header.skiplinktext header.skiplinkmenu
国を変更する
国を検索

選択された国

結果

全ての国

オンラインショップ

  • ÖSTERREICH / €
  • ANDORRA / €
  • AUSTRALIA / AUD
  • BELGIUM / €
  • BRAZIL / €
  • CANADA / CAD
  • CHINA / CN¥
  • CROATIA / €
  • CYPRUS  / €
  • CZECH REPUBLIC / €
  • DENMARK / kr
  • ESTONIA / €
  • FINLAND / €
  • FRANCE / €
  • GERMANY / €
  • GREECE / €
  • HONG KONG SAR, CHINA / hk$
  • HUNGARY / €
  • ICELAND / KR
  • IRELAND / €
  • ITALY / €
  • JAPAN / ¥
  • KOREA / KRW
  • LATVIA / €
  • LITHUANIA / €
  • LUXEMBURG / €
  • MACAU SAR, CHINA / MOP
  • MALAYSIA / MYR
  • MEXICO / €
  • NETHERLANDS / €
  • NORWAY / NOK
  • POLAND / €
  • PORTUGAL / €
  • REST OF THE WORLD
  • ROMANIA / €
  • RUSSIA  / ₽
  • SINGAPORE / SGD
  • SLOVAKIA / €
  • SLOVENIA / €
  • SPAIN / €
  • SWEDEN / SEK
  • SWITZERLAND / CHF
  • TAIWAN, CHINA / NT$
  • THAILAND / THB
  • TURKEY / TRY
  • UAE / AED
  • UNITED KINGDOM / £
  • UKRAINE  / UAH
  • USA / $

iwc-ppc-language-
Shopping Bag
IWC に登録

IWC ニュース&イベント

IWCシャフハウゼンのニュースやイベントに関する情報をいち早くお届けします。最新キャンペーン、製品発表、特別イベント、パートナーシップに関するニュースなど、あらゆる記事をご覧ください。 


2020年9月24日 

IWC、「BORN OF A DREAM」新章を発表

 

シャフハウゼン - IWCシャフハウゼンは、「Born of a Dream: A Man of the Future」を公開します。IWCが手がける意欲的な短編映画プロジェクトの新作となる本作品は、創業者フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズの物語を描き、1868年の創業時にさかのぼります。演じるのはIWCのブランドアンバサダーを務める俳優のジェームズ・マースデン。逆境を乗り越え、多くの困難にあっても決してあきらめることがなかったジョーンズの姿は、シリーズ前作がテーマとしたIWCのブランドアンバサダー、トム・ブレイディの物語にも通じています。ブレイディとジョーンズ、2人の人生の共通点を探るため、IWCは交差する2人の物語を並行して描いたバージョンも発表します。IWC創業の物語とブランドが表現する価値観を現代的に描いた作品となりました。

 

シャフハウゼン、2020年9月24日 - IWCシャフハウゼンは、「Born of a Dream: A Man of the Future」を公開します。IWCが手がける意欲的な短編映画プロジェクトの新作となる本作品は、創業者フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズの物語を描き、1868年の創業時にさかのぼります。演じるのはIWCのブランドアンバサダーを務める俳優のジェームズ・マースデン。逆境を乗り越え、多くの困難にあっても決してあきらめることがなかったジョーンズの姿は、シリーズ前作がテーマとしたIWCのブランドアンバサダー、トム・ブレイディの物語にも通じています。ブレイディとジョーンズ、2人の人生の共通点を探るため、IWCは交差する2人の物語を並行して描いたバージョンも発表します。IWC創業の物語とブランドが表現する価値観を現代的に描いた作品となりました。

 

IWCシャフハウゼンのチーフ・マーケティング・オフィサーを務めるフランツィスカ・グゼルは次のように述べています。「F. A. ジョーンズとトム・ブレイディは、それぞれの時代に不可能とされることを夢見た2人。彼らは情熱と意志を胸に、自らを信じ、決してあきらめなかった。トム・ブレイディの物語とIWC創業の物語を照らし合わせると、夢を叶えるための努力には時代を超越する普遍的な価値があることが浮かび上がります。これは、IWCというブランドが表現する価値観への現代的な解釈を示すものでもあります」

 

「Born of a Dream: A Man of the Future」に加え、IWCは2つの短編映画を融合した作品も発表します。この拡大版ではブレイディとジョーンズの物語が巧みに交差し、2人の物語を並行して語ることで、彼らが持つ真の力と普遍的な価値観がより鮮やかに浮かび上がります。IWC創業の物語を現代的に描いたこのバージョンは、時を越えて受け継がれるIWCの価値観を体現する作品となりました。

 

詳細を見る

 


September 9, 2020

Touch and feel with new Portugieser collection in Shanghai

 

Schaffhausen / Shanghai – At the Shanghai debut of Watches & Wonders, IWC Schaffhausen marked a strong presence. In a booth inspired by the worlds of sailing and yachting, visitors could discover the new IWC Portugieser collection hands-on for the first time this year. To complete the collection, IWC launched a version of the Portugieser Chronograph on a stainless steel bracelet. In another premiere, the Swiss luxury brand unveiled the Cyberloupe. A watchmaker’s magnifying glass equipped with a camera, this groundbreaking new tool enables watch lovers to discover the inner workings of a mechanical movement from up close like never before.

 

From September 9 to 13, the watch world gathers at the West Bund Art Centre for the first Shanghai Edition of Watches & Wonders. IWC Schaffhausen took centre stage at the leading watch fair to showcase its new Portugieser collection, which was launched digitally back in April. For the first time, Chinese media, retailers, and clients could take a closer look at the new models, all of which are fitted with IWC-manufactured calibres to underscore the brand’s engineering expertise.

 

“It feels great to be here at the West Bund Art Centre in Shanghai and put the new Portugieser models into the hands of our guests. With this edition of Watches & Wonders, China sends a message of confidence to the world in a year which has been as unusual as it has been challenging,” explained Dennis Lee, IWC Managing Director in China.

 

For the first time, IWC presented a version of the iconic Portugieser Chronograph on a stainless steel bracelet. The beautifully detailed and elaborately finished bracelet is also available as an accessory. It can be fitted on every new model of the Portugieser Chronograph, rendering the timeless chronograph even more versatile.

 

On display were, among others, the Portugieser Automatic 40 in the iconic Portugieser design established during the late 1930s, or the Portugieser Perpetual Calendar 42, a new model with IWC’s legendary perpetual calendar. IWC also showed the Portugieser Yacht Club Chronograph Edition “Orlebar Brown“, a marine-blue special edition developed in cooperation with Orlebar Brown, a renowned designer of luxurious leisure and resort wear and the brand’s new partner.

