IWC ニュース&イベント

IWCシャフハウゼンのニュースやイベントに関する情報をいち早くお届けします。最新キャンペーン、製品発表、特別イベント、パートナーシップに関するニュースなど、あらゆる記事をご覧ください。 


The Longest Flight(最長飛行):第5週

 

「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」プロジェクトの第5週目、パイロットのスティーブ・ボールトビー・ブルックスとマット・ジョーンズは、カナダに戻った後、慌ただしくアラスカへと旅立ちました。予定より6日も早い到着だったにも関わらず、彼らは現在、このミッション初となる大幅な立ち往生を余儀なくされています。悪天候によって、ロシアに出発することができないのです。

 

「カナダに戻って過ごした素晴らしい数日とアラスカへの出発について話す前に、私たちはアメリカを旅している間に受けた皆さまからのサポートに感謝を述べたいと思います。たとえば、オレゴン州のマドラスでは、出発時にP-47 サンダーボルトと一緒に飛行することができました。これは私たち全員にとって最高の体験でした。」

 

「G-IRTYがシアトルのペインフィールド空港で50時間の点検を正常に完了した後、私たちはカナダへと旅立ちました。最初の着陸地はケロウナでした。そこで私たちは復元されたタイフーン戦闘機を目にしたのです。近いうちに、この戦闘機が再び空を飛ぶのを目にすることができるのはもちろん、旅の途中で航空機の修復に対するこのような情熱に触れられたのは、非常に良い経験となりました。」

 

次回の寄航予定地:ロシア

 

ぜひ、ライブでフライトの最新情報をご確認ください。パートナーシップの詳細はこちらからご覧いただけます。

 


The Longest Flight (最長飛行):第4週

 

8月にイギリスでスタートした「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」プロジェクト。パイロットのボールトビー・ブルックスとマット・ジョーンズの飛行距離は6,449海里に到達しました。前例のない世界一周飛行は5週目に突入しています。2人のロサンゼルス滞在と、その後のアメリカ西海岸を北上する道のりについて詳細を聞きました。

 

「ラスベガスからサンタモニカに到着して、素晴らしい数日間を過ごしました。滑走路が街のちょうど真ん中にあるため、私たちは数多くの家や裏庭のすぐ側を通り過ぎて着陸したのです。多くの人々が美しいスピットファイアを見ようと集まってくるのを目にしました。それは私たちにとって最高の歓迎で、彼らにとっても素晴らしい体験だったでしょう!」

 

「ロサンゼルスへの旅は有名なハリウッドサインに敬意を表しなければ終われないと思い、Pursuit Aviationの友人たちと並んで飛行するという、貴重な体験をしました。それは、シルバースピットファイアが銀幕に登場したかのような完璧なシチュエーションでした。こうして私たちはロサンゼルスに別れを告げました。」

 

次回の寄航予定地:カナダ、ロシア

 

ぜひ、ライブでフライトの最新情報をご確認ください。パートナーシップの詳細はこちらからご覧いただけます。

 


The Longest Flight(最長飛行):第3週

 

パイロットのスティーブ・ボールトビー・ブルックスとマット・ジョーンズが、伝説的な世界一周飛行に旅立ってからちょうど3週間が経ちました。象徴的なスピットファイアでニューヨークから飛び立った2人のスケジュールは慌ただしく、米国を横断する途中にテキサス、ラスベガスに立ち寄り、サンタモニカで最後の数日を過ごしました。

 

「タフな1週間でした!マンハッタンのビル群に別れを告げ、自由の女神に手を振ってさようならを言った後、私達はさらに数千メートル上昇しました。幸運なことに、天気は私達の味方でした。数日間におよぶ順調な飛行を経てビーバー郡までたどり着き、そこから先へ進んでいます。」

 

ぜひ、ライブでフライトの最新情報をご確認ください。パートナーシップの詳細はこちらからご覧いただけます。

 


The Longest Flight(最長飛行):第2週

 

伝説的な冒険もついに第3週に入ろうとしています。ここで、「シルバースピットファイア - The Longest Flight(最長飛行)」のこれまでの歩みをお話しいたします。大自然が広がるグリーランドとカナダを経て、大都市ニューヨークへとたどり着いたパイロットのスティーブ・ボールトビー・ブルックスとマット・ジョーンズ。二人は感動的な景色と人々の熱い歓迎を受け、前人未踏のチャレンジをさらに進めようとしています。

 

