2つの時計、1つの理想

ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”
パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”

日付2016-01-18T07:07:08

共有:
IWC Saint Exupery Edition IW503801
—「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」 Ref.IW503801

新モデル「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー  “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」と「パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ  “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」は、偉大なヒューマニストであり、パイロットとして先駆者でもあったアントワーヌ・ド・サンテグジュペリのひとかたならぬライフワークに、IWCシャフハウゼンが捧げるトリビュートです。サンテグジュペリの飛行服を想起させる特徴的なタバコブラウンの文字盤とカーフスキン製のストラップを採用し、IWCのデザイナーは新たに、誰もが一目でそれと分かる傑出したシリーズを創造しました。

先駆的パイロットであったサンテグジュペリの人生において、時計が大きな役割を果たしていたことに疑いの余地はありません。例えば、パタゴニアへの急使として従事していた時代。1931年に発表された小説『夜間飛行』では、その様子が次のように描写されています。「一秒一秒流れ去ってゆく。(中略)そのとき、だれかが言う。『1時40分だ。燃料が切れる時間だ。もう飛んでいるはずはない。』」それは、当時の郵便飛行が余儀なくされた、限られた飛行時間との必死な戦いであり、同時に、自然の力、技術的な問題、不十分な通信事情との戦いでもありました。もしアントワーヌ・ド・サンテグジュペリが、作品の発表から85年を経た今、スイスの時計メーカー、IWCシャフハウゼンが彼の名を冠する時計を世に送り出したことを知れば、それを誇りに思うことでしょう。IWCシャフハウゼンとアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ財団が2005年にパートナーシップをスタートしてから10年以上にわたって、タバコブラウンの文字盤とカーフスキン製ストラップは、“アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”  各モデルの特徴として確立されてきました。この見間違えようのないカラーコードが、偉大なヒューマニストの名にふさわしい、正確なタイムピースと技術的な発明家精神の代名詞となったのです。「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー  “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」(Ref.IW503801)と「パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ  “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」(Ref.IW371808)も、同じ文字盤とクリーム色のステッチを施したレザー・ストラップを備えています。さらに、モデルに冠された名前は、この時計が慈善事業に役立っていることも表しています。IWCシャフハウゼンは、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ財団のパートナーを務めています。同財団はそのパートナー団体と共に、不遇な環境で困難な生活を余儀なくされている若者たちを世界中でサポートしています。収益の一部は、財団とそのパートナー団体の支援に役立てられます。

IWC Big Pilot's Watch Perpetual Calendar Edition "Antoine de Saint-Exupery"
—「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」 Ref.IW503801

永遠を誓うカレンダー

「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー  “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」には、最高レベルの技術が詰まっています。永久カレンダーには月の満ち欠けが表示される他に、時刻(時・分・秒)、月、日付、曜日、そして4桁の西暦が表示されます。機械的なプログラムにより、すべての表示が自動的に進みます。2100年までの月の長さを認識し、グレゴリオ暦に従った閏年における日数の違いもすべて考慮されているので、修正の必要はありません。ただし、100年に一度だけ(2100年、2200年など…)、本来あるべき閏日のない年がやってきます。2100年2月29日などが、これに当たります。この年には、時計師が3月1日に手動でカレンダーを調節しなくてはなりません。長い間時計が使われておらず、停止していた場合には、リューズを用いて各表示を同時に進めることができます。

アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの言葉に、次のような一節があります。「永遠に続く価値について考えることなく、生活のためだけに働いている人には何も期待してはいけない。」彼は、この時計とその開発をきっと喜び讃えたことでしょう。なぜなら、永久ムーンフェイズ表示も、その名の通りの性能を擁しているからです。調整が必要になるのは、なんと577.5年後にたった1日分だけという正確さです。

ビッグ・​パイロット・​ウォッチ・​
パーペチュアル・​カレンダー​
“アントワーヌ・​ド・
​サンテグジュペリ”

詳細を見る

IWC Big Pilot's Watch Perpetual Calendar Edition "Antoine de Saint-Exupery"
—「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」 Ref.IW503801