 

LOOKING OVER THE WATCHMAKER’S SHOULDER

 

In the Lab area of the fair, IWC unveiled the Cyberloupe. This watchmaker’s magnifying glass is equipped with a camera and a network connection. It streams the image that the watchmaker sees in real-time to a screen, allowing watch enthusiasts to experience the inner workings of a mechanical movement in a never-before-seen way. Visitors could, for example, marvel at the constant oscillations of the balance wheel, the small ring-shaped pendulum, which is the beating heart of a mechanical watch. Thanks to this new tool, IWC will be able to share its engineering spirit and fascination for watchmaking and craftsmanship with even more people.

 

In addition to discovering IWC’s most recent novelties, guests could also participate in hands-on workshops or attend panel sessions on a wide range of topics such as auctions and collecting, or iconic watches. Watches & Wonders Shanghai at the West Bund Art Centre will remain open until September 13. The event is invitation-only.

 

Learn more


September 3, 2020

NEW BOUTIQUE CONCEPT FOR ZURICH CELEBRATES IWC’S RACING HERITAGE

 

Schaffhausen / Zurich – IWC Schaffhausen has opened the doors to its all-new flagship boutique in Zurich. Taking the concept of retail to a new dimension, IWC provides an interactive journey into its world, bringing to life the connection between engineering excellence in watchmaking and motorsport through a focus on the IWC Racing Team. The immersive experience includes memorabilia, virtual reality and even a live link to IWC’s Manufacturing Center in Schaffhausen for clients to enjoy as they browse the brand’s finely crafted timepieces.

 

Located on the ‘home straight’ of Zurich’s Bahnhofstrasse, the expanded and remodelled boutique has been styled as ‘IWC Racing Works’ – the global home of the brand’s classic racing team. The space invites clients to enter the world of a bustling motor-racing workshop, appointed with a rich blend of motorsport memorabilia, engineering artefacts and unique timepieces that tell the story of the long-standing connection between IWC and motor racing.

 

The motoring centrepiece is the IWC Racing Mercedes 300 SL “Gullwing” - the official car of the IWC Racing Team, driven by racing legends such as David Coulthard,Bernd Mayländer and Mercedes-AMG ambassador Bernd Schneider. Visitors can not only marvel at the sculptural beauty of the Gullwing, they are also invited to buckle up in the cockpit and put their racing skills to the test in a bespoke VR driving experience.

 

“With this boutique we wanted to create a story our clients can walk into and become a part of – a permanent event bringing the world of IWC Racing to life,” explains IWC CEO Christoph Grainger-Herr. “The Racing Works store offers a complete in-depth brand and service experience, as well as a centre of excellence for watchmaking.” Upon entering the boutique, clients step into a welcoming and personal space – an eclectic collector’s den filled with marvels of engineering and memories of great adventure. The presentation of the full collection of IWC timepieces takes centre stage, anchored by newly developed open and glass-free presentation cases for a more tactile product experience. The surrounding space is defined by distinct thematic zones:

 

The ‘Engineering Lab’ tells the story of IWC’s technical excellence and key innovations from the brand’s 152-year history. Movement models and material samples are complemented by a choreographed multimedia presentation.

 

The ‘Garage’ at the back of the store houses the 300SL Gullwing and the VR driving experience as well as the Hero Wall – an animated presentation of IWC racing drivers, their legendary victories and timepieces.

 

The ‘Customs Studio’ is reminiscent of an interior trim and upholstery workshop and specializes in strap and accessory customization and personalization. Watch straps made from signature red Mercedes 300SL upholstery leather will be exclusively available at the Zurich boutique.

 

IWC’s famed hospitality along with themed snacks and drinks can be enjoyed at the ‘Paddock Bar’.

 

The ‘Driver’s Lounge’ is where guests can suit up and get ready for the race, courtesy of an instore digital shopthe- look concept in partnership with Mr. Porter, and study every twist and turn of the renowned Goodwood Motor Circuit.

 

The ‘Workshop’ on the lower ground level features the on-site watchmaking studio with AR video functionality as well as a live link to the Manufacturing Center in Schaffhausen. Clients will also be able to browse some of IWC’s most famous ads as well as a curated selection of motor racing themed vintage watches available for sale.

 

The IWC Racing Works experience will be augmented and extended by virtual and digital features, including interactive shop windows controllable from the outside as well as a full boutique VR experience on iwc.com. Clients will also benefit from a range of new services including part exchange, remote video consultation and interactive visual merchandising that connect customers to both WeChat and IWC.com where our customers can continue their experience post boutique visit. We will also launch a “shop the look” feature in partnership with Mr Porter so that customers can complete their style with a curated collection of clothing and accessories.

 

The visitor experience at the new flagship boutique is additionally enhanced by a range of digital functionalities. For instance, the content on the displays in the shop windows can be controlled from outside on the street using a mobile phone. In the entrance, a magical interactive book guides visitors through the history of the company’s foundation and IWC’s most important product ranges. The entire flagship boutique can also be visited in virtual reality at iwc.com. Customers can make the most of new services such as video consultations.

 

“This new space envelops guests in all the excitement of IWC’s racing heritage,” added chief designer Pascal Sbrzesny. “There is so much to explore, an abundance of details and hidden references. We want to take all our guests on a journey of discovery which surprises and entertains.”

 

IWC Racing Works Zurich is the first in a series of themed IWC flagship boutiques around the world. The next projects will continue to tell the IWC story of engineering and adventure – one exhilarating chapter at a time.