「整備と点検を終えて万全な状態になったG-IRTYに乗って、ニューヨークへと向かいました。1,000フィートの高度でハドソン川沿いに南下していくと、マンハッタンのビル群と自由の女神が遠くに見えてきました。それは本当に、素晴らしい景色でした。現実とは思えないほど美しく、本当に達成できたことが自分でも信じられないくらいでした。あの時の感動は忘れられません」

 

次回の寄航予定地:ファロン、追ってロサンゼルス

 

ぜひ、ライブでフライトの最新情報をご確認ください。パートナーシップの詳細はこちらからご覧いただけます。

 


The Longest Flight(最長飛行)ー第1週

 

アイスランドでは悪天候により遅れが生じたものの、シルバースピットファイアチームはグリーンランドの広大な大地に到達し、その後、無事カナダ北部へと移動しました。

 

ぜひ、ライブでフライトの最新情報をご確認ください。パートナーシップの詳細はこちらからご覧いただけます。

 


「シルバースピットファイア」がアイスランドに到着

 

ロックバンド「Kaleo」のボーカル、JJ・ユリウス・ソンが母国でパイロットたちを歓迎しました。InstagramでIWCシャフハウゼンをフォローして、詳細をご覧ください。

 

ぜひ、ライブでフライトの最新情報をご確認ください。パートナーシップの詳細はこちらからご覧いただけます。

 


IWCがシルバースピットファイアの出発を記念

 

IWCシャフハウゼンとボールトビー・フライト・アカデミーは、アビエーション・アドベンチャー社と共同で、「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」の公式スタートをグッドウッドで祝福しました。念入りな修復を終えて輝きを放つスピットファイア機が、400人以上のゲストの鳴り響く拍手に見送られながら、世界を巡る前代未聞のフライトに旅立ちました。IWCはメインパートナー兼オフィシャル・タイムキーパーとしてこのミッションを支援しています。

 

過去の2年間、12人以上の専門家がスピットファイア MK IXの修復に取り組んできました。本機は元々、1943年にキャッスル・ブロムウィッチで製造されたものです。7月に複数回行われたテストフライトが無事完了したことを受けて、「シルバースピットファイア」はついに今日、チチェスター・グッドウッド空港を飛び立ち、待ちに待った世界一周飛行を開始しました。アイコニックな英国の戦闘機を操縦し、この冒険の第一区間を飛ぶのは、ボールトビー・フライト・アカデミーの共同創設者であるマット・ジョーンズです。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

 

ぜひ、ライブでフライトの最新情報をご確認ください。パートナーシップの詳細はこちらからご覧いただけます。

 


ポートフィノ – 2019 年に合わせて刷新されたクラシカルな魅力

 

IWCシャフハウゼンが、ブランドを象徴する「ポートフィノ」ラインに、2019年の新モデルが加わることを発表しました。追加されるのは、革新的なストラップ交換システムを搭載したレディスコレクションの5本と、メンズコレクションの6本のモデルです。

 

「ポートフィノ」は1984年に誕生して以来、IWCで最も良く知られたコレクションの一つです。当時、生きた伝説と言われた時計技師のクルト・クラウスとデザイン主任のハノ・ブルチャーがワイングラスを傾けながら紙にペンを走らせて、1950年代と1960年代のクラシカルで丸みを帯びたデザインからインスピレーションを得た、シンプルながらもエレガントなウォッチを考案したという逸話があります。

 

新コレクションはこちら

 


IWC がモデルのジョセフィーヌ・スクリバーと女優のチャン・チュンニンを起用した、新しい「ポートフィノ」キャンペーンを発表

 

IWC シャフハウゼンが、新しいブランドアンバサダーでモデルのジョセフィーヌ・スクリバーと女優のチャン・チュンニンとタッグを組み、「ポートフィノ」コレクションに加わる直径 34mm の新作モデルを発表しました。キャンペーンの撮影は、「ポートフィノ」コレクションの名にインスピレーションを与えた、田園風景が広がるイタリアの村で行われました。

 

詳細はIWCプレスエリアでご覧ください。

 


「TIME TO CARE(思いやりの時間)」: IWCとローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団が今年の子供絵画コンテストの優秀作品を発表

 

ローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団とIWCシャフハウゼンのプロジェクトの一環として、毎年恒例の子供絵画コンテストが開催されました。今年の優秀作品に選ばれたのは、ローレウスがプログラムをサポートしているスペシャルオリンピックス中国の参加者、15歳のイー・シンさんの作品です。

 