ポリッシュ仕上げのベゼルとサンレイパターン仕上げの文字盤が、この時計が持つ高級感を一層引き立てます。大型の円錐型リューズは、サンテグジュペリの時代、パイロットたちが凍える寒さのコックピットに乗り込み、手袋をはめたまま計器を操作しなければならなかった航空黎明期の名残です。ロジウム仕上げの時針と分針、およびインデックスには夜光塗料が塗布されています。また、月、日付、曜日を示す各針は先端が赤く、コックピットの計器を思い起こさせます。そして、「パイロット・ウォッチ」コレクションでは初めて、IWCの新しいキャリバー52000シリーズから、自社製キャリバー52610が採用されています。2つの香箱が7日間にわたりパワーリザーブを保証するとともに、搭載された機能や表示を駆動します。双方向巻上げ式のペラトン自動巻き機構は、新たにセラミック製の爪を備え、普通に装着しているだけで最大の巻き上げを実現します。パワーリザーブ表示は文字盤の「3時」位置で日付表示と組み合わされており、ゼンマイが巻き上げられるに従って、残り日数を示す針が「1」から「7」(最大)へと反時計回りに移動していきます。

サファイアガラスのシースルー裏蓋からは、複雑なムーブメントのデザインが見えます。2つの香箱、改良型ペラトン自動巻き機構とその一部を成す、事実上摩耗知らずのセラミック製ブラックとホワイトのパーツ、ブルースティール製のビス、輪列受に施された様々な仕上げ装飾など、このキャリバーシリーズの新しい特徴がはっきりと見て取れます。18Kレッドゴールド製のローターには「EDITION  SAINT  EXUPÉRY」と刻まれており、さらに「ONE  OUT  OF  750」のエングレーヴィングが、750本の特別限定モデルであることを示しています。ローターの中心には、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリのイニシャル「A.」が記されたメダルが配されています。直径46mmのステンレススティール製ケースは6気圧防水で、急激な気圧変化にも対応するサファイアガラスを備えています。「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー  “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」は、特徴的なステッチを施したサントーニ社製ブラウンのカーフスキン・ストラップを纏い、サンテグジュペリの飛行服を彷彿とさせます。

IWC Pilot's Watch Double Chronograph Edition “Antoine de Saint Exupéry”
—「パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」 Ref.IW371808
パイロット・​ウォッチ・​
ダブルクロノグラフ
“アントワーヌ・ド・​
サンテグジュペリ”

詳細を見る

小さな「A.」を纏った、新たなダブルクロノグラフ

「パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ  “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」(Ref.IW371808)の裏蓋には、ロッキード  P-38ライトニングの機体がエングレーヴィングされています。これは、作家でありパイロットのパイオニア的存在でもあったアントワーヌ・ド・サンテグジュペリが、1944年7月31日、最後の偵察飛行のために南フランスへと飛び立った際に使用した機種です。P-38のコックピットを見た人は、数多くの航空計器を、ひと目で素早く確認できるように設計されていることに驚きを覚えることでしょう。丸い表示部の寸法は大きく、とても見やすく配置されています。明るい色の針とインデックスには夜光塗料が塗布されており、背景は暗色のため、昼夜を問わず卓越した視認性を発揮します。スイッチやボタンの形は、人間工学を考慮して設計されています。こういった特徴は、2016年にIWCシャフハウゼンが1,000本の特別限定生産で発売するダブルクロノグラフにも当てはまるものです。

IWC Pilot's Watch Double Chrongraph Edition “Antoine de Saint Exupéry”
—「パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”」 Ref.IW371808

合計7本の針、さらに日付と曜日の表示が、ダブルクロノグラフのブラウンの文字盤にきれいに収まり、計器のようなデザインが強調される一方で、視認性も損なわれていません。プロペラを象った針には、すべて夜光塗料のコーティングが施されています。例外は、先端の赤いクロノグラフ秒針とスプリットセコンド(ラトラパンテ)針の2つだけです。ラトラパンテとはダブルクロノグラフの時計において、クロノグラフの針とは独立して停止し、またこれに追いつくスプリットセコンド針を備えた機構のことです。シングルクロノグラフと異なり、ラトラパンテ機構では2本の針が同時にスタートします。クロノグラフ秒針にぴったり重なって作動するスプリットセコンド針は、クロノグラフ秒針が動き続けている間も、「10時」位置の第3のプッシュボタンを用いて単独でストップさせることが可能です。これにより、1分以内に2つの異なる時間を正確に計測できるのです。第3のプッシュボタンをもう一度押すと、スプリットセコンド針がクロノグラフ秒針に瞬時に追いつき、2本の針が再び同期します。これでまた、次のラップタイムあるいは中間タイムを計測する準備が整います。この機能はそもそも、一定半径のカーブを時間通りに飛ぶことが求められた飛行技術に由来します。

