スーパーマリンスピットファイアMk IX:360°コックピットツアー

シルバースピットファイアのパイロットであるマット・ジョーンズが、スピットファイアの360°コックピットツアーにあなたを招待します。世界的な名機の内部をあなたの目で確かめてみましょう。この画面の下から、360°ツアーを始められます。 

自宅にいながら、世界的な名機スピットファイアの内部を見てみましょう。パイロットのマット・ジョーンズがスピットファイアの360°コックピットツアーにあなたを招待します。1930年代に開発されたスピットファイアは、その革新的な設計とエンジニアリングによって、またたく間に名機の名をほしいままにしました。

 

ジョーンズが紹介するコックピット内部では、すべての計器盤だけでなく、狭い操縦席まで見ることができます。このコックピットツアーでは、計器盤の各装置やその動作について順を追って詳しい解説を聞くことができます。

 

下のビデオを再生するとツアーが始まります。より充実したツアーになるよう、以下の簡単な操作を覚えておいてください。

 

  • デスクトップ:マウスを操作することで、スピットファイアの計器盤を様々な角度から見ることができます。
  • モバイル:ブラウザではなくYouTubeアプリでビデオを再生してください (アプリ内のプレイヤーは360°ビデオに対応しています)。
シルバースピットファイアのパイロットとマット・ジョーンズ
— シルバースピットファイアのパイロットとマット・ジョーンズ

ジョーンズと副操縦士のスティーブ・ボールトビーブルックスは、修復されたスピットファイアで世界一周飛行を行い、この飛行機の神髄を称えます。「シルバースピットファイア - The Longest Flight (最長飛行)」には、IWCのウォッチが同行します。IWCは、8月18日に出発して43,000 kmを超える距離を飛び、およそ26か国を訪問するブルックスとジョーンズの飛行の共同スポンサーを務めています。The Longest Flightについて詳しくは、Facebook MessengerのIWCスピットファイアチャットボットをご利用ください。

 

 

こちらをクリックして、IWCの360度動画をYouTubeにてお楽しみください。

 


ハイライト

その他の記事