header.skiplinktext header.skiplinkmenu
国を変更する
国を検索

選択された国

結果

全ての国

オンラインショップ

  • ÖSTERREICH / €
  • ANDORRA / €
  • AUSTRALIA / AUD
  • BELGIUM / €
  • CANADA / CAD
  • CHINA / CN¥
  • CROATIA / €
  • CYPRUS  / €
  • CZECH REPUBLIC / €
  • DENMARK / kr
  • ESTONIA / €
  • FINLAND / €
  • FRANCE / €
  • GERMANY / €
  • GREECE / €
  • HONG KONG SAR, CHINA / hk$
  • HUNGARY / €
  • ICELAND / KR
  • IRELAND / €
  • ITALY / €
  • JAPAN / ¥
  • KOREA / KRW
  • LATVIA / €
  • LITHUANIA / €
  • LUXEMBURG / €
  • MACAU SAR, CHINA / MOP
  • MALAYSIA / MYR
  • NETHERLANDS / €
  • NORWAY / NOK
  • POLAND / €
  • PORTUGAL / €
  • REST OF THE WORLD
  • ROMANIA / €
  • RUSSIA  / ₽
  • SINGAPORE / SGD
  • SLOVAKIA / €
  • SLOVENIA / €
  • SPAIN / €
  • SWEDEN / SEK
  • SWITZERLAND / CHF
  • TAIWAN, CHINA / NT$
  • THAILAND / THB
  • TURKEY / TRY
  • UAE / AED
  • UNITED KINGDOM / £
  • UKRAINE  / UAH
  • USA / $

iwc-ppc-language-
Shopping Bag
IWC に登録

IWCブランドアンバサダーのアドリアナ・リマが、ローレウス財団が支援する子供たちとブラジルでボクシングに挑戦

リオデジャネイロ/シャフハウゼン、2016年7月25日 - 今月、ブラジル人スーパーモデルのアドリアナ・リマがリオデジャネイロを訪れ、現地のボクシングジムで子供たちと一緒にスパーリングセッションを行ないました。今回、IWCブランドアンバサダーのリマと共にスパーリングをしたのは、ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団のプロジェクト「ファイト・フォー・ピース(Luta pela Paz)」に参加する子供たちです。スイスの高級時計マニュファクチュールであるIWCは、同財団を2005年から積極的に支援しています。このプロジェクトは、スポーツと教育を組み合わせ、若い人々のやる気を促すことを目的とするものです。ブラジル版『VOGUE』8月号に掲載されるボクシングをテーマとした特集記事の撮影でリオデジャネイロに滞在していたアドリアナ・リマは、IWCブランドアンバサダーとして現地のボクシングジムを訪問し、ローレウス財団が支援する「ファイト・フォー・ピース」プロジェクトに参加する地域の子供たちと顔を合わせました。

 

三つ編みのヘアスタイルで黒のスウェットパンツを履いたこのブラジル生まれのスーパーモデルは、あるセッションでは赤、別のセッションではシルバーのグローブを身に着けて、幼い子供たちが尊敬の眼差しで見守る中、若者たちやトレーナーとボクシングの練習に挑戦しました。「リングに上がり、この子供たちと一緒にボクシングに対する情熱を分かち合えたことは、とても光栄でした。このプロジェクトは彼らの自尊心を育て、自分が価値ある存在であり、大きな可能性に満ちていることを教えるものです。とてもすばらしい取り組みだと思います」と、個人的なフィットネスプログラムの一環として、10年以上もボクシングを続けているリマは言います。

 

犯罪を阻止するグローブ

「ファイト・フォー・ピース」は、ボクシングと武術に教育および自己開発を組み合わせ、自らの可能性を見出すために恵まれない若者たちを支援するプロジェクトです。今回のスパーリングセッションに参加した子供たちと若者は、非常に貧しい家庭の出身です。彼らの多くが、ドラッグにまつわる地域紛争の影響を受け、武装した若者が路上でパトロールしている貧民街で暮らしています。「ファイト・フォー・ピース」に参加しているロベルト・クストディオさんは、このプロジェクトの成果によって、人生をより良い方向に進めることができたと言います。「スポーツは私たちに変化をもたらし、スポーツにしかできない方法で、私たちの人生をより豊かにする様々なことを教えてくれます。例えば、決断力、回復力、仲間意識、思いやり、人間性などです」と、ローレウスの“本物の英雄”は話します。「私にとって、『ファイト・フォー・ピース』は家族のような存在です。」このプロジェクトの成果はすでに明らかになっています。最近の調査結果では、このプロジェクトに参加した子供たちの68%が、犯罪を犯したり、武器を持ち歩いたりする可能性が低いことが判明しています。IWCラテンアメリカでマーケティング&コミュニケーション部門のディレクターを務めるアンドレア・シェルモーゼルは、今回の訪問とスパーリングセッションに同行し、次のように述べました。「IWCブランドアンバサダーのアドリアナ・リマが貴重な時間を割き、ローレウス財団が彼女の母国で実施しているすばらしいプロジェクトに参加してくれました。その場面を目にすることができ、光栄に思います。彼女は、社会的責任を果たす取り組みなど、IWCのブランドバリューを心の底から理解し、実践する存在です」。

 

リングに上がり、この子供たちと一緒にボクシングに対する情熱を分かち合えたことは、とても光栄でした。

IWCはローレウス特別モデルを毎年発表

2005年以来、IWCシャフハウゼンはローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団のグローバルパートナーを務めています。恵まれない子供たちや10代の若者たちに対する支援提供は、スイスの高級時計マニュファクチュールであるIWCが担う社会的な責任の基本となる活動です。今年の初め、IWCシャフハウゼンは「ポートフィノ・オートマティック・ムーンフェイズ 37 “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」(Ref. IW459006)を発売しました。世界1,500本限定生産のこのタイムピースは、IWCがローレウス財団を支援するために制作している特別モデルの第10作目になります。裏蓋には、キプロスに住むエレーニ・パタッキさんが描いた、少年少女がバスケットボールをしている様子の絵がエングレーヴィングされています。16歳のエレーニ・パタッキさんは、ローレウス財団が提供するプロジェクトに活動に参加しています。この活動は、キプロスのギリシャ系およびトルコ系の少年少女が、バスケットボールを通じて友好を深めることができるように積極的な支援を提供するものです。

 

その他の記事