 

Learn more

 


2020年9月9日 

上海で新しい「ポルトギーゼ」コレクションに触れて実感する

 

シャフハウゼン/上海 - IWCシャフハウゼンは、上海で初開催された高級時計見本市ウォッチズ&ワンダーズで、強い存在感を示しました。セーリングとヨットの世界からインスピレーションを得たブースでは、今年初めて、IWCの新作「ポルトギーゼ」コレクションを来場者の皆様に実際にご覧いただきました。コレクションを完成させるために、IWCはステンレススティール製ブレスレットを備えた「ポルトギーゼ・クロノグラフ」を発表。もう一つのプレミアでは、スイス高級時計メーカーであるIWCは、Cyberloupeを発表しました。時計技師の拡大鏡にカメラを備えた画期的な新しいツールにより、時計愛好家は、これまでにないほど近くから機械式ムーブメントの内部機構を見ることができます。

 

9月9日から13日まで、ウェストバンド・アートセンターに世界中の時計が集まり、上海で初めてとなるウォッチズ&ワンダーズが開催されます。IWCシャフハウゼンは、4月にオンラインで発表された新しい「ポルトギーゼ」コレクションを紹介するため、この世界有数の時計見本市の舞台に立ちました。中国のメディアや販売店、顧客は、今回初めて、新モデルを間近で見ることができました。すべてのモデルはIWC自社製キャリバーを搭載し、IWCの卓越した技術力を物語っています。

 

「上海のウェストバンド・アートセンターで、ポルトギーゼの新しいモデルをゲストの皆様に手に取っていただけることは、とても嬉しいことです。今年のウォッチズ&ワンダーズでは、これまでにない困難な年に、中国が世界に向けて自信に満ちたメッセージを発信しています」と、中国のIWCマネージング・ディレクターであるデニス・リーは語りました。

 

IWCは今回初めて、ステンレススティール製ブレスレットを備えたアイコニックな「ポルトギーゼ・クロノグラフ」を発表しました。細部まで美しく精巧に仕上げられたブレスレットは、アクセサリーとしてもお使いいただけます。「ポルトギーゼ・クロノグラフ」のすべての新モデルに取り付けることが可能で、タイムレスなクロノグラフの多様性がより広がります。

 

時計技師の肩越しから覗いてみる

 

見本市のラボエリアでは、IWCはCyberloupeを発表しました。カメラとネットワーク接続が搭載されている時計技師のための拡大鏡です。時計職人がリアルタイムで見ている映像をスクリーンに流すことで、時計愛好家はこれまでにない方法で機械式ムーブメントの内部機構を見ることができます。機械式時計の心臓部である、小さなリング状の振り子のテン輪の絶え間ない振動に驚嘆することでしょう。この新しいツールのおかげで、IWCは時計製造と職人技に対するエンジニアリング精神と魅力を、より多くの人々と共有することができるようになりました。

 

IWCの最新モデルをご覧いただけるだけでなく、ゲストの皆様には、オークションやコレクション、象徴的な時計など、幅広いテーマに関する体験型ワークショップやパネルセッションにご参加いただくことも可能です。上海ウェストバンド・アートセンターのウォッチズ&ワンダーズは、9月13日まで開催されています。なお、本イベントは招待制となっております。

 

詳細を見る


August 19, 2020

IWC Schaffhausen offers customised guided virtual tours

 

Schaffhausen, 19th of August, 2020 – An exciting new virtual experience will enable watch enthusiasts to explore IWC’s headquarters from their own homes. Via a live stream from Schaffhausen, visitors will be able to take a customised tour of the museum and manufacturing centre, as well as observe first hand a watchmaker at work, using the Swiss company’s innovative new Cyberloupe technology.

 

Offering the same insight enjoyed on the ever-popular in-person tours, each virtual journey will be adapted to the specific interests of guests and narrated in real-time by knowledgeable guides. A highly interactive and unique experience, the tours’ ease and convenience will open up IWC’s world and its iconic timepieces to more people than ever before.

 

“With these newly developed virtual tours, visitors will go on an interactive, personalised and memorable journey of discovery, bringing them as close as possible to our home in Schaffhausen, no matter where they may be. Not only will they gain exciting insights into our history and the complex engineering behind our timepieces, but they will also be immersed into the world of IWC in a completely new way,” explains Christoph Grainger-Herr, CEO of IWC Schaffhausen.

 

A CUSTOMISED LOOK INTO IWC

 

The journey begins with an introduction to the brand’s rich history before a guide welcomes guests to the manufacturing centre. Short videos with live commentary and live video links to different departments place visitors at the heart of the watchmaking process. From the production of movement parts to cases and assembly, every significant step is covered. Guides also offer a deep-dive into more specific topics like mechanical decoration or advanced case materials, if desired.

 

BE THE WATCHMAKER

 

IWC’s patented Cyberloupe technology delivers another tour highlight. The specially developed version of a watchmaker’s magnifying glass features an integrated camera and network connection, allowing visitors to stream the watchmaker’s viewpoint in real-time to their screens. An unprecedented way to explore the inner workings of a movement or learn about complications, the Cyberloupe allows online visitors a fascinating look at IWC’s intricate work.

 

A HI-TECH TOUR OF A CUTTING-EDGE FACILITY

 

Exploring IWC’s manufacturing centre online using such up-to-date digital technology suits the building perfectly. Inaugurated in 2018, the factory reflects the same blend of tradition and modern production methods championed by founder Florentine Ariosto Jones in 1868. State-of-the-art machinery and meticulous hand craftsmanship are brought together under one roof. Similarly, the virtual tours rely on modern communication channels to enable visitors from anywhere in the world to discover the brand’s heritage and future at just the touch of a button.

 

The new virtual tours will be available from September 28th, via IWC.com, IWC boutiques and official retail partners. For bookings and for more information please contact visit@iwc.com.

 

Learn more

 


2020年7月21日

 

IWCシャフハウゼン、持続可能な高級時計製造でのリーダーシップを実証

 

シャフハウゼン、2020年7月21日 – IWCシャフハウゼンは、本日、グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)の基準に沿って作成された、第二版目となる先駆的なサスティナビリティ・レポートを発表しました。

 

IWCは、2018年にこのような地球規模のベストプラクティスに言及する、スイス高級時計業界で初めてのブランドとなりました。IWCは、持続可能性(サスティナビリティ)に取り組む2020年の目標を設定し、透明性と責任あるビジネス慣行に関するコミットメントを強化。2年毎に報告することで、そのコミットメントを果たしています。このレポートの発行は、社会に付加価値を与えるIWCの意思決定や、社会的、そして環境面への影響を管理することにおいて、持続可能性を導入しているIWCの前進を示すものとなりました。

 

サスティナビリティ・レポートにおける時計業界のリーダー

 

IWCは、その透明性と持続可能性に対する連携された取り組みにおいて、高級時計業界を牽引しています。何百年も継承されてきた技術と最先端の技術を融合し、何世代にもわたる使用が可能な高級時計のメーカーとして、IWCの卓越性を追い求める取り組みは長期的思考によって常に支えられてきました。2017年に初めて2020年への持続可能性の目標を掲げたIWCシャフハウゼンは、次のことを達成しました。

 