今年のコンテストのテーマは「TIME TO CARE(思いやり時間)」。世界各国のローレウスがサポートするプログラムを通じて何百人もの若者が応募してくれました。それぞれの作品には、毎日の生活の中で思いやりを持つことの大切さがそれぞれの視点で描かれています。イー・シンさんの受賞作品は、友情の素晴らしさを描いたものであり、この絵は2020年のIWCシャフハウゼンの「ローレウス・ スポーツ・フォー・グッド」スペシャルエディション タイムピースのケースバックに刻印され、世界中のローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団のプログラムをサポートするために活用されます。 

 

このような素晴らしい作品を送ってくれたすべてのプログラムおよびそれぞれのお気に入りに投票してくれたすべての人々に感謝を申し上げます。

 

ローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団の詳細については、こちらをご覧ください。 

ローレウス・ スポーツ・フォー・グッド財団とIWCシャフハウゼンについては、こちらをご覧ください。

 


2019年イギリスグランプリ

 

IWCブランドアンバサダーのルイス・ハミルトンが、F1通算80勝目となる優勝を成し遂げました。2019年シーズンでは7勝目、イギリスグランプリでは6勝目となるこの栄冠に、心から喝采を送ります。
IWCブランドアンバサダーのバルテリ・ボッタスは準優勝を獲得し、Mercedes-AMG Petronas Motorsport Teamが1位と2位を独占しました。

 


“シルバースピットファイア”:アイコニックな飛行機の復元が完了

 

IWCシャフハウゼンおよびボールトビー・フライト・アカデミーは、“シルバースピットファイア”の復元が完了したことを大きな喜びとともに発表いたします。独特な表面はポリッシュ仕上げを施したアルミニウム製で、この英国の戦闘機を象徴するシルエットをこれまでに無い形で強調しています。新たに「G-IRTY」として登録された“シルバースピットファイア”は、8月から始まる前例のない世界一周飛行に備えて、今月はテストフライトを行っています。

 

オークションに参加するにはこちらをクリックしてください。

 

ぜひ、ライブでフライトの最新情報をご確認ください。パートナーシップの詳細はこちらからご覧いただけます。

 


IWCがアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団の10周年を記念して限定展覧会およびチャリティオークションを開催

 

対象となるタイムピースは、18Kレッドゴールド製の「パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ “プティ・プランス”」(Ref. IW392202) です。この特別エディションは世界250本の限定生産で、壮麗なミッドナイトブルーの文字盤を備えます。オークションにはその内の10本が出品され、財団の10周年を記念して10時位置にベージュの夜光インデックスが配されます。

 

世界中の時計愛好家たちは7月8日から17日にかけて、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの最も有名な文学作品である『星の王子さま』に敬意を表した唯一無二のタイムピースに入札することでしょう。IWCはこの売り上げの収益を、恵まれない若者たちへの教育プログラムを実践する慈善団体であるこの財団に寄付する予定です。

 

このタイムピースは、サザビーズのオンライン時計オークションを通じて出品されます。また、レリーフ彫りの挿絵と英語、フランス語、点字による文章から構成される、クロード・ガーランドによる『星の王子さま - 触れる絵本(The Little Prince - Tactile Art Book)』を、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団(FASEJ)の会長であるフランソワ・ダゲイ氏とクロード・ガーランド博士のサイン入りで、タイムピースと共にお渡しする予定です。

 

詳細はIWCプレスエリアでご覧ください。

オークションに参加するにはこちらをクリックしてください。

 


IWCシャフハウゼン グローバルブランドアンバサダーにトム・ブレイディを迎えたことを発表

 

トム・ブレイディは、6度のスーパーボウル優勝、4度のスーパーボウルMVP受賞、3度のリーグMVP受賞、16度の地区優勝と、偉大なアスリートです。IWCとブレイディはともにそれぞれのフィールドにおいて最高の存在であり、また卓越性と時代に左右されないスタイルという同じ主義を掲げていることから、このパートナーシップは互両社にとって素晴らしいものとなるでしょう。

 

トム・ブレイディは、現代のアイコンにして、すばらしい業績を持つワールドクラスのアスリートであると同時に、高級時計の愛好家でもあります。彼のコレクションにはIWCのウォッチも含まれており、その中にはパイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン・ミラマーやブランドを象徴する+ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー+などがもあります。

 

ブレイディは、「IWCシャフハウゼンのパートナーになれることを光栄に思います。IWCは、私が長い間、時代に左右されないそのデザインだけでなく、精度の高いエンジニアリングやディテールへの気配りに崇敬の念を抱いてきたブランドです。IWCファミリーの一員になれることに胸を躍らせ、才能溢れるチームとのコラボレーションを通して独自性の高いこのブランドの遺産を世界中の皆さんと共有できることを楽しみにしています。」と語っています。|