上下に配された積算計で、12時間までの総合タイムを読み取ることができます。また、「9時」位置のスモールセコンドを設けたサブダイヤル上で、秒針は時計が正常に作動していることを示します。「6時」位置のサブダイヤルには、「アントワーヌ」を示す「A.」が記されています。サンレイパターン仕上げがブラウンの文字盤にメタリックな輝きを与えます。クロノグラフ・ムーブメント、キャリバー79420が機構の完璧な作動を実現します。直径44mmのステンレススティール製ケースには、手作業による入念な仕上げが施されており、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げの外観がダイナミックなコントラストを織りなします。軟鉄製インナーケースによる耐磁性と、急激な気圧変化にも対応するサファイアガラスが、飛行での使用にも適したダブルクロノグラフであることを証明します。時計を手首にしっかりと留めるのは、サントーニ社製ブラウンのカーフスキン・ストラップです。

Further Information

IWC Schaffhausen Public Relations
E-mail press-iwc@iwc.com

ビッグ・パイロット・ウォッチ・
パーペチュアル・カレンダー “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”

REF. IW503801

IWC Big Pilot's Watch Perpetual Calendar Edition "Antoine de Saint-Exupery"

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • ペラトン自動巻き機構
  • パワーリザーブ表示
  • 日付、曜日、月、4桁の西暦、永久ムーンフェイズを表示する永久カレンダー
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • 縁に超精密調整ネジのついたグリュシデュール®* ベリリウム合金製インデックスフリー・テンプ
  • ブレゲひげゼンマイ
  • 18K レッドゴールド製ローター
  • ねじ込み式リューズ
  • 急激な気圧変化にも対応するガラス
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 750本限定生産

ムーブメント

  • IWC自社製キャリバー: 52610
  • 振動数: 28,800A/h (4Hz)
  • 石数: 54
  • パワーリザーブ: 7日間(168時間)
  • 巻上げ方式: 自動巻き

時計

  • 素材: ステンレススティール製ケース、ブラウンの文字盤、サントーニ社製ブラウンのカーフスキン・ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水: 6気圧防水
  • 直径: 46mm
  • ケース厚さ: 15.5mm

*IWCシャフハウゼンは、商標「グリュシデュール®」の所有者ではありません。

パイロット・ウォッチ・
ダブルクロノグラフ “アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ”

REF. IW371808

IWC Pilot's Watch Double Chronograph Edition “Antoine de Saint Exupéry”

特徴

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 日付・曜日表示
  • ストップウォッチ機能(時・分・秒)
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • 中間タイム計測用のスプリットセコンド針
  • 耐磁性軟鉄製インナーケース
  • ねじ込み式リューズ
  • 急激な気圧変化にも対応するガラス
  • 裏蓋に特別なエングレーヴィング
  • 1,000本限定生産

ムーブメント

  • キャリバー: 79420
  • 振動数: 28,800A/h (4Hz)
  • 石数: 29
  • パワーリザーブ: 44時間
  • 巻上げ方式: 自動巻き

時計

  • 素材: ステンレススティール製ケース、ブラウンの文字盤、サントーニ社製ブラウンのカーフスキン・ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水: 6気圧防水
  • 直径: 44mm
  • ケース厚さ: 17mm
その他の記事
IWC Gala SIHH 2017
来て、見て、感じるダ・ヴィンチ

国際高級時計見本市(SIHH)において、IWCシャフハウゼンが新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションを祝うガラパーティーを開催しました。 Read Article

IWC Pre Sale Da Vinci 2017
新作「ダ・ヴィンチ」ウォッチの
特別先行予約販売

IWCシャフハウゼンは、今回初めて、「ダ・ヴィンチ」コレクションの新作から厳選されたモデルを特別に先行予約販売いたします。 Read Article

IWC DA VINCI TOURBILLON RÉTROGRADE CHRONOGRAPH IW393101
クロノグラフと
トゥールビヨンの出会い

その名が示す通り、「ダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ」には、伝統のトゥールビヨンを、クロノグラフ、レトログラード式日付表示と一つの文字盤上にて統合するという新機構が搭載されています。 Read Article

IWC DA VINCI CHRONOGRAPH  EDITION “LAUREUS SPORT FOR GOOD FOUNDATION”  IW393402
少年の大きな夢

「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」は、新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションの中でもハイライトを飾るモデルです。 Read Article