  • CO2排出量を10%削減、梱包重量と体積を30%削減
  • 研修における男女平等を達成、年間の企業ボランティアの時間を倍増、健康や福利を推進し欠勤率を10%削減
  • 高い信頼性を誇る宝飾協議会(RJC)のCoP (Code of Practice:実施規範) 認証を再取得

 

ビジネスと社会のため長期的価値

 

IWCは、手作業での時計制作や、持続可能性の最高基準の保持に向けた取り組みに関して、長期的思考を取り入れています。2019年に改定された、高い信頼性を誇る宝飾協議会(RJC)のCoP (Code of Practice:実施規範) の基準に達する、初めての高級時計ブランドとなりました。この規制には、責任あるビジネス慣行や、サプライチェーンの管理に関する、より厳しい規定が含まれています。IWCは、調達、雇用主の責任、地元のコミュニティへの投資を含む法的必要条項に加えて、よい慣行を適用しているとRJCにより認められています。IWCはまた、グローバルおよびローカルレベルで、最新鋭のシャフハウゼン製造センターの持続可能なメカニズムのデザインから、世界中での完全に再生可能な電力の調達まで、過去2年間にわたり環境的な影響の継続的な管理に取り組んでいます。

IWCは雇用主として地元のコミュニティへの投資も行なっています。スイスで「Great Place to Work™(働きがいのある会社)」として認定された最初の高級時計ブランドであり、90%のスタッフがIWCファミリーの一員であることに誇りを感じています。

 

より持続可能な未来に向かって

 

透明性を高めることは、継続的な試みに繋がります。製造過程で発生した熱の再利用、ゴールドのリサイクル、新しい持続可能な素材の開発など、既に達成したことを超えて、循環経済の原則を実施しています。IWCは、環境維持と多様性に焦点を当て、2022年に向けて明確な目標を設定しました。男女同一賃金を証明する 「Equal Pay certification」、2017年のベースライン比での女性管理職の倍増、グリーンIT戦略の開発と実施、持続可能なイベント計画の実施などが含まれています。

 

グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)について

 

グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)は、世界で最も広く使用されているサスティナビリティ・レポートの枠組みを提供しており、原材料の問題に関する首尾一貫した包括的な情報共有、パフォーマンスの測定基準、持続可能性に関する問題の管理など、構築されたフォーマットを提案しています。

 

詳細を見る

 


2020年7月15日

 

IWCとオールバー・ブラウンが贈る 究極のサマーワードローブ

 

シャフハウゼン、2020年4月25日 – IWCシャフハウゼンとオールバー・ブラウンは、新しいパートナー シップを発表しました。コラボレーション開始を記念して、スイス高級時計メーカーであるIWCは、マリン ブルーの文字盤と両ブランドによるサイドアジャスター付きDストラップを備えたステンレススティール製 の「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ “オールバー・ブラウン”」を発表しました。6気圧の防水 性を誇るこのマリンクロノグラフは、エレガントなプロポーションのケースで人目を惹きつける、ヨットの 操縦やビーチでのリラックスに最適なタイムピースです。英国高級ファッションブランドのオールバー・ ブラウンもまた、船乗りや冒険家、探検家のダイナミックなライフスタイルに応える9作品のリゾートウェア コレクションを発表しました

 

IWCとオールバー・ブラウンの共同デザインにより、9 作品から成るリゾートウェアの「カプセルコレクション」 も同時に誕生しました。

 

「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフと全く同じ ように、このコレクションは時代を超えたエレガンスと 冒険に対する情熱がひとつになったものです。デザイン の段階で、私たちはIWCのポルトギーゼからインスピレー ションを得ましたが、それはこの時計コレクションが伝 統的に水、ヨットレース、そして航海の世界とつながり を有しているからでした。私たちのコレクションは、人 生を上手に渡る男たちを対象にしており、船乗り、冒険家、 探検家のダイナミックなライフスタイルを、優れたデザ インと信頼できる機能、そして至高のスタイルによって サポートします」とオールバー・ブラウン創業者のアダム・ ブラウンは述べました。

 

同コレクションには、ブルーのパイピングが入ったホワ イトのパイル地ジャケットや、コットンとシルクで編み 込まれたポロシャツなどが並びます。コレクションの中 でも特に注目のアイテムは、サイドアジャスター付きの フォトスイムショーツでしょう。ショーツに描かれたサ ルデーニャ島ポルト・ロトンドに佇むヨット「ソラリス 55」は、最近発表されたIWCとイタリア高級ヨットブ ランドのソラリスのパートナーシップを記念するものです。

 

「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ “オールバー・ ブラウン”」は、5月13日から、IWCブティックおよび 正規販売店でお求めいただけます。

 

オールバー・ブラウンとIWCによる「オールバー・ブラ ウン x IWC カプセルコレクション」は、2020年5月13 日からお求めいただけます。

 

詳細を見る

 


2020年7月15日

 

IWC AND SOLARIS YACHTS SET SAIL WITH THE “DOUBLE MOON”

 

Schaffhausen, 15 July 2020 – IWC Schaffhausen and its partner Solaris Yachts have jointly worked on a very special customised sailing yacht. A 55-foot Solaris 55 from the Italian boatbuilder was designed to perfectly reflect the spirit and visual codes of the new Portugieser watch collection. The yacht’s name “DOUBLE MOON” refers to the iconic moon-phase indication of IWC’s legendary perpetual calendar complication.

 

The history of the IWC Portugieser is inextricably linked to seafaring, sailing and navigation. In the late 1930s, the watchmakers from Schaffhausen developed the first Portugieser, a wristwatch with the precision of a marine chronometer. Its clean, functional dial took inspiration from the deck observation watches of the time; nautical precision instruments used for navigation. With the new collection, IWC continues the maritime legacy of the Portugieser and introduces a broad range of attractive new models, all of which are fitted with IWC-manufactured calibres and feature a timelessly modern design inspired by the world of modern yachting.

 

To make the universe of the Portugieser tangible in a never-before-seen way, designers from IWC and Solaris Yachts joined forces to create a customised sailing yacht. The starting point was the Solaris 55, a 55-footlong racer/cruiser which is optimised for performance sailing with a small crew but also offers maximum comfort for extended cruising. The creative specialists carefully adapted the yacht to different design codes found in the new IWC Portugieser collection, while at the same time making sure that it perfectly represents the look and feel of the brand’s new advertising campaign.The yacht’s name, “DOUBLE MOON”, is reminiscent of the unique moon-phase display of IWC’s legendary perpetual calendar. Presented for the first time in 2003 in the Portugieser Perpetual Calendar (Ref. 5201), it correctly depicts the phase of the moon as seen in both the northern and southern hemispheres.