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

 

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ ・トップガン (IW389101)
iwc.everything.shoppable.seewatch
パイロット・ウォッチ・クロノグラフ ・トップガン (IW389101)

「関心を向けるとき」:IWCとローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団から今年の絵画コンテストをご紹介

 

今年のIWC絵画コンテストでは、ローレウス財団が支援する世界中のプログラムから子供たちの創造的才能が披露されました。「関心を向けるとき」のテーマの下、プログラム参加者は絵を描くという創造活動を通し、日常的な問題に関心を向けることの大切さに対する自分なりの考えを表現しました。

 

優勝したデザインは、2020年IWCシャフハウゼン「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド」特別限定モデルの裏蓋に刻まれる予定です。優勝したプログラム参加者には、ローレウスとIWCからローレウス・アカデミーの会員を訪ねる特別プロジェクトが用意されます。

 

IWCシャフハウゼンとローレウス・スポーツ・フォー・グッドの代表者からなる審査員団が、世界中の30を超えるプログラムからの応募作品200点を審査し、3点の最終候補を選びました。こちらをクリックして候補作品を表示し、コンテストに投票してください。

 


IWCがクストーダイバーズの海水温調査を支援

 

世界海の日である6月8日に、IWCシャフハウゼンはパートナーであるクストーダイバーズが推進する先駆的な環境プロジェクトを支援することを発表いたします。クストーダイバーズは、海水温を計測することで環境変動の影響を調査しています。これには高精度センサーを使って集められたデータに加え、何千ものアマチュアダイバーによる計測値が使用されています。目標は、海水温が生物の多様性や気候にどのように影響を与えているかを、科学者により良く知ってもらうことです。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

 


IWCがアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団の10周年を記念して限定展覧会およびチャリティオークションを開催

 

IWCシャフハウゼンとアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団(FASEJ)は、財団の10周年を記念して、6月10日から20日までパリで「10年、10日間(10 years, 10 days)」と題した展覧会を開催します。展覧会のハイライトは、独自の魅力を持つ「パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ “プティ・プランス”」のプレビューです。こちらのモデルは7月8日から17日までの間、サザビーズのオンラインオークションに出品されます。IWCはこの売り上げの収益を、若者たちへの教育プログラムを実践する慈善団体であるアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ・ユース財団に寄付する予定です。

 

詳細はIWCプレスエリアでご覧ください。

 


IWCブランドアンバサダーのアドリアナ・リマが、ローレウス財団が支援する子供たちとメキシコでボクシングに挑戦

 

2012年からIWCのブランドアンバサダーを務めるアドリアナ・リマはブラジル生まれのスーパーモデルで、10年以上に渡って熱心にボクシングを続けています。先日、リマはメキシコシティを訪れ、現地のボクシングジムで子供たちとスパーリングセッションに臨みました。リマと共にスパーリングをしたのは、CAPAZ(Campeones de la Paz、「平和のチャンピオン」)プロジェクトに参加する子供たちです。CAPAZは暴力や犯罪の予防を目的としたプログラムで、心理学的集団療法やシティズンシップ・クラス、人権トレーニング、ペアレンティング・スキルとボクシングを組み合わせ、若者とその家族を支援しています。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

 


IWCがブランドアンバサダーのルイス・ハミルトンを起用した 新しい「パイロット・ウォッチ」コレクションのキャンペーンムービーを初公開

 

IWCシャフハウゼンが、ブランドアンバサダーのルイス・ハミルトンを主役に起用した、新しい“スピットファイア”シリーズのキャンペーンムービーを発表します。このムービーには、F1™ 世界チャンピオンの座を5回獲得しているハミルトンが、メルセデス・ベンツのレーシングカーであるシルバー・アローと、戦闘機シルバースピットファイアを従えて登場します。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。

こちらでIWC「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・スピットファイア」をご紹介しています。

 


第77回グッドウッド・メンバーズ・ミーティング

 

この週末、グッドウッド・メンバーズ・ミーティングにて、IWCシャフハウゼンのモータースポーツチームが2度目のレースに挑みました。メルセデス・ベンツ・300SL “ガルウィング”のハンドルを握ったのは、かつてF1™ で活躍した、IWCブランドアンバサダーのデビッド・クルサード。彼はトニー・ゲイズ・トロフィーに出走し、見事1位に輝きました。

 

詳細はIWCプレスラウンジでご覧ください。 

 

その他の記事