header.skiplinktext header.skiplinkmenu

IWCシャフハウゼン

メインコンテンツに移動する
地域: jp JP
  • メニュー
header.menu.profile.text

お問い合わせ

  • お問い合わせ
    月曜日~金曜日:午前11時~午後7時
    0120-05-1868
  • メールでのお問い合わせ
    1営業日以内にご返信いたします。
    メールを送信する
  • ご来店

    最寄りのIWCブティック、またはIWCのサービスセンターにお越しいただければ、スタッフがご対応させていただきます。

    ブティック検索
  • ご来店予約

    最寄りのブティックへのご来店を予約する

    ご来店予約
  • フィードバック

    貴重なご意見をお聞かせください こちらからご送付いただけます。

地域を変更する

閉じる
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
iwc-ppc-language-

ショッピングバッグ

閉じる

IWC に登録

閉じる

IWCシャフハウゼン

IWCが語る自社製ムーブメント

研究や新技術は自社製ムーブメントの開発で重要な役割を果たします。けれど、その過程において欠かせないもの。それが情熱です。IWC自社製ムーブメントの開発責任者 トーマス・ゴイマンが、ムーブメントとその開発プロセスについてお話します。ぜひご覧ください。

IWC自社製ムーブメントについて

 

そもそもムーブメントとは何か。どのように機能するのか。トーマス・ゴイマンがムーブメント製造の基本についてお話します。最初の動画では彼のお気に入りも教えてくれます。

 

キャリバー69

 

8年という時間をかけて開発されたムーブメント、キャリバー69は、IWCを代表する「ポルトギーゼ・クロノグラフ」に搭載されています。このタイムピースでは新たにサファイアガラスのシースルー裏蓋が採用され、この美しいムーブメントが動く様子をご覧いただけます。2本目の動画で、トーマス・ゴイマンがさらに詳しく説明します。

 

IWCパーペチュアル・カレンダー 42

 

「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー」は長年IWCコレクションの主力をなす製品でしたが、このたびこのシリーズに新メンバー「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー 42」が登場しました。ムーブメントには自社製キャリバー82650が搭載されています。3本目の動画では、長年の人気モデルをどのように小型化したかについてトーマス・ゴイマンがお話します。

 


ハイライト

その他の記事

IWCシャフハウゼン