 

詳細を見る

 


July 9, 2020

 

IWC presents “Born of a Dream” – Tom Brady, a boy from San Mateo

 

Schaffhausen, July 9, 2020 – IWC Schaffhausen premieres a short film project, titled “Born of a Dream: A boy from San Mateo.” The short film depicts IWC brand ambassador Tom Brady, one of the most accomplished professional athletes of all time, as he pursues his childhood dream and becomes a champion quarterback. The inspiring story of Brady, who fought with passion and determination and never gave up despite many obstacles, emphasises the core values at the heart of the IWC brand since American watchmaker Florentine Ariosto Jones founded the company more than 150 years ago.

 

Learn more

 


2020年4月25日

 

進化を続けるアイコン: IWCシャフハウゼンが「ポルトギーゼ」コレクションに魅力的な新モデルを追加

 

IWCシャフハウゼンが、「ポルトギーゼ」の新作モデル数点を発表いたします。アイコニックな「ポルトギーゼ」のデザインをコンパクトにした自動巻きモデル、伝説の永久カレンダーを搭載した新モデル、エレガントなプロポーションのケースが目を引くマリンスポーツ・クロノグラフ、そして初めて満潮と干潮の時刻を表示する機能を備えたウォッチです。新コレクションのハイライトとなるこうしたモデルはいずれもIWC自社製キャリバーを備え、「ポルトギーゼ」コレクションならではの魅力がより一層際立っています。

 

時を超越した完璧なデザインは、ごくわずかしかありません。IWCは1930年代末に、そのようなアイコンである「ポルトギーゼ」を誕生させました。その名の由来となった2人のポルトガル人時計商に納品された「Reference 325」の基盤は、ハンターポケットウォッチのキャリバーでした。端正ですっきりとした、機能性の高い文字盤にインスピレーションをもたらしたのは、当時英国海軍向けにIWCが製造していた甲板時計です。「ポルトギーゼ」は誕生当初から、航海用計器の高精度と優れた視認性が融合した、ポケットウォッチ特有のスタイルを備えていました。「『ポルトギーゼ』の驚くべき点は、文字盤が当時からほとんど変わっていないということです。すっきりとした機能的なデザインは、登場から80年以上たった今も変わらず新鮮で、現代的です。つまり『ポルトギーゼ』は、ブランドとしてのIWCを際立たせているのとまったく同じ、時代に左右されない現代性を体現しているのです。今回の新しいコレクションによって、IWCの中でも最も有名なウォッチファミリーの魅力がさらに増し、アイコニックなデザインがどのように進化を続けているかをご覧いただけることと思います」と、IWCシャフハウゼンのCEO、クリストフ・グランジェ・ヘアは語ります。

 

 

 


2020年4月9日

 

「TIME WELL SHARED」のために世界各国のIWCファミリーが集結

 

シャフハウゼン、2020年4月9日 – 世界が健康危機に直面する中、世界各国のIWCファミリーがともに立ち上がり、「TIME WELL SHARED」をスタートさせました。これは、IWCの社員やブランドアンバサダー、そしてパートナーがデジタルチャネルを通して、時間、知識、経験、情熱を分かち合おうとする取り組みです。その目的は、時間を最大限活用し、互いにつながり合い、関わり合い続けることで、人々を楽しませ、サポートし、勇気づけることにあります。

 

こうした先が見えない孤立した状況の中、世界各国のIWCファミリーのメンバーが団結し、「TIME WELL SHARED」という名の取り組みを立ち上げました。「大変な時代を迎えている今、私たちは人々に団結力と希望、そして、ポジティブでいよう、というメッセージを届けたいのです。この自発的な取り組みを通して、IWCファミリーと人々を繋ぐ新たな方法を提案したいと考えています。時間を最大限に活用し、互いにサポートし合って、一層強くなれるように、全ての人々に勇気とインスピレーションを与えることを、私たちは目指しています。」と、IWCシャフハウゼンCEOのクリストフ・グランジェ・ヘアは語ります。

 

「TIME WELL SHARED」では、これから数週間に渡って、IWCが講演やスピーチ、ウェビナーなどのオンラインコンテンツをデジタルチャネルで公開します。そして、この厳しい時代を生きる人々に楽しみを与え、支援することを目指します。この取り組みでは、IWCのブランドアンバサダーであるトム・ブレイディやファビアン・カンチェラーラ、デビッド・クルサード、マーロ・エンゲル、さらにパートナーのメルセデスAMGペトロナス F1、トッテナム・ホットスパー、ローレウス・スポーツ・フォー・グッド、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団、ソラリス・ヨット、オールバー・ブラウンからの投稿も登場します。

 

パイロットのマット・ジョーンズは昨年の「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」プロジェクトの思い出を共有し、元米国海軍大佐でパイロットのジム・ディマッテオはビジネス界で活かされるパフォーマンスや柔軟性、精度といった海軍の価値観について詳しく説明します。一方、身近なところでは、IWCミュージアムのキュレターを務めるデイヴィッド・サイファーがIWCの歴史を紐解き、元マーケティング&セールス・ディレクターのハネス・パントリが、これまで語られることのなかったIWCのストーリーを紹介します。

 

さらに、それぞれの投稿にあるボタンから、IWCと共に任意の寄付を行うことができます。調達された資金により、IWCはセーブ・ザ・チルドレンを支援します。セーブ・ザ・チルドレンは、ウィルス感染が拡大する国の子供たちや家族を守り、国民健康保険制度への支援を高め、子供たちを心理社会的にサポートする方法に対して養育者やケアワーカーの意識を向上させるといった、さまざまなプログラムの強化を目指しています。


2020年3月2日

 

IWCシャフハウゼンの新しい時計用ケースをご覧ください

 

IWCの機械式時計は、クラフツマンシップが織りなす傑作です。そのため、着用されていない時には、安全な場所にしっかりと保管しておくことをお勧めします。IWCでは現在、3種類の時計用ケースをご提供しています。高品質な素材と極めて耐久性に優れた仕上げを備えるこれらのケースは、旅行用アクセサリーとして移動中に時計を納めておくのに最適なアイテムです。新しいケースでは、以前に比べて使用する素材を30%、プラスチックを90%減らしています。また、これらは再利用が可能で、ゴミの削減にも貢献しています。

 

詳細はこちらをご覧ください。 

 


2020年2月19日

 

IWCシャフハウゼンとローレウスが「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード」の20周年を祝福

