オレアナ』で初舞台を踏みました。2008年から5年間、彼女は同カンパニーの共同アーティスティック・ディレクターを務め、その後、ヨーロッパやオーストラリア、アメリカにおいて、『プレンティ』や『ヘッダ・ガブラー』、『欲望という名の電車』、『Gross  und  klein  大と小』、『ワーニャ伯父さん』、『女中たち』といった錚々たる名作を演じ、『リチャード2世』では男性主人公役で話題を集めました。その受賞歴も実に華々しく、イプセン・センテニアル・コメモレイション・アワード(現国際イプセン賞)をはじめ、ヘルプマン・アワード  最優秀女優賞を4度(受賞作品:『女中たち』、『Gross  und  klein大と小』、『ワーニャ伯父さん』、『ヘッダ・ガーブレル』)、シドニー・シアター・アワード  最優秀主演女優賞を2度(受賞作品:『Gross  und  klein  大と小』、『欲望という名の電車』)、ヘレン・ヘイズ・アワード  DC外劇団部門  主演女優賞(受賞作品:『ワーニャ伯父さん』、『欲望という名の電車』)を2度も受賞しています。さらに、映画では『キャロル』や『ニュースの真相』、『シンデレラ』、『ブルージャスミン』、『ベンジャミン・バトン  数奇な人生』、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』、『アイム・ノット・ゼア』、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』、『さらば、ベルリン』、『あるスキャンダルの覚え書き』、『バベル』、『バンディッツ』、『ライフ・アクアティック』、『アビエイター』、『コーヒー&シガレッツ』、『ヴェロニカ・ゲリン』に出演。アカデミー賞には6度ノミネートされ、2度の受賞を果たしています。また、英国アカデミー賞(BAFTA)やアメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)、映画俳優組合(SAG)、ハリウッド外国人映画記者協会からも最優秀女優賞に選出され、ヴェネチア国際映画祭の「ヴォルピ杯」も受賞しました。さらに、ケイトはUNHCRグッドウィル・アンバサダーをはじめ、オーストラリア映画協会やオーストラリア自然保護基金のアンバサダー、シドニー映画祭とサンダンス映画祭の後援者にも名を連ねています。このほか、フランス政府から芸術文化勲章を、オーストラリア政府からは演技を通じてオーストラリア社会に貢献したとしてセンテナリー・メダルを授与されました。さらに、ニューサウスウェールズ大学とシドニー大学、マッコーリー大学からは名誉博士号が与えられています。

    IWCシャフハウゼン