アビエーション・シリーズ

4ヶ月の遠征のために費やされた、2年におよぶ準備。「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」プロジェクトは長い時間をかけて計画され、同じく長い時間をかけて実現する、クラシカルな航空機による世界一周飛行です。IWCの支援の下、シルバースピットファイアでは地球を一周するという、これまで航空機では誰も試みなかったことを成し遂げようとしているのです。IWCの特集記事では、シルバースピットファイアのパイロットであるマット・ジョーンズ、スティーブ・ブルックスとゲリー・ジョーンズ、ラックラン・モンローをボールトビー・フライト・アカデミー本部に訪ね、プロジェクトの詳細を尋ねました。このスピットファイア シリーズは、そのインタビューをまとめたものです。以下の6つのエピソードをご覧ください。2019年8月に始まったの冒険の旅をお見逃しなく。 


The Longest Flight (最長飛行)

 

「The Longest Flight (最長飛行)」の目的は、同時に挑戦でもあります。ラックラン・モンローの役割は前者に集中しながら、後者に取り組むことです。「アビエーション・シリーズ」の最後のエピソードでは、ラックランが遠征を実現させるまでの道のりを共有します。 

 


プロジェクトの歴史

 

「The Longest Flight (最長飛行)」プロジェクトは、革新的な技術からなるデザインと完璧さの追求という、スピットファイアとIWCに共通する代名詞を持ち合わせています。パイロットのスティーブ・ブルックスがこのコラボレーションがなぜ空にふさわしい取り合わせなのかを説明します。

 


技術者

 

楕円形の翼はもちろん、スタート時に排気孔から炎が飛び出すエンジンは、スピットファイアの最もよく知られた特徴です。チーフエンジニアのゲリー・ジョーンズは、「自分の手で触れた」視点からスピットファイアの技術力の歴史について説明します。

 


パイロット

 

マット・ジョーンズは、パイロットになるという幼い頃からの夢を実現しました。現在、彼はクラシカルなスピットファイアでの世界一周という、10代の自分が想像した以上のことを成し遂げようとしています。「アビエーション・シリーズ」の2つ目のエピソードでは、マットがシルバースピットファイアのコックピットに座るまでの道のりと、このような航空機が空を飛ぶことの意味について説明します。

 


スピットファイアについて

 

スピットファイアは「究極の完璧さ」や、「空を飛ぶことの頂点」などと形容されてきました。伝説のスピットファイアが空を駆け巡る、それは自由とクラシカルなデザインで名高いその歴史と共に旅をすることを意味します。パイロットのスティーブ・ボールトビー・ブルックスとマット・ジョーンズは、修復されたスピットファイアで世界一周飛行を決行し、その歴史を讃えます。「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」プロジェクトには、IWCのウォッチが同行します。「アビエーション・シリーズ」の最初のエピソードでは、このプロジェクトと、多くの人に愛されているスピットファイアについてご覧ください。 

 


ハイライト


その他の記事