 

「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード」の20周年を記念するにあたり、IWCシャフハウゼンはローレウスが支援するベルリンでの地域プロジェクトを訪問しました。スイスの高級時計メーカーであるIWCは、2005年以降、ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団のパートナーであり、コミュニティプロジェクトへの訪問は、財団の取り組みに対するコミットメントを改めて示しています。また、IWCではこの祝事にあたり、ローレウス特別モデルの14作目となる「ポルトギーゼ・ハンドワインド・モノプッシャー “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」を発表しました。

 

IWCシャフハウゼンは、スポーツ界の世界的なエリートや政治、経済、エンターテイメント界を代表する多くの著名人らとともに、ベルリンのヴェルティ・ミュージックホールで「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード」の20周年を祝福しました。本年度のガラは、20周年の節目にローレウスが展開するキャンペーン“Sport Unites Us”に焦点を当てました。“スポーツ界のオスカー”として名高い授賞式は、世界最高のアスリートを讃えるだけでなく、ローレウス・スポーツ・フォー・グッドの取り組みにもスポットライトを当てています。現在、同財団では40か国で200を超えるプロジェクトを支援しています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 


2020年1月31日

 

IWCが自社製ムーブメントを搭載した新しい「ポルトギーゼ・クロノグラフ」シリーズを発表

 

「ポルトギーゼ・クロノグラフ」は、IWCシャフハウゼンの最もアイコニックなモデルの一つです。41mmというコンパクトな直径で、どんな腕にもフィットし易いサイズですが、スリムなベゼルにより、着用時には実際よりも大きく見えるタイムピースです。端正で機能的な文字盤には、アラビア数字とスレンダーなリーフ針が配置されています。1/4秒単位の目盛りをプリントした特徴的なインナーリングは、計測時間の正確な表示を可能にするだけでなく、腕に着用できる高精度の航海用計器という「ポルトギーゼ」の原点をも想起させます。

 

この度、スポーティかつエレガントな「ポルトギーゼ・クロノグラフ」に、IWC自社製キャリバー69355が搭載されます。サファイアガラスのシースルー裏蓋を通して、伝統的なコラムホイール・デザインを持つ堅牢かつ正確なこのクロノグラフ・ムーブメントを鑑賞できます。

 

新モデルはこちらでご覧いただけます。

 


2020年1月22日

 

iwc.comの最新情報:最新コレクションを見る

 

新作コレクションでは、IWCの最新コレクションの詳細と技術仕様をご覧いただけます。時計を発売年ごとに表示し、モデル名、レファレンス番号、コレクションから検索してください。

 

IWCの過去のコレクションをこちらでさらにご覧いただけます。

 


2020年1月9日

 

ヘイデン・コックスとIWCシャフハウゼンが、ヘイデンシェイプスによる製造廃棄物のアップサイクルへの先駆的な取り組みを紹介

 

IWCシャフハウゼンとブランドアンバサダーのヘイデン・コックスは、サーフボードデザイナーの仕事に取り組むコックスの姿を描いた新しい映像を発表しました。この映像では、彼の営むヘイデンシェイプスのサーフボード事業におけるアップサイクルへの先駆的な取り組みに焦点を当て、オーストラリア人である彼とIWCシャフハウゼンが共に歩を進めるサステナビリティ推進への旅、その次なるステージを示しています。

 

撮影の大部分は、IWCシャフハウゼンとのパートナーシップにより設立された、シドニーのピットウォーターにあるヘイデンシェイプスの水上ポップアップスタジオ「Remote」で行われ、彼等が環境への影響をどのように減らそうとしているかを、映像を通して伝えています。通常は捨てられる製造廃棄物を画期的な繊維の新素材やパフォーマンスモデルのサーフボードの一部として再利用するコックスの様子が、その中では映し出されています。 

 

IWCシャフハウゼンは長年、サステナビリティの推進を業界内で率先して行ってきました。最近では、エレン・マッカーサー財団の「新プラスチック経済グローバル・コミットメント」に署名し、プラスチックごみの排出を抑制しています。また、IWC本社と新しい製造センターでは再生可能な電力を使用しています。

 

詳しくはこちらをご覧ください

 


2019年11月14日

 

IWCとローレウス・スポーツ・フォー・グッドが、プログラム参加者をメルセデスAMGペトロナスモータースポーツの工場へ

 

IWCシャフハウゼンとローレウス・スポーツ・フォー・グッドが若者のグループを招待し、英国ブラックリーにあるメルセデスAMGペトロナスモータースポーツの工場で作業現場を見学できる特別企画を実施しました。このグループのメンバーは、ローレウスが支援する「ファイト・フォー・ピース」プログラムの参加者たちです。この企画は、メルセデスAMGペトロナスモータースポーツのチームに勝利をもたらすレーシングカーの設計・製造過程について理解を深めることのできる、またとない体験となりました。

 

エンジニアリングへの情熱という共通点に基づき、IWCシャフハウゼンは2013年からメルセデスAMGペトロナスモータースポーツのオフィシャル技術パートナーを務めています。IWCシャフハウゼンは、別のパートナーシップを提携するローレウス・スポーツ・フォー・グッドとも手を結び、子供たちを集めた少人数のグループに、メルセデスAMGペトロナスモータースポーツの舞台裏を見学できる魅力的な機会を提供しました。「ファイト・フォー・ピース」プログラムは、リオデジャネイロとロンドンにあるアカデミー、および25ヶ国に広がるパートナー同盟の協力を得て、暴力、犯罪、社会的疎外の影響を受けるコミュニティで暮らす若者たちの可能性を実現させるための取り組みです。同プログラムは、武道に教育と自己啓発を組み合わせて参加者を支援し、最終的には将来的な教育、雇用、研修へと導くことを目指しています。

 

詳しくはこちらでご覧ください。ローレウス・スポーツ・フォー・グッドの詳細はこちら、メルセデスAMGペトロナスモータースポーツの詳細はこちらでご覧いただけます。

 


2019年11月5日 

 

IWCが、メルセデスAMGペトロナスモータースポーツの歴史的なダブルタイトル獲得を称えます

 

IWC シャフハウゼンは、メルセデスAMGペトロナスモータースポーツ、およびブランドアンバサダーのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスとの次の主要なフォーミュラワン™シーズンにもパートナーシップを継続することで、長期に渡る強固な関係を称えます。

 

