シャフハウゼン / ロンドン、2018 年 9 月 15 日 – IWC シャフハウゼンは、「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」遠征をメインスポンサーとして支援します。来年の夏、念入りにレストアされ、独自のシルバークローム仕上げを施されたスピットファイアが、ロンドンを起点に世界一周飛行に旅立ちます。1943 年に製造されたこの機体は、数か月かけて 4 万 3,000km 以上を飛行し、その途中におよそ30 か国を訪れます。この世界一周遠征は、イギリスを象徴するこの飛行機の典型的なデザインと比類のないエンジニアリングを称えるために発案されました。発案者は、イギリス南部のグッドウッド・エステートに拠点を置くボールトビー・フライト・アカデミーの創始者、スティーブ・ボールトビー・ブルックスとマット・ジョーンズです。IWC は、この世界初の公式スピットファイア飛行学校と長期にわたるパートナーシップを築いています。

 

IWC は、パイロットウォッチの製造で 80 年以上の歴史を有し、これまでにもいくつかの限定モデルでスピットファイアを称えてきました。今回の特別プロジェクトへの取り組みは、航空分野に対するIWC の情熱をあらためて強調しています。

また、スピットファイアの先進的なエンジニアリングと時代を超えたデザインは、シャフハウゼンで精巧に作られる時計が体現している特徴でもあります。クリストフ・グランジェ・ヘア(IWC シャフハウゼンCEO)は、「スピットファイアは、空を飛ぶという人類の夢を他のどの航空機よりも象徴しています。時代を先取りして生まれ、その象徴的なデザインによって今もなお人々に強い印象を与え続ける、エンジニアリングの傑作です。私たちは、この飛行機で世界一周するという野心的なアイデアにすぐに魅了されました。この冒険をお手伝いできることに胸が躍る思いです。」と語ります。

 

同時に IWC は、ボールトビー・フライト・アカデミーとの複数年のパートナーシップを発表します。パイロットであるスティーブ・ボールトビー・ブルックスとマット・ジョーンズによって設立された同校は、世界で初めて公式に認定されたスピットファイア飛行学校です。マット・ジョーンズは、「IWC シャフハウゼンは、航空分野への情熱とスピットファイアに対する敬意を私たちと共有しています。私たちは、世界一周飛行というビジョンの実現にあたり、完璧なパートナーを見つけました。」と述べています。


名機による世界一周飛行

製造番号 MJ271 のスピットファイアは、1943 年にキャッスル・ブロムウィッチで製造されました。現在、この機体は、構成部品にまで分解され、入念にレストアされている最中です。一つひとつの部品が、まばゆい輝きを放つまで手作業で愛情込めて磨かれ、魅惑的なシルバーの外観を機体に与えています。2019 年の春には、「シルバースピットファイア」と新たに命名されたこの機体を、一般の人が目にする機会が訪れるでしょう。

 

世界一周飛行は、来年の夏にイギリスから出発します。旅の第一部では、カナダを経由してアメリカまで飛行します。このルートならば、遠征チームは北極圏の比較的穏やかな気象条件の恩恵を受けることができます。そこからは東南アジアを経由してインドへと飛行し、その後、中東へ向かい、ヨーロッパへ戻ってきます。途中、「シルバースピットファイア」は、今までこのような飛行機を滑走路上で一度も見たことがない国々にも降り立ちます。

 

また、航空をテーマにしたイラストで有名なフランス人アーチストのロマン・ユゴー氏が、芸術的な旅の記録を残すためにスピットファイアに同行します。ユゴー氏は操縦免許を保有しており、自身の 1942 年製パイパー L4 を操縦する姿がよく見られます。彼は、歴史的名機の傑出したイラストレーターの一人として広く知られています。

スピットファイアは、空を飛ぶという人類の夢を他のどの航空機よりも象徴しています。時代を先取りして生まれ、その象徴的なデザインによって今もなお人々に強い印象を与え続ける、エンジニアリングの傑作です。
クリストフ・グランジェ・ヘア(IWC シャフハウゼンCEO)

ボールトビー・フライト・アカデミー

同校は、パイロット資格を持たない一般の人々にはスピットファイア体験飛行や革新的なスピットファイア飛行シミュレーターを、パイロット資格保有者にはスピットファイア飛行訓練をそれぞれ提供しています。

ボールトビー・フライト・アカデミーは、世界初のスピットファイア飛行訓練校であり、スピットファイア航空事業者として認定されています。同校の所有者は、イギリスのパイロットであるスティーブ・ボールトビー・ブルックスとマット・ジョーンズです。同校は、パイロット資格を持たない一般の人々にはスピットファイア体験飛行や革新的なスピットファイア飛行シミュレーターを、パイロット資格保有者にはスピットファイア飛行訓練をそれぞれ提供しています。ボールトビー・フライト・アカデミーはイギリス周辺の各地でこれらの体験飛行や訓練を実施しており、実施場所の数は増え続けています。ボールトビー・フライト・アカデミーの本部はウェスト・サセックス州のチチェスター・グッドウッド空港にあり、ビーチ岬とニードルズ岬のホワイトクリフ(白い崖)付近に位置しています。そのため、スピットファイア飛行体験はイギリス南岸の最も象徴的な風景を眼下に行なわれます。マット・ジョーンズとスティーブ・ボールトビー・ブルックスは、「シルバースピットファイア – The Longest Flight(最長飛行)」において本物のスピットファイアで世界一周飛行するという自身の夢を実現するべく、IWC シャフハウゼンとパートナーシップを結んだのです。


ハイライト


その他の記事