今週末に行われたアメリカグランプリで、ハミルトンは6度目のFIAフォーミュラ・ワン ドライバーチャンピオンシップ*を獲得しました。このアメリカでのサーキットのレース結果により、ハミルトンはまだ他の2つのラウンドを残しながらも、他の競争者を大きく引き離しています。ハミルトンは2008年、2014年、2015年、2017年、2018年にもチャンピオンに輝いています。

 

数週間前に行われた日本グランプリでは、メルセデスAMGペトロナスモータースポーツが2019年のコンストラクターズ・ワールド・チャンピオンシップ*(製造者部門)のタイトル獲得を決定づけました。ハミルトンのオースティンでの成功によりメルセデスは、フォーミュラー・ワンレースの歴史においてダブルタイトル6連覇を達成した初めてのチームとなりました。

 

ハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタスが、ハミルトン以外に日曜日にドライバーズタイトル獲得を目指して参戦する唯一のドライバーであるという事実は、メルセデスとそのドライバーたちの2019年の強さを証明しています。

パートナーシップに関する詳細はこちらをご覧ください。

 

*2019年のFIAフォーミュラー・ワン ワールド チャンピオンシップ™の結果に基づいたFIAの公式の承認によるものです

 


2019年10月16日

 

メルセデスAMGペトロナスモータースポーツが2019年FIAフォーミュラ・ワン™コンストラクターズ選手権タイトル獲得*

 

日本GPが終了し、IWCパートナーであるメルセデスAMGペトロナスモータースポーツの2019年FIAフォーミュラ・ワン™コンストラクターズ選手権タイトル獲得*が確定しました。今回の勝利により、チームは2014年からタイトル6連覇達成となります。

 

優勝はIWCのアンバサダーであるバルテリ・ボッタス、3位にはチームメイトのルイス・ハミルトンが続きました。

パートナーシップについてはこちらをご覧ください。 

 

*2019年FIAフォーミュラ・ワン™コンストラクターズ選手権の結果は、FIAから公式に承認される必要があります

 


2019年10月10日

 

IWCのアンバサダー、ケイト・ブランシェットが第5回フィルムメーカー・アワードのプレゼンターに

 

高い評価を受けている俳優で、プロデューサーでもあるケイト・ブランシェットが、第5回フィルムメーカー・アワードのプレゼンターを務めました。表彰式は、第15回チューリッヒ映画祭の一環として、屋上レストラン「HAUTE」で催されたIWCシャフハウゼンによるプライベートディナーにて執り行われました。この賞では、スイスの映画の制作や編集に関するプロジェクトの支援を目的として、賞金10万スイスフランが授与されます。チューリッヒ映画祭はこの数日前、前回のIWCフィルムメーカー・アワードの受賞者であるニクラウス・ヒルバー監督の映画作品『Die Stimme des Regenwaldes』で正式に開幕しました。

 

イベントの詳細についてはこちらを、パートナーシップについてはこちらをご覧ください。

 


ポートフィノ – 2019 年に合わせて刷新されたクラシカルな魅力

 

IWCシャフハウゼンが、ブランドを象徴する「ポートフィノ」ラインに、2019年の新モデルが加わることを発表しました。追加されるのは、革新的なストラップ交換システムを搭載したレディスコレクションの5本と、メンズコレクションの6本のモデルです。

 

「ポートフィノ」は1984年に誕生して以来、IWCで最も良く知られたコレクションの一つです。当時、生きた伝説と言われた時計技師のクルト・クラウスとデザイン主任のハノ・ブルチャーがワイングラスを傾けながら紙にペンを走らせて、1950年代と1960年代のクラシカルで丸みを帯びたデザインからインスピレーションを得た、シンプルながらもエレガントなウォッチを考案したという逸話があります。

 

新コレクションはこちら

 


IWC がモデルのジョセフィーヌ・スクリバーと女優のチャン・チュンニンを起用した、新しい「ポートフィノ」キャンペーンを発表

 

IWC シャフハウゼンが、新しいブランドアンバサダーでモデルのジョセフィーヌ・スクリバーと女優のチャン・チュンニンとタッグを組み、「ポートフィノ」コレクションに加わる直径 34mm の新作モデルを発表しました。キャンペーンの撮影は、「ポートフィノ」コレクションの名にインスピレーションを与えた、田園風景が広がるイタリアの村で行われました。

 

詳細はIWCプレスエリアでご覧ください。

 


「TIME TO CARE(思いやりの時間)」: IWCとローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団が今年の子供絵画コンテストの優秀作品を発表

 

ローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団とIWCシャフハウゼンのプロジェクトの一環として、毎年恒例の子供絵画コンテストが開催されました。今年の優秀作品に選ばれたのは、ローレウスがプログラムをサポートしているスペシャルオリンピックス中国の参加者、15歳のイー・シンさんの作品です。

 

今年のコンテストのテーマは「TIME TO CARE(思いやり時間)」。世界各国のローレウスがサポートするプログラムを通じて何百人もの若者が応募してくれました。それぞれの作品には、毎日の生活の中で思いやりを持つことの大切さがそれぞれの視点で描かれています。イー・シンさんの受賞作品は、友情の素晴らしさを描いたものであり、この絵は2020年のIWCシャフハウゼンの「ローレウス・ スポーツ・フォー・グッド」スペシャルエディション タイムピースのケースバックに刻印され、世界中のローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団のプログラムをサポートするために活用されます。 

 

このような素晴らしい作品を送ってくれたすべてのプログラムおよびそれぞれのお気に入りに投票してくれたすべての人々に感謝を申し上げます。

 

ローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団の詳細については、こちらをご覧ください。 

ローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団とIWCシャフハウゼンについては、こちらをご覧ください。

 


2019年イギリスグランプリ

 

IWCブランドアンバサダーのルイス・ハミルトンが、F1通算80勝目となる優勝を成し遂げました。2019年シーズンでは7勝目、イギリスグランプリでは6勝目となるこの栄冠に、心から喝采を送ります。
IWCブランドアンバサダーのバルテリ・ボッタスは準優勝を獲得し、Mercedes-AMG Petronas Motorsport Teamが1位と2位を独占しました。

 


IWCがアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団の10周年を記念して限定展覧会およびチャリティオークションを開催

 

対象となるタイムピースは、18Kレッドゴールド製の「パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ “プティ・プランス”」(Ref. IW392202) です。この特別エディションは世界250本の限定生産で、壮麗なミッドナイトブルーの文字盤を備えます。オークションにはその内の10本が出品され、財団の10周年を記念して10時位置にベージュの夜光インデックスが配されます。

 

世界中の時計愛好家たちは7月8日から17日にかけて、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの最も有名な文学作品である『星の王子さま』に敬意を表した唯一無二のタイムピースに入札することでしょう。IWCはこの売り上げの収益を、恵まれない若者たちへの教育プログラムを実践する慈善団体であるこの財団に寄付する予定です。

 

このタイムピースは、サザビーズのオンライン時計オークションを通じて出品されます。また、レリーフ彫りの挿絵と英語、フランス語、点字による文章から構成される、クロード・ガーランドによる『星の王子さま - 触れる絵本(The Little Prince - Tactile Art Book)』を、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団(FASEJ)の会長であるフランソワ・ダゲイ氏とクロード・ガーランド博士のサイン入りで、タイムピースと共にお渡しする予定です。

 

詳細はIWCプレスエリアでご覧ください。

オークションに参加するにはこちらをクリックしてください。

 


IWCシャフハウゼン グローバルブランドアンバサダーにトム・ブレイディを迎えたことを発表

 

トム・ブレイディは、6度のスーパーボウル優勝、4度のスーパーボウルMVP受賞、3度のリーグMVP受賞、16度の地区優勝と、偉大なアスリートです。IWCとブレイディはともにそれぞれのフィールドにおいて最高の存在であり、また卓越性と時代に左右されないスタイルという同じ主義を掲げていることから、このパートナーシップは互両社にとって素晴らしいものとなるでしょう。

 

トム・ブレイディは、現代のアイコンにして、すばらしい業績を持つワールドクラスのアスリートであると同時に、高級時計の愛好家でもあります。彼のコレクションにはIWCのウォッチも含まれており、その中にはパイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン・ミラマーやブランドを象徴する+ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー+などがもあります。

 

ブレイディは、「IWCシャフハウゼンのパートナーになれることを光栄に思います。IWCは、私が長い間、時代に左右されないそのデザインだけでなく、精度の高いエンジニアリングやディテールへの気配りに崇敬の念を抱いてきたブランドです。IWCファミリーの一員になれることに胸を躍らせ、才能溢れるチームとのコラボレーションを通して独自性の高いこのブランドの遺産を世界中の皆さんと共有できることを楽しみにしています。」と語っています。|

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

 

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ ・トップガン (IW389101)
iwc.everything.shoppable.seewatch
パイロット・ウォッチ・クロノグラフ ・トップガン (IW389101)

「関心を向けるとき」:IWCとローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団から今年の絵画コンテストをご紹介

 

今年のIWC絵画コンテストでは、ローレウス財団が支援する世界中のプログラムから子供たちの創造的才能が披露されました。「関心を向けるとき」のテーマの下、プログラム参加者は絵を描くという創造活動を通し、日常的な問題に関心を向けることの大切さに対する自分なりの考えを表現しました。

 

優勝したデザインは、2020年IWCシャフハウゼン「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド」特別限定モデルの裏蓋に刻まれる予定です。優勝したプログラム参加者には、ローレウスとIWCからローレウス・アカデミーの会員を訪ねる特別プロジェクトが用意されます。

 

IWCシャフハウゼンとローレウス・スポーツ・フォー・グッドの代表者からなる審査員団が、世界中の30を超えるプログラムからの応募作品200点を審査し、3点の最終候補を選びました。こちらをクリックして候補作品を表示し、コンテストに投票してください。

 


IWCがクストーダイバーズの海水温調査を支援

 

世界海の日である6月8日に、IWCシャフハウゼンはパートナーであるクストーダイバーズが推進する先駆的な環境プロジェクトを支援することを発表いたします。クストーダイバーズは、海水温を計測することで環境変動の影響を調査しています。これには高精度センサーを使って集められたデータに加え、何千ものアマチュアダイバーによる計測値が使用されています。目標は、海水温が生物の多様性や気候にどのように影響を与えているかを、科学者により良く知ってもらうことです。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

 


IWCがアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団の10周年を記念して限定展覧会およびチャリティオークションを開催

 

IWCシャフハウゼンとアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団(FASEJ)は、財団の10周年を記念して、6月10日から20日までパリで「10年、10日間(10 years, 10 days)」と題した展覧会を開催します。展覧会のハイライトは、独自の魅力を持つ「パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ “プティ・プランス”」のプレビューです。こちらのモデルは7月8日から17日までの間、サザビーズのオンラインオークションに出品されます。IWCはこの売り上げの収益を、若者たちへの教育プログラムを実践する慈善団体であるアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団に寄付する予定です。

 

詳細はIWCプレスエリアでご覧ください。

 


IWCブランドアンバサダーのアドリアナ・リマが、ローレウス財団が支援する子供たちとメキシコでボクシングに挑戦

 

2012年からIWCのブランドアンバサダーを務めるアドリアナ・リマはブラジル生まれのスーパーモデルで、10年以上に渡って熱心にボクシングを続けています。先日、リマはメキシコシティを訪れ、現地のボクシングジムで子供たちとスパーリングセッションに臨みました。リマと共にスパーリングをしたのは、CAPAZ(Campeones de la Paz、「平和のチャンピオン」)プロジェクトに参加する子供たちです。CAPAZは暴力や犯罪の予防を目的としたプログラムで、心理学的集団療法やシティズンシップ・クラス、人権トレーニング、ペアレンティング・スキルとボクシングを組み合わせ、若者とその家族を支援しています。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

 


IWCがブランドアンバサダーのルイス・ハミルトンを起用した 新しい「パイロット・ウォッチ」コレクションのキャンペーンムービーを初公開

 

IWCシャフハウゼンが、ブランドアンバサダーのルイス・ハミルトンを主役に起用した、新しい“スピットファイア”シリーズのキャンペーンムービーを発表します。このムービーには、F1™ 世界チャンピオンの座を5回獲得しているハミルトンが、メルセデス・ベンツのレーシングカーであるシルバー・アローと、戦闘機シルバースピットファイアを従えて登場します。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

こちらでIWC「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・スピットファイア」をご紹介しています。

 


第77回グッドウッド・メンバーズ・ミーティング

 

この週末、グッドウッド・メンバーズ・ミーティングにて、IWCシャフハウゼンのモータースポーツチームが2度目のレースに挑みました。メルセデス・ベンツ・300SL “ガルウィング”のハンドルを握ったのは、かつてF1™ で活躍した、IWCブランドアンバサダーのデビッド・クルサード。彼はトニー・ゲイズ・トロフィーに出走し、見事1位に輝きました。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。 

 

